みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

結婚式に、どういう演出をするのかは迷いどころですよね。
いいアイデアもわかないし、費用もどのくらいかかるのかわからない…

そんなカップルに、おすすめの結婚式演出20選を、予算の目安とともにご紹介します!
※予算はあくまで目安です。また、式場によっては別途「持ち込み料」がかかる場合があります。予算、持ち込み料あわせて、計画段階できちんと把握しておきましょう。

演出を取り入れる際のポイント3点


まずは、結婚式に演出を取り入れる際の注意点をご紹介します。

①自己満足にならないように

結婚式は、お祝いに来てくれた人たちをおもてなしすることが大事です。
新郎新婦だけが盛り上がって、出席者が置いてけぼりにならないように注意しましょう。
といっても、具体的なさじ加減は難しいですが、自信が無い場合は周囲の人に相談しましょう。
そのうえで、「出席者を喜ばせよう」という気持ちでしっかり検討すれば、まず大丈夫でしょう!

②長くなり過ぎないように

演出に時間を取り過ぎて、ご歓談の時間がなくならないようにしましょう。
ご歓談の時間が無いと、ゲストがゆっくりお喋りしたりお食事したりできません。
次から次へとイベントを詰め込んではあわただしい雰囲気にもなります。
いろいろやりたい気持ちを抑え、できるだけ余裕のあるスケジュールにしましょう。

③サプライズ演出は苦手な人がいないか確認を

サプライズ演出は感動的ですが、そのサプライズ演出を苦手とする人も居ます。
例えば、フラッシュモブなどでゲストを巻き込む演出の場合は、サプライズが苦手なゲストがいないか確認しておきましょう。
ゲストや親族を指名して何かする場合も、やっても良いか何らかの方法で確認しておくのが無難です。

場面別のおすすめ演出20選!

ここからは、シーン別のおすすめ演出をご紹介します。
どれも印象に残る演出なので、取り入れてみてはいかがでしょうか?

受付での演出

・ウエディングツリー


【予算】無料~5,000円
ゲスト全員に、結婚の承認として「拇印」を押してもらい、素敵な1つの絵を完成させます♪
ネットからもダウンロードできるものもあり、頑張ればほぼ無料で用意できてお手軽です。
拇印は、主に受付で名前を書いてから押してもらうことが多いようです。
完成した絵は、披露宴の開始時に入口に飾っておくと、ゲストも完成形を見ることができます。

・SNSパネル


【予算】3,000~1万円
SNS風に写真を撮れる枠を用意しておく演出です。
受付が終わった後のゲストが、待ち時間を楽しく過ごせるように、ウェルカムスペースに置いておくと良いでしょう!

・ドレスの色当てクイズ


【予算】景品により数万
新婦のお色直し後のドレスの色を当てる演出です。
受付で名前を書いた後、ゲストの名前を書いた紙を、ゲストが予想する色の箱に入れてもらいます。
お色直し後に、当たった人には景品(スタバのカードや商品券など)を渡してあげると、ゲーム性があり楽しいですね♪

挙式での演出

・チャペルムービー


【予算】2万~10万円
挙式が始まる合図として、チャペルの壁やスクリーンにムービーを映し出す演出です。
一般的に、ムービーは披露宴でというイメージが強いため、あえて挙式でやることでサプライズ感があって印象に残ります!

・ダーズンローズ(フラワー)


【予算】5,000~1万円
新郎がチャペル入場の際に、12本のバラ(花)をそれぞれゲストから受け取り、それを新婦に手渡すイベントです。
新婦は新郎からバラを受け取った後、1本のバラを新郎の胸ポケットにブートニアとして差します。
12本のバラには、それぞれ「感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠」という意味が込められており、ヨーロッパの伝統的な儀式として知られています。
チャペル入場は大抵、新郎が先なので、新婦へのサプライズ演出にするとより感動的になります!

・リングリレー


【予算】数百円
新郎新婦が用意した長いリボンに指輪を通しながら、ゲストが指輪を後ろから前へと運びます。
皆の協力で祭壇までたどり着いた指輪を、新郎新婦は心を込めて交換します。
用意するものもリボンだけですので、費用もほとんどかかりません♪

・アイルランナー


【予算】1万~3万
アイルランナーとは、バージンロードに敷かれているカーペットのことです。
通常は式場が用意しているものを使いますが、あえて自分たちでメッセージや写真をカスタムするのも素敵です♪
ゲストも見て楽しむことができますし、より思いを込めてバージンロードを歩けますね。

・クロージングキス


【予算】-
挙式の退場時、扉が閉まる直前に新郎新婦がキスをする演出です。
退場時にキスをするという、予想外の演出にゲストも驚くかもしれません。
思わずキュンとくるサプライズ演出としておすすめです!

挙式終了~披露宴開始までの演出

・リボンワンズ


【予算】5,000~1万円
フラワーシャワーのかわりに、ゲストが杖についたリボンを振って新郎新婦を祝福します。
見た目も華やかですし、鈴などをつけると音が鳴ってより賑やかになります♪

・ブロッコリートス


【予算】数百円
ブーケトスの男性版です。
新郎がブーケならぬブロッコリーを投げ、未婚男性にキャッチしてもらうというユニークなイベントです。
豪快に取り合ってもらえば、笑いも起こって場が盛り上がるのではないでしょうか?

披露宴での演出

・プロジェクションマッピング


【予算】3万~10万円
普通のオープニングムービーでは物足りない人は、プロジェクションマッピングにしてみましょう。
自作するのは難しいので、業者に頼む費用は発生しますが、
その分、完成度が高くインパクトの強い演出になることでしょう。

・ブライズメイド/グルームズマン(アッシャー)


【予算】(衣装を揃える場合)1人当たり5,000円~ ※基本は新郎新婦負担です!
ブライズメイドとは新婦の付添い人、グルームズマン(アッシャー)とは新郎の付添い人のことです、
新郎新婦の友人や兄弟に頼んで、式の間サポートをしてもらったり、お揃いの衣装で式に華を添えてもらったりします。
具体的には、受付を頼んだり一緒に写真撮影をしたり、入退場の付添いをしたりすることが多いようです。

・子供カメラマン
【予算】(インスタントカメラの場合)1,000~2,000円


子どもの出席者にカメラを渡し、式の最中に自由に写真を撮ってもらうのも良いでしょう。
自由な目線で、飾らない、自然な写真をたくさん撮ってもらいましょう。
やんちゃで動くことが好きな子供にとっては、式を楽しく過ごせる演出でもあります。

・サンクスバイト


【予算】-
ケーキカット後、ファーストバイトを行い、さらに新郎新婦それぞれの母親(父親)にもケーキを食べさせる演出です。
今まで美味しいご飯を食べさせてくれてありがとう、という意味があります。
逆に、母親(父親)に、独り立ちの記念としてケーキを食べさせてもらう、「ラストバイト」という演出もあります!

・バルーンスパーク


【予算】7,000円~3万円
新郎新婦や出席者が大きな風船を割り、中から小さな風船や紙吹雪などが飛び出してくる演出です。
見た目も華やかで、また出席者に割ってもらうことでワクワク感も演出できます♪

・キャンドルサービス


【予算】3万円~5万円
各テーブルに設置したキャンドルに、新郎新婦が火をつけていく演出です。
暗くなった会場に少しずつ灯がともっていく光景はとてもロマンチックで、シャッターチャンスとしても人気です。

・フラッシュモブ


【予算】(ダンサーを頼む場合)1人5万円ほど
何の前触れもなく突然、ダンスなどのパフォーマンスを始める演出です。
会場のスタッフや出席者が、突然踊ったり歌いだしたりして新郎新婦を祝います。
やはり大規模なサプライズは出席者の印象に強く残るため、最近では人気の演出の一つです。
プロのダンサーに依頼などする場合は費用がかかってきます。

・芸能人やマジシャンなどのパフォーマー


【予算】20万円~100万円
プロのパフォーマーである、芸能人やマジシャンを呼べば、盛り上がること間違いなしです!
呼ぶ人によって費用は変わりますが、モノマネ芸人や歌ネタ芸人などが人気です。

・デザートブッフェ


【予算】1人当たり1,000円~2,000円
お食事のデザートをブッフェ形式にする演出です。
出席者の満足度が高く、新郎新婦も混ざってワイワイとお喋りするのも良いでしょう。

・シェフのライブパフォーマンス


【予算】式場次第
式場に用意があれば、シェフに出席者の前で料理をしてもらうパフォーマンスも楽しいです!
フランベ(仕上げにお酒をフライパンに落とし、炎が高く燃え上がる調理法)をしてもらうと、「おお~っ」と出席者の歓声が上がり、場が盛り上がるのではないでしょうか?

自分たちも、ゲストも楽しめる演出を

お祝いに来てもらっているゲストには、心から楽しんでもらいたいですよね。
皆が笑顔になれる特別な演出で、印象に残る結婚式を作り上げましょう!

ブライダルグッズ専門ショップ開店!最大割引25%クーポン配布中

新郎新婦の、新郎新婦による、新郎新婦のためのショップ。

その信念を元にマリーギフトショップを立ち上げました!