ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


引き出物というと、「業者に依頼する形で準備するもの!」と思う人が多いでしょう。

もちろんそれが一般的ですし、効率も良いです。ただ、少人数での結婚式の場合、手作りの引き出物も選択肢に入れられます。

手作りだとしても、ゲストの人数が少なければ短期間で用意することができますので、実際にそうするケースもあるんですよ。

そこで、「手作りするとしたらどんなアイテムがおすすめか」という点をテーマに説明していきます!

おすすめアイテム①お菓子

クッキーなどのお菓子系であれば、比較的簡単に手作りすることができますね。たかがクッキーと思う人もいますが、上質な素材を使用することで、クオリティの高いお菓子を作ることができます。また、オリジナリティのあるデコレーションも簡単にできますので、お菓子を通してゲストへメッセージを伝えることもできますね。その点でも、お菓子はおすすめできるんです。

おすすめアイテム②石鹸

手作りプチギフト

石鹸についても、簡単に手作りすることができます。手作りキットも販売されていますので、自信がない人でも大丈夫だと思いますよ。

石鹸は生活上の面でも持っておいて損のないアイテムですし、おしゃれな石鹸は女性から好印象を持たれやすいため、とてもおすすめできます。保存が利くという点も大きなポイントですね!

 

おすすめアイテム③ブレスレット

ブレスレットについては、手作りするだけならほとんど手間がかかりません。

必要なものさえあれば短時間のうちに完成させられますので、とても楽ですね。オリジナリティを発揮しやすいアイテムですし、使用する素材によっては十分な高級感を出せますので、ギフト用としても非常に人気があるんですよ。

ゲスト1人ひとりに合ったブレスレットを贈れるよう、素材のバリエーションを豊かにすることをおすすめします!

 

手作りする場合の注意点

引き出物を手作りするにあたっては、いくつか注意すべきことがあります。そこで、この節ではその注意点を見ていきましょう。

ミスしないように注意しよう

忙しい中で一つずつ手作りするとなると、ミスの可能性も出てきます。そのため、あまりかけ足で作るよりも、一つひとつにしっかりと時間をかけることをおすすめします。万が一ミスしたものをゲストに贈ってしまうようではマズいですよね。その辺りは慎重になった方がいいと思います。

 

素材はいいものを使おう

引き出物として贈るのであれば、いい素材を使うに越したことはありません。ある程度の祝儀を持ってきてくれたゲストに対し、その祝儀に見合ったものを贈ることは当然ですね。手作りであっても、いい素材を使って丁寧に作ったアイテムなら、きっと喜ばれることでしょう。

 

ラッピングが雑にならないように注意しよう

せっかく丁寧に作ったアイテムでも、肝心のラッピングが雑なようでは、ゲストはいい印象を受けませんね。逆に、オリジナリティのある魅力的なラッピングができれば、ゲストは気持ちよくそのアイテムを受け取ることができます。そのため、ラッピングの出来は意識しましょう。

 

まとめ

この記事では、手作りの引き出物を贈る場合におすすめのアイテムを紹介しました。

手作りだからこそ、オリジナリティ感あふれるものにできますし、新郎新婦で手作りした時間はいい思い出になるでしょう。

そのため、少人数のささやかな結婚式であれば、手作りの引き出物も大いにアリだと思いますよ。

ただ、複数個作ることになりますので、ミスしてしまう可能性があります。

雑な引き出物をもらって喜ぶゲストはいませんので、その辺りを踏まえてきちんと作れるように努力しましょう。

ふたりらしい結婚式がつくれるアイテム通販サイト!

Marry.Gift Store(マリーギフトストア)は「ふたりらしい結婚式が、つくれる。」をコンセプトに、オープニングムービーやプロフィールムービー、似顔絵のウェルカムボードなど新郎新婦様の魅力がたくさん伝わるアイテムをご用意しております。

また、ゲストの皆様も一緒に楽しめる演出サービスのMarry.Gift(マリーギフト)が最大の特徴で、大型モニターにゲストの皆様が投稿した写真が表示されたり、その写真を使ってフォトコンテストをしたり、エンドロールを自動作成できたりします。

ぜひご覧ください!