ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


普段はめったに使うことのないふくさ、結婚式では必要なアイテムですが、正しく選び使えますか?ちょっとしたミスで「マナーがない」なんて思われないように、今回はふくさについてご紹介します♪

ふくさって何?

ふくさはご祝儀袋を包むもの。ご祝儀を袋のまま持ち運ぶと、汚れたり折れ目が付いたりする可能性がありますよね。しかしせっかくのお祝い事なのに、そんな状態のままで渡したら失礼に当たります。こうしたミスを避けるため、ふくさが必要なんです。

ふくさの選び方と使い方


ふくさには色々な種類があります。まず、普通のハンカチのような一枚布のタイプ。そして、包んだ後に留めておける爪付きふくさ。台付きふくさには、ご祝儀袋をのせる台が付いています。

そして最近一般的なのは、金封ふくさです。これはご祝儀袋を入れる袋の形になっているので、たたみ方などがわからなくても問題なし。初めてふくさを買うときには、この金封ふくさを買いましょう。

また、結婚式に使っていいのは暖色の明るい色。赤、黄色、オレンジ、ピンクなどが該当します。黒やグレー、ネイビーなどは葬儀用なので絶対に選ばないでください。一番おすすめなのが、紫です。慶弔どちらにも使えるので、とりあえずこれさえ持っておけばどんなシーンでもOKです。

柄が入っているものもありますが、初心者は無地を選んだ方がベター。松などのおめでたいものであれば問題ありませんが、ひとまず無地を使ってください。

ふくさの使い方ですが、金封ふくさはただ袋の部分にいれるだけ。一枚布のタイプは、ダイヤの形になるように置いたら、中央より左側にご祝儀袋を置きます。そして、左、上、下の順に中央に向かって折りたたみましょう。

最後に右をたたみ、裏側まで織り込めば完成です。留め具が付いているもののタイプは、留め具を右側に持ってきましょう。

おすすめのふくさ

ここからは、おすすめのふくさをご紹介していきます。紫の無地は持っているから、もうちょっと違うデザインが欲しいという方は参考にしてみてください。


薄いピンクとレースが可憐なふくさ。女性らしさたっぷりなフェミニンさで、大人っぽさもあり。


レトロ柄がかわいいふくさ。子供が持っていてもかわいいですし、おばあちゃんになっても使い続けられそうですね。


内側に柄が入ったデザイン。一見シンプルなのに、いざ開くととってもゴージャス。


柄はシンプルながら、形が変わっていてとってもおしゃれです。丸みのあるデザインは目を引きます。


フリルが付いたタイプは珍しいでしょう。ほかの人とは一味違うふくさが欲しい方に。

ふくさを正しく使おう

結婚式では欠かせないふくさ、ぜひ色やデザインにこだわってみてください。その時は、きちんと正しく使えるように、包み方にも気を使いましょう。

ふたりらしい結婚式がつくれるアイテム通販サイト!

Marry.Gift Store(マリーギフトストア)は「ふたりらしい結婚式が、つくれる。」をコンセプトに、オープニングムービーやプロフィールムービー、似顔絵のウェルカムボードなど新郎新婦様の魅力がたくさん伝わるアイテムをご用意しております。

また、ゲストの皆様も一緒に楽しめる演出サービスのMarry.Gift(マリーギフト)が最大の特徴で、大型モニターにゲストの皆様が投稿した写真が表示されたり、その写真を使ってフォトコンテストをしたり、エンドロールを自動作成できたりします。

ぜひご覧ください!