ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


結婚式にどんなアイテムを使うかは、新郎新婦の腕の見せ所。そこでセンスが判断されると言っても過言ではありません。そこで今回は、とっておきのアイテム「はっぴーポエム」をご紹介します。

はっぴーポエムって何?

 


はっぴーポエムとは、名前をもじったポエムのこと。二人の名前が一つのポエムになり、フィルムなどでデコレーションされます。親がつけてくれた名前を、ゲストにしっかり見てもらえるのは嬉しいですよね。

ポエムを入れるフィルムは色々な種類があり、ハートやリボンがかかれたデコレーションフィルム、見開きタイプの額縁になったタイプ、落ち着きがあって渋い契り和紙タイプなどから選べます。

似顔絵が入るタイプも人気です。新郎新婦の写真をもとに、イラストレーターが二人の顔を描いてくれます。

はっぴーポエムの使い道は?

はっぴーポエムの使い道として、まずおすすめなのが新郎新婦のポエムを用意し、ウェルカムスペースに飾ること。ゲストが式場に訪れてまず目に入るところなので、必ず見てもらえるでしょう。

また、小さめのものであれば高砂に置いておくのもいいでしょう。みんなが集まったときに見てくれますし、写真にも写り込みます。

そして、新郎新婦のご両親の名前でポエムを作り、プレゼントするのもおすすめ。タイミングとしては、新婦が両親への感謝の手紙を読み、花束を渡すタイミングで一緒に渡すと良いでしょう。

司会の方と相談して、ポエムを読み上げてもらうのもいいかもしれません。新郎新婦の名前は知っていても、そのご両親の名前を知っているゲストはそうそういないと思うので、感動的で面白い演出になりそうです。

最後に、ゲストへの引き出物にする新郎新婦もいるようです。来てくれてありがとうの気持ちを込め、それぞれのゲストの引き出物袋にポエムを入れます。結婚式で自分だけのものをもらう機会なんてほとんどないので、とても喜んでもらえます。

全員分のポエムを用意しても良いですし、親族だけ、また余興やスピーチを担当してくれた方に贈るというのもいいですね。

値段は、名前二人で1万3000円から。フィルムを変えたり似顔絵を入れたりすると値段が変わります。一人分のものは3000円で用意できるので、引き出物にするにも妥当な金額ですね。

はっぴーポエムでハッピーな結婚式を

自分の名前がポエムになったら、とっても素敵ですよね。結婚式が終わった後に新居のリビングや寝室に飾れます。また、ご両親にプレゼントすると感動的で喜ばれるでしょう。ぜひ検討してみてください。

はっぴーポエム

ふたりらしい結婚式がつくれるアイテム通販サイト!

Marry.Gift Store(マリーギフトストア)は「ふたりらしい結婚式が、つくれる。」をコンセプトに、オープニングムービーやプロフィールムービー、似顔絵のウェルカムボードなど新郎新婦様の魅力がたくさん伝わるアイテムをご用意しております。

また、ゲストの皆様も一緒に楽しめる演出サービスのMarry.Gift(マリーギフト)が最大の特徴で、大型モニターにゲストの皆様が投稿した写真が表示されたり、その写真を使ってフォトコンテストをしたり、エンドロールを自動作成できたりします。

ぜひご覧ください!