ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


初めて赤ちゃんを生むとなると、どんなものを準備しておけばいいのかわからないですよね。でも、いざ赤ちゃんが生まれるとゆっくり買い物に行く時間はなかなかとれません。

そこで今回は、妊娠・出産のために用意しておきたいアイテムをご紹介します!

マタニティウェア


お腹が大きくなってくると、いつもの服は着ることができません。そこで必要なのが、マタニティウェアです。ウエストがゆったりしていたり、ゴムで調整出来たりと、赤ちゃんを締め付けずママも楽ちんなアイテム。

たまに「マタニティウェアは妊娠した時しか着れなくてもったいないから、大きめのワンピースでいいや」と考える人もいます。しかしそうするとお腹部分がずり上がる分丈が短くなったり、腰のあたりがしめつけられて苦しくなったりします。

だからこそ、外に着ていく服も、パジャマや家着も、マタニティのものを選びましょう。

母子手帳ケース


母子手帳は、妊娠から出産、そして子供が生まれてからもずっと使うものです。検診の時にも必要ですし、色々とメモを書いたりちょっとした紙を挟んだりします。

だからこそ、お気に入りの母子手帳ケースで使いやすくしましょう!おすすめは、ポケットがたくさんついているもの。診察券や病院の領収書、小銭などを携帯できると、とても便利です。

注意したいのが、自治体によって母子手帳のサイズが違うこと。自分の手帳が入らなければ意味がないので、まずはどのサイズなのかを確認してください。

葉酸と鉄分のサプリメント


つわりが始まると、人によっては食事が全然できなくなってしまいます。でも、お腹の中にいる赤ちゃんが育つためには、栄養を届けないといけません。特に重要なのが、葉酸と鉄分です。

無理して食事をしてストレスを感じると、それも赤ちゃんに悪影響。そんな時は、サプリメントに頼みましょう。錠剤であればなんとか水で押し込むこともできます。また、サプリメントを選ぶときは担当の産科医に相談するとベターです。

紙おむつ


紙おむつは、いくらあっても余ることはありません。元気に動けるうちに、たくさん買っておきましょう。初めのうちは色々な種類を買ってみて、実際に使い始めてからお気に入りのメーカーやブランドが見つかれば、それを買うのがおすすめ。

ベビーベッド


赤ちゃんを寝かせるベビーベッドを買いましょう。また、あわせて敷布団、掛け布団(厚手と薄手)、タオルケットなども用意しておくと楽ちん。ちなみに敷布団は、やわらかい赤ちゃんをしっかり受け止められる硬めのタイプがおすすめ。

ベビーバス


赤ちゃんはベビーバスで沐浴させます。お風呂の湯船では洗えないので、お忘れないよう。ベビーソープや沐浴布、温度計もあると便利です。

チャイルドシート


車を持っているなら、絶対にチャイルドシートをつけてください。昔、だっこして乗せていた頃もありましたが、今それをやるのは安全意識が低すぎますし、そもそも6歳未満の乳幼児には法律で装着が義務づけられています。

ベビーカー


赤ちゃんとのお出かけに必要なアイテム。色々なブランドがありますが、実際に見て選ぶといいかもしれません。重さや扱いやすさ、デザインなどを総合的に判断してください。

準備万端で赤ちゃんを迎えよう!

赤ちゃんが生まれると、楽しいことや嬉しいこともありますが、つらいことや大変なこともあるかと思います。でも、そうした負担をちょっとでも減らすため、事前に準備できるアイテムはそろえておきましょう!

ふたりらしい結婚式がつくれるアイテム通販サイト!

Marry.Gift Store(マリーギフトストア)は「ふたりらしい結婚式が、つくれる。」をコンセプトに、オープニングムービーやプロフィールムービー、似顔絵のウェルカムボードなど新郎新婦様の魅力がたくさん伝わるアイテムをご用意しております。

また、ゲストの皆様も一緒に楽しめる演出サービスのMarry.Gift(マリーギフト)が最大の特徴で、大型モニターにゲストの皆様が投稿した写真が表示されたり、その写真を使ってフォトコンテストをしたり、エンドロールを自動作成できたりします。

ぜひご覧ください!