みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

結婚式に初めて呼ばれた時、「どんなドレスを着ればいいの?」と悩むもの。うっかりてきとうに選んでしまうと、知らず知らずのうちにマナー違反になってしまうかもしれません。

そこで今回は、どんなドレスを選ばいいかまったくわからないという方も「これだけ守れば大丈夫!」というポイントをご紹介します。

お呼ばれドレスの選び方

結婚式に着ていくドレスは、マナーを守って選びましょう。

白は花嫁だけが使える色

ウェディングドレスに象徴されるように、結婚式においては新郎新婦の色。なので、ゲストが使うのはご法度です。白いドレスは小物や靴もあわせ安くて選びがちですが、絶対にやめましょう。

また、明るいベージュや薄いピンクなども要注意。光の加減によっては白に見えてしまったり、写真に写ったときに白っぽくなりがちなんです。暗めのもの、もしくは色味のはっきりわかるものを選びましょう。

露出は控えめにする

ドレスを探していると、ノースリーブやミニスカートのものをたくさん見かけると思います。しかしこうしたものは下品に見えてしまうので、露出度があまり高くないものを選びましょう。

袖がないものにかんしては、ボレロなどを合わせればOK。披露宴中も着用したままでいれば、露出が抑えられるので問題ありません。

黒タイツではなくストッキングを

黒タイツは、お葬式で使うものとされています。縁起が悪いので結婚式で履くのはやめましょう。かといって、生足もあまりおすすめできません。ナチュラルカラーのストッキングをはいておけば問題ないですね。

ドレスにあわせて赤や青のカラータイツを選びたくなるかもしれませんが、こちらはカジュアルすぎる印象なのでやめておきましょう。

バイカラーは避けた方がベター

気にする人は少ないのですが、バイカラーもおすすめはできません。バイカラーは二つの色がわかれているので、「別れ」を想像させて、縁起が良くないと思う人もいるんです。

二次会や年配の方がいない場合は気にしなくてもいいかもしれませんが、挙式や披露宴に出るのであれば一色に統一されたものを着てください。

おすすめのお呼ばれドレス

ここからは、具体的にどんなドレスがおすすめかご紹介します。


ネイビーはお呼ばれドレスの中でも定番のカラー。年齢や式のスタイルを問わずどんな時でも着ることができます。まだお呼ばれドレスを持っていない方は、まずは一着ネイビーを用意すると良いでしょう。


大人っぽいグリーンが美しいドレス。腰から上下でテイストが変わっているので、とてもおしゃれですね。


ちょっと変化球のパンツスタイル。足を出したくない方におすすめです。

きちんとしたドレスで参加しよう

結婚した友人を祝いたいのに、ドレス選びを間違えると反対に迷惑をかけてしまうかもしれません。そんな失敗をしないように、マナーを守ったものを着ましょう。

ブライダルグッズ専門ショップ開店!最大割引25%クーポン配布中

新郎新婦の、新郎新婦による、新郎新婦のためのショップ。

その信念を元にマリーギフトショップを立ち上げました!