ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


チャペルでキリスト教式の結婚式をする人が多い中、最近メジャーになってきたのが人前式です。これは神様ではなく、結婚式に参列してくれた人々に対して、一生を誓い合うというもの。ここで登場するのが、結婚証明書です。

今回は結婚証明書のキホンや、ユニークでかわいい結婚証明書のご紹介をしていきます!

結婚証明書って何?

人前式では、新郎新婦が参列者の前で、結婚証明書にサインします。従来ですと神父さんに「誓いますか?」と聞かれ「誓います」と答えれば結婚成立という流れでしたが、人前式ではこのサインをすることで結婚が認められるんです。

内容は人によってそれぞれで、「健やかなるときも 病めるときも お互いが支え合い 一生共にすることを 誓います」といったスタンダードなものから、「洗い物は必ずします!」「あんまり怒らないようにします」なんていうちょっと面白いものまで。

型が決まっているキリスト教方式ではなく、自由のある人前式だからこそ、この結婚証明書もありきたりなものにしなくていいんです。

オリジナリティあふれる結婚証明書


参加者の顔入りの結婚証明書を用意し、受付で名前を書いてもらいます。そして最後に新郎新婦のサインをして、完成です。参加者全員に祝ってもらった雰囲気がでていいですね。


アクリルフォトフレームに、押し花を組み合わせて作りました。押し花の種類や配置次第でガラリと雰囲気が変わるので、自分たちらしい結婚証明書が完成します。


新郎新婦二人の名前をあいうえお作文にしています。どんな夫婦になりたいか、お互いどんなことに気を付けるかなど、理想の夫婦像を話し合うと楽しそうですね。


こちらも、ゲスト参加型。みんなに星を入れてもらい、最後に大きな星を入れます。


ナチュラルテイストがいいなら、木を使ったものがおすすめ。部屋に飾っても浮かず、良いインテリアになりそうです。


ちょっと変わった時計型。パズルになっており、参加者の名前をはめ込みます。時計の針は結婚式の日や、二人の記念日を表すといいですね。


フラワーボックスにするのもおすすめ。自分たちで好みのお花を用意してもいいですし、ゲストにお花を入れて持っても嬉しいですね。


シンプルなものがお好みなら、普通の神に印刷しそれを額縁に入れるだけでもOK。ちょっとした柄が入っていたり、遊び心がある額縁ならつまらないものにはなりません。

思い出に残る結婚証明書を!
せっかく結婚証明書を用意するなら、自分たちの好みに沿ったとっておきを用意したいですよね。色々な種類を見て、これだと思うものを準備しましょう。

ふたりらしい結婚式がつくれるアイテム通販サイト!

Marry.Gift Store(マリーギフトストア)は「ふたりらしい結婚式が、つくれる。」をコンセプトに、オープニングムービーやプロフィールムービー、似顔絵のウェルカムボードなど新郎新婦様の魅力がたくさん伝わるアイテムをご用意しております。

また、ゲストの皆様も一緒に楽しめる演出サービスのMarry.Gift(マリーギフト)が最大の特徴で、大型モニターにゲストの皆様が投稿した写真が表示されたり、その写真を使ってフォトコンテストをしたり、エンドロールを自動作成できたりします。

ぜひご覧ください!