ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


結婚式では様々なウェディングアイテムが必要になりますが、その中でも絶対に欠かせないのがブーケです。華やかなブーケは結婚式に彩を与えてくれますが、今回はそのブーケについて花嫁に知っていてほしいポイントをご紹介します。

結婚式にはどのくらいのブーケが必要?

結婚式のブーケといって一番最初に思いつくのが、挙式の時に花嫁が手に持っているものですよね。

挙式終わりや披露宴の余興として、ブーケトスをするものです。基本的には、ウェディングドレスのイメージを崩さないブーケがおすすめ。

次に必要なのが、披露宴のメインテーブルに飾るための装花と呼ばれるブーケ。

新郎新婦は多くの時間をメインテーブルで過ごすことになるので、ここはできるだけ華やかにしておくのがおすすめ。写真を撮ったときも、たくさんのお花に囲まれていた方がきれいにうつります。

最後に、ゲストテーブルに飾るブーケです。これも装花の一種ですね。

通常ゲストテーブルは円卓になっており、中央にブーケが置いてあります。

式場によっては最後に持ち帰れるので、ゲストへのちょっとしたプレゼントにもなるんですね、キャンドルを置く場合は控えめに、ブーケだけなら華やかに作るのがポイントです。

メインテーブルとゲストテーブルのブーケは、会場のテーマに沿ったものにしましょう。

例えばメインカラーを決めているなら、それと同系色か、邪魔をしない白ベースでつくるのがおすすめ。

 

ブーケの相場はどのくらい?

結婚式では様々な費用がかかりますが、ブーケもそのうちの一つ。

プランナーさんにたのんで式場で用意してもらうと、だいたい3万~5万円ほどかかります。割高な価格ですが、式場と提携しているお花屋さんが造ってくれるので、トラブルなくスムーズに納品されるのがメリットです。

個人的にお花屋さんや業者に頼むと、1万~3万円ほどで済みます。

中にはブーケ専門店もあるので、そういったところで相談するのも一手です。どんなブーケがいいか、ドレスのイメージや会場のコンセプトを伝えてそれにあわせたものを作ってもらえます。また、式場に持ち込み料がかかるか聞いておくことが必要です。

ブーケを手作りすれば、一万円以下で用意することも可能です。

かなりコストを抑えられますが、その分時間が必要になります。人によっては上手く作れるかどうかもわからないですね。

あまり手先やセンスに自信がなければ、プロに頼んだ方がベターです。

ブーケは装花と生花のどちらがよいか

ブーケを生花で作るか増加で作るかによって、大きく値段は変わります。生花よりも造花の方がコストカットができるんです。

これまでは、ブーケは生花を使うのが一般的でした。造花だと安っぽいと思われる時代もありましたが、最近では造花を使うことも増えています。特に装花は造花でもいいでしょう。


それに最近は造花のクオリティも高まり、本物かどうかの判断も難しくなっているほど。

Yさん(@iwassbt84)がシェアした投稿


この2枚の写真の、どちらが造花か自信を持って答えられる人はどれくらいいるでしょうか。正解は1枚目が造花、2枚目が生花です。どちらも変わらないくらい、美しいですよね。

ブーケトスでゲストには本物の花を渡したいという場合、花嫁の持つブーケは生花、装花は造花など使い分けるのもおすすめです。

ブーケを長期保存しよう

結婚式で使ったブーケ、思い出の品ですからなるべく長く楽しみたいですよね。

amijusさん(@amijus_0)がシェアした投稿


色々な方法がありますが、一般的なのはドライフラワーにすること。ブーケで使った花をまずは一本一本わけて、日陰に干します。この時、風通しのいい場所を選んでください。

するとだんだん水分がなくなり、最終的にはカラカラの状態になります。こうなると水分がなくなり、腐らずに長期的に保存して置けます。また、ブーケを包んでいた包み紙などに戻せば最初と近い状態でとっておけるのも魅力です。

palma / flower atelierさん(@palmaharuko)がシェアした投稿


二つ目の方法は、プリザーブドフラワーです。花を乾燥させるという点ではドライフラワーと同じですが、そのあとに保存液と着色液を使うのがポイント。ドライフラワーはどうしてもセピアな色調になってしまいますが、プリザーブドフラワーはこうした道具を使うことで鮮やかな色味を維持できます。

1年から2年ほど持ちますし、色の作り方によって、本来は存在しないはずの色の花を作ることもできるんです。消毒用エタノールに花を浸し、グリセリンと水を混ぜたものに、好きな色のインクをいれます。そして脱水した花の茎をひたし、色を吸わせてください。

花に色がついたら容器に乾燥材を入れて、一日から二日待ちます。水分が飛んだら、完成です。ボックスや花瓶などに入れてインテリアとして楽しめます。

miduki❁さん(@midu.mawachan)がシェアした投稿


三つ目に、押し花にするという方法があります。花は花びらやおしべ・めしべなどの部分にわかれていますが、それらを一つ一つ水分を取り除いていきます。

好きな色の用紙に花を置き、プレス。額縁などにいれて、部屋に飾る人が多いよう。色は少しずつ変わってしまいますが、その変化を楽しむという考えもあります。


四つ目の方法は、ベルギーで生まれたアイスフラワーです。生花をマイナス30度という非常に低い温度で瞬間的に凍らせ、真空状態で乾燥させます。花の持つそのままの色を、約半年ほど楽しむことができるんです。

こうした加工が苦手な方におすすめなのが、加工専門の業者です。結婚式のブーケをドライフラワーなどに作り替えてくれます。また、ボトルやガラスケースなどに入れて、素敵なインテリアに変えてくれるところもあります。

プリザーブドフラワーに加工してくれる業者もあり、少し色の変化を楽しみたい人にもおすすめ。他にも押し花など色々な加工をしてもらえるので、自分好みの方法を見つけてください。

ブーケの手作り方法

せっかくの結婚式なので、ブーケを手作りするのもおすすめ。何といっても、世界に一つだけの特別なものができるのがメリット。

他の誰ともかぶらない、オリジナルのブーケを結婚式で使えるのはいいですね。

ブーケを作るとき、まずは形を決めていきます。

Elina 💍👰🏻さん(@ke_wd0324)がシェアした投稿


上から下に流れるような、キャスケードブーケ。動きのあるデザインで、存在感がバツグンです。

palma / flower atelierさん(@palmaharuko)がシェアした投稿


クラッチブーケはナチュラルな魅力があり、まとめるリボンによって表情を変えることができます。

Melrose(emi ito)さん(@emu_un)がシェアした投稿


丸さが際立つ、ラウンドブーケ。可愛らしさが際立つデザインで、柔らかい印象です。


オーバルブーケは、ラウンドブーケとティアドロップの中間のようなデザイン。スタイリッシュすぎず、甘すぎないバランスの良さ。


一見ラウンドブーケに見えますが、完全な丸になっているのがこちらのボールブーケ。両手が空くので持ち運びに便利です。

marmaladeさん(@marmalade1029)がシェアした投稿


かっこいいブーケを求めている人にぴったりの、クレッセントブーケ。三日月型で、神秘的な美しさです。


ちょっと珍しいブーケが欲しいなら、アームブーケはいかがでしょう。お花は花びらがメインになりがちですが、アームブーケでは茎の美しさを活かします。

Ale Sonomiさん(@sonomi420)がシェアした投稿


リースブーケはデザインの自由度が高いんです。真円だけでなく、ハート型や楕円型など、自分好みの形に作れます。

形が決まったら、生花にするか造花にするか決めてください。生花を使うなら、スピードが命。いつまでも作っていると、その間にどんどんしおれてきてしまいます。また、当日か、早くても前日の夜に作成しましょう。

ブーケづくり初心者には、造花がおすすめ。花がしおれる心配がなく、やり直しが簡単です。コスト的にも、生花より費用を抑えられます。前もって作り始め、余裕をもって作成できます。

花を準備したら、フローラルテープを用意します。花をまとめるのに必要で、最近では100均でも取り扱いがあります。次に、地巻きワイヤーを準備します。アレンジメント用のはさみと、ブーケスタンドも購入しましょう。

そして、ブーケの持ち手をまとめるリボンを吟味します。リボンは、ブーケの印象を左右する大切なアイテム。色はもちろん、素材や手触りにもこだわってみてください。

これで準備は万端。ここから実際にブーケを作っていきます。花は一輪ずつわけ、ワイヤーで茎をまいてください。葉にワイヤーを通したらフローラルテープでカバーします。お好みの形に花を重ねて、持ち手部分をフローラルテープで巻きます。最後に、リボンを巻いたら完成です。

花を重ねるときに、自分の好みのブーケの形にしていきましょう。本物や画像など、お手本となるブーケを見ながら作ると効率的。

ブーケ初心者の方は、なるべく大きめサイズの花を選ぶと失敗しにくいでしょう。小さいものをいくつも重ねるのは難易度が高く、上手くまとまらない可能性があるんです。また、花の色とリボンの色を合わせるのもコツの一つ。同系色にまとめることで、上品な出来栄えになります。

結婚式のブーケにおすすめの花

どんな花をブーケに使ったらいいかわからない人のために、おすすめをご紹介します。

バラ

バラはとても華やかで、存在感のある種類です。バラが入っているだけでそれらしく見えるので、もっともおすすめ。花言葉は、「あなたを愛している」。

カサブランカ

存在感があるのにとても上品で、披露宴だけでなく挙式でも活躍する花。きれいな白も結婚式にぴったり。花言葉は、「雄大な愛」。

ブルースター

欧米では花嫁が青いものを持っていると縁起がいいといわれるので、美しい青のブルースターはおすすめ。花言葉は、「幸福な愛」。

チューリップ

黄色やピンクなど色々なカラーがあるチューリップ。春の結婚式にはぜひ入れたい種類です。花言葉は、「愛の告白」。

アイビー

ブーケを立体的に見せる葉っぱです。ボリュームが足りないときに入れてみてください。花言葉は、「永遠の愛」。

ナデシコ

和装に合わせるブーケなら、ナデシコがおすすめ。控えめながら気品があり、花嫁衣裳を邪魔しない美しさです。花言葉は、「純粋な愛」。

結婚式のブーケを準備しよう

結婚式を華やかにしてくれる、ブーケ。実は自分で作ることも可能なんです。どんなブーケがあればいいか色々と考え、理想のデザインを作り上げてみましょう。

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
2,000組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムに写真がスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックで撮って出しエンドロールを作成
・投稿された写真から簡単にフォトコンテストを開催可能
・ご利用後は投稿写真データをプレゼント

これらの機能が35,000円〜ご利用が可能になります。

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪