みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

結婚式の1.5次会とは?

そもそも結婚式の1.5次会とはどんな会なのでしょうか?

披露宴や2次会とどう違うの?


結婚式は挙式の後に披露宴を開くのが主流です。披露宴は職場の人や友人、親族などをたくさん呼んでお披露目し、新郎新婦がもてなす会です。ウェディングケーキ入刀やプロフィール映像の上映、両親への手紙など、いわゆる結婚式の演出を一通りやるカップルが多いでしょう。ゲストは広く招待し、その分費用もかかります。

2次会は、披露宴のあとに開くパーティ。親族や上司などは呼ばず、気の置けない友達だけをよんでカジュアルに楽しみます。ビンゴなどのゲームと、歓談がメインになることが多いでしょう。時間は夕方以降が多く、夜遅くなることもしばしば。

1.5次会は、このふたつの間にある会というイメージです。ゲストは上司などを呼ぶこともあれば、2次会のように友達だけに限定することもあります。演出の内容も様々で、二人が開きたいと考える会のコンセプトにもとづいて決めていくでしょう。

あまり大々的な披露宴はやりたくないけど、きちんと親族を呼ばなくてはいけないという時に便利です。また、挙式を海外などの遠方でやるため披露宴に人を集めるのが難しい場合、後日1.5次会を開くというカップルもいるようです。

あえて1.5次会にするメリット

1.5次会のメリットは、流れが完全に自由という点です。披露宴はある程度の形が決まっており、オリジナリティを出すのが難しくなっています。しかし1.5次会は自由度が高く、新郎新婦がやりたいと思うものだけを取り入れることが可能です。

披露宴よりも低価格で開けるのもメリットの一つ。何かと演出の多い披露宴は、かなりのお金がかかります。また、披露宴会場を使うこと自体に費用がかかるので「人生の大きな買い物」とも言われますよね。しかし1.5次会は演出数を減らせますし、カフェやレストランなどを使えるので、会場費がかかりません。結婚式場はなにかと持ち込み料を取られますが、別のところでやれば自分たちで安くていいアイテムを厳選し、そのまま使うこともできますね。

1.5次会ではどんな準備が必要?

1.5次会を開くためには、どんな準備をすればいいのでしょうか。

1.5次会の準備は1年~半年前にスタート


結婚式は1年以上の準備期間をとりますが、1.5次会では1年~半年くらいで準備するのが一般的です。披露宴寄りの場合は1年ほど時間が必要かもしれません。お呼びするゲストが極めて多忙な場合、あまり直前になると参加してもらいにくくなるので要注意。

コンセプトを考える

1.5次会をやると決めたら、どんなコンセプトにするかを考えます。カジュアルにやりたいのか、ゴージャスにやりたいのか。どのくらいの時間で、どんな式にしたいのか。新郎新婦の二人で意見をすり合わせる、大切な過程です。

何かと大変で時には喧嘩をすることもある結婚式の準備ですが、ここで一度お互いの共通意識を持っておくと二人で協力して準備を進められます。また、演出の内容などで迷ったときに立ち返ることができます。

だいたいの予算を決める


1.5次会を開くのに、どのくらいの予算を使うのかを決めます。相場は50万円以下が3割、101万円以上が3割という結果に。そもそも1.5次会自体がカジュアル寄りと披露宴寄りにわかれがちなので、予算もこのような二極化をしていることがわかります。

披露宴と違い会費制で行うことが多いので、ゲストの人数さえ決まればいくらのお金が入ってくるかわかるのが1.5次会のメリット。自分たちの持ち出し金がいくらくらいなら準備できるのか、確認しましょう。

誰を呼ぶかゲストを考える


ゲストの人数を誰を呼ぶかを決めていきます。一つ前のステップで考えた予算に合わせて、そこに収まる範囲の人数にしましょう。挙式を別でするなら、親族はそちらに招いて1.5次会には呼ばなくてもいいかもしれません。ノリのいい会にしたいなら、上司や取引先などを呼ぶのはあまりおすすめできません。

特に問題がなければ、新郎側と新婦側のゲスト人数は同じくらいにするのがベター。

食事スタイルを決める

1.5次会では、着座スタイルでの食事とビュッフェスタイルでの食事の二つのパターンがあります。会費を1万円5000円以上もらうなら、コースの料理を用意するのが賢明です。

結婚式場と違い、カフェやレストランで開く場合は気軽にそこの料理を食べに行けるのがメリット。お客さんとしてランチやディナーを食べに行って、味のクオリティを確かめておくのをおすすめします。

また、ゲストから人気なのがデザートビュッフェ。時間帯によってはあまり食事をしっかり用意する必要がない場合もあるので、そのときはデザートビュッフェをやると喜ばれます。

演出を決める

どんな演出を行うかを決めます。まず、オープニングムービー、プロフィールムービー、エンドロールなどの映像系をやるかどうか決めます。業者に頼むにしろ、自分たちで作るにしろ、それなりの準備期間が必要です。

その他、ウェディングケーキ入刀、ファーストバイト、お色直し、スピーチなど、何をやるかは完全に自由。ゲストに向けたビンゴやゲームなどをやるのもいいでしょう。

もし迷ったら、ネットで動画を見てみるのがおすすめ。文章で読んでもピンとこないかもしれませんが、動画で見てみると実際にどんな雰囲気でやるものなのかが分かりやすいでしょう。

会場を決める

ここまで決まったら、会場を探します。自分たちと考える予算で、希望の演出ができ、料理のおいしいお店を見つけましょう。もともとウェディング対応しているところを選んだ方が、スタッフも慣れているのでミスの確率が減ります。

また、立地も大切です。女性ゲストはヒールをはいてくるので、あまり駅から遠い場合はバスを出してくれる会場だとよろこばれますね。また、テラス希望の場合は雨が降ったらどうなるかも確認しておいてください。

衣装を決める


次に衣装を決めていきます。1.5次会は、お色直しは1回までが主流。初めから終わりまで同じ衣装でも問題ありません。途中で着替える場合は、そのスペースが会場内で確保できるのかを事前に確認しましょう。

結婚式場と違い、会場がドレスを用意してくれることはありません。レンタルするにせよ購入するにせよ、自分たちでそろえる必要あがります。また、ウェディング用の下着やアクセサリーも忘れないようにしましょう。

司会、乾杯挨拶、スピーチ依頼

1.5次会の司会を誰に頼むのかを考えます。プロを外注しても良いですが、せっかくなので友人に頼むのもあり。かっちりした雰囲気になりすぎず、共通の友人も「あいつが司会を!」と盛り上がります。

乾杯の挨拶を誰にお願いするかも考えます。目上の人がいるならその人に頼んでも良いですし、仲人的存在の人がいるならその人も適任です。乾杯の前に一言挨拶をもらうようにしてください。

できれば、メールやLINEではなくしっかり会って頼むのがマナーです。しかし遠方だったり多忙だったりでなかなか会えないこともあると思うので、そのときは電話でお願いするのがベター。招待状にも「○○をお願いします」と一言添えておきましょう。

余興の依頼

余興をやるなら、早めにお願いしたほうがベター。だいたいの分数を伝えてください。また、会場担当者の連絡先も前もって教えておくとスムーズにやり取りをしてもらえます。

頼むタイミングは3か月前くらいがベスト。それより短いと、みんなで練習がダンスなどは実現が難しくなってしまいます。また、NGの内容があるなら前もって伝えておきましょう。

景品の準備


ゲストに何か景品が当たるゲームをするなら、その景品を準備する必要があります。まずは予算を決めてから探し始めると、あれもこれもと迷いません。

気をつけたいのは、あまり重いものは当日に渡さないこと。遠方から来ているゲストが当たるかもしれませんし、帰り道に負担になります。住所を控えて、後日発送するようにしましょう。

最近では、「ビンゴのガラガラと景品」などがセットになっているものもあります。カニや和牛などゲストのテンションが上がるラインナップとなっているので、そうしたものを利用するのも一手です。

引き出物の準備

ご祝儀制の1.5次会を開くなら、引き出物が必要です。みなさん相場にあわせて3万円~包んでくると仮定し、それに見合ったものを贈りましょう。

会費制であれば、特に必要ありません。ただ、ありがとうの気持ちを込めてちょっとしたギフトを包むと喜ばれます。この時、重さのある者やかさばるものは控えましょう。

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
1000組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムにスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックでエンドロールを作成
・式後は写真データをプレゼント

これらが全て揃って39,800円(税込)

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪