ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


結婚式の祝辞(スピーチ)を頼まれたとき、「頼んで良かった」「良いスピーチだった」と思ってもらいたいですよね。
そのための注意点と、祝辞の基本的な構成をまとめてみました!

祝辞(スピーチ)をする場合の注意点5つ

1. 3~5分程度の長さにする

 祝辞は長すぎても短すぎてもNG。一般的に3~5分程度が、聞く側にとってちょうど良いと感じられるようです。原稿を書き上げたら必ず読み上げ、時間を測るようにしましょう。
 

2. 忌み言葉や重ね言葉は避ける

下記のような言葉は「縁起が悪い」とされ、お祝いの席では使わないのがマナーです。
【忌み言葉】
別れる、離れる、切る、壊れる、破る、衰える、終わる、おしまい、閉宴、失う、出る、逃げる、帰る、戻る、返す、絶える、去る、消える、悲しむ、冷える、遠のく、色あせる、移る、流れる、飽きる、嫌う、変わる、浅い、薄い、滅びる、欠ける、裂ける、割れる、無くなる、弱る、殺す、亡くなる、苦しむ、弔う、葬る、散る、枯れる、朽ちる、捨てる、暇、涙、病、最後、死、血、四、九

【重ね言葉】
再び、再度、またまた、しばしば、返す返す、ますます、いよいよ、くれぐれ、重ね重ね、重ねて、重々、次々、繰り返し、再三、相次いで

3. 新郎新婦の過去の恋愛話はしない

新郎新婦との親密な関係をアピールするときでも、「過去の恋愛話」はタブーです。内容によっては聞いている側が嫌な気持ちになる可能性があり、また出席者の中に過去の恋愛に関わる人物がいる場合、気まずい雰囲気になってしまう可能性があるからです。

4. 新郎新婦の名前を間違えない

特に新郎新婦どちらかのみの知り合いの場合、もう一方の名前をしっかり確認しましょう。
当日は緊張や酔いもあるため、決してうろ覚えでスピーチをしないようにしましょう。
また年齢や出身地などは間違えやすいため、触れないのが無難です。

5. お酒を飲み過ぎない

スピーチ前は、緊張を和らげようとついお酒をたくさん飲んでしまいがちです。
しかし明らかに酔っぱらった状態でのスピーチは、出席者にとってとても見苦しいです。お酒を飲む場合は、ほんの少しの量で抑えておきましょう。

祝辞(スピーチ)の基本構成

※①、②の順は逆でも可

①自己紹介

自分と新郎新婦との関係を簡潔に述べます。
「新婦○○さんの大学時代の友人、××と申します。」
「ご紹介にあずかりました、新郎□□くんの会社の上司にあたります、××と申します。」

②お祝いの言葉

新郎新婦や両家の両親、親族に向けてお祝いの言葉を述べます。
「この度は○○さん、□□さん、ご結婚おめでとうございます。」
「本日は、○○さん、□□さん、ご両親、ご親族の皆様、本当におめでとうございます。」
(※主賓の場合「ご起立の皆様、どうぞお座りください。」)

③新郎新婦の印象やエピソード

自分と新郎新婦との間のエピソードを述べます。
新郎新婦を褒めたり、新郎新婦の印象が良くなるエピソードにしましょう。
「新婦○○さんとは大学のサークルで出会い…」
「新郎□□くんは今から3年前に、弊社に入社され…」
「いつも優しく笑顔で…」「営業成績を上げようと毎日奮闘する姿が…」
「私が●●●で困っていたときに、○○さんに●●●と声をかけてもらい…」
「そんな思いやりのある□□くんなら、幸せな家庭を築いていけると…」

④二人へのはなむけの言葉

「お二人の末永い幸せをお祈りいたしまして、はなむけの言葉とさせていただきます。」
「お二人のご多幸と、ご両家のさらなるご発展をお祈りいたしまして、お祝いのご挨拶とさせていただきます。」

⑤結び

「○○さん、□□さん、本当におめでとうございます」
「本日はお招きいただき、ありがとうございました」

しっかり準備をしましょう!

以上、祝辞(スピーチ)の注意点と基本構成でした。
心温まる祝辞(スピーチ)となるよう、しっかり準備をしていきましょう!

ふたりらしい結婚式がつくれるアイテム通販サイト!

Marry.Gift Store(マリーギフトストア)は「ふたりらしい結婚式が、つくれる。」をコンセプトに、オープニングムービーやプロフィールムービー、似顔絵のウェルカムボードなど新郎新婦様の魅力がたくさん伝わるアイテムをご用意しております。

また、ゲストの皆様も一緒に楽しめる演出サービスのMarry.Gift(マリーギフト)が最大の特徴で、大型モニターにゲストの皆様が投稿した写真が表示されたり、その写真を使ってフォトコンテストをしたり、エンドロールを自動作成できたりします。

ぜひご覧ください!