ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


結婚式のクライマックスである、両親への花束贈呈。このとき、ご両親へ贈呈するお花は何を選びますか?
こだわりたいけど、普段お花をあげる機会が少ないからどうすればいいかわからない…と皆さま迷うのではないでしょうか?
そこで、両親への贈呈用花束の選び方や、一風変わった似顔絵フラワーについてご紹介します!

①両親が好きな花


両親が好きなお花があるなら、ずばりそのお花を上げるのがベストですね!贈呈の際は司会者に「感謝をこめて、ご両親のお好きな○○のお花を選びました」と紹介してもらいましょう。

②両親が好きな色

両親の好きなお花は特にない、という方は「好きな色」に合わせてみましょう!
定番のバラやガーベラ、カーネーションなども実はカラーバリエーションが豊富です。お花によりますが、青や緑などの寒色もちゃんとあります!
お母さんの好きな色+お父さんの好きな色の組み合わせにしても素敵ですね。ラッピングも好きな色に合わせてあげると、より愛情のこもった花束になるはずです。

③花言葉


より感謝の気持ちを込めたい、という方は「花言葉」で選んでみましょう!
例えば、感謝の気持ちであれば下記のようなお花が代表的です。
・バラ(赤が「愛情」、白が「深い尊敬」)
・カーネーション(「母への愛」、「感謝」)
・ダリア(白が「感謝」)
・ガーベラ(ピンクが「感謝」)
こちらも贈呈の際に、司会者の方に花言葉を紹介してもらいましょう。

④式の雰囲気、コンセプト

統一感のある式にしたい、という方は「式の雰囲気、コンセプト」に合わせてみましょう!
例えば、明るく和気あいあいとした雰囲気の式であれば、ヒマワリガーベラ。
上品で格式高い雰囲気の式であれば、コチョウランカラー。
手作り感あふれる可愛らしい雰囲気の式であれば、カスミソウマーガレット。
王道のバラなら、色を会場のカラーに合わせれば、どんな式でもぴったりです。

⑤似顔絵フラワー

花束ではなく、似顔絵や動物などのデザインにお花をカスタマイズしてくれるサービスがあります!
こちらで、ご両親の似顔絵で作成してもらいプレゼントすれば、もらった方も印象に残り、思い出深いプレゼントになるでしょう。
より思い出に残る式にしたい方は、注文してみてはいかがでしょうか?

ご両親へ、めいっぱいの感謝を込めて!

花束贈呈は、今まで育ててくれたご両親への感謝の気持ちを伝える、数少ない機会です。
そんな機会だから、とっておきのお花を用意して、感謝を表現したいですよね。結婚式は他にも準備に大忙しですが、めいっぱいの感謝を込めてお花を用意しましょう♪

ふたりらしい結婚式がつくれるアイテム通販サイト!

Marry.Gift Store(マリーギフトストア)は「ふたりらしい結婚式が、つくれる。」をコンセプトに、オープニングムービーやプロフィールムービー、似顔絵のウェルカムボードなど新郎新婦様の魅力がたくさん伝わるアイテムをご用意しております。

また、ゲストの皆様も一緒に楽しめる演出サービスのMarry.Gift(マリーギフト)が最大の特徴で、大型モニターにゲストの皆様が投稿した写真が表示されたり、その写真を使ってフォトコンテストをしたり、エンドロールを自動作成できたりします。

ぜひご覧ください!