ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


最近人気の「人前式」。教会式や神前式とは違い、宗教や形式にとらわれない自分達らしい式を挙げられるのが最大の魅力です。
そこで今回は、人前式の基本的な流れと、人前式に取り入れたいオススメ演出をご紹介します。

人前式の流れ


まず、人前式の流れの一例をご紹介します。
あくまで一例なので、自分達らしい演出や順番にしても構いません!
プランナーや司会者とよく相談しましょう。

①ゲスト入場

教会式や神前式と同様です。

②入場

入場パターンもいろいろあります。
・【新婦父と新婦】入場→【新郎】入場
・【新婦父と新婦】→【リングガールやリングボーイ】入場→【新郎】入場
・【新郎新婦】入場 など…
人前式ではどれを選んでも構いません。

③開式宣言

司会者が開式を宣言します。
ゲストには、人前式であることと、ゲストに結婚の証人となってもらうことを説明します。

④誓いの言葉

新郎新婦があらかじめ用意した「誓いの言葉」をゲストに向かって宣言します。
「誓いの言葉」の形式も自由です。
格式高いものや、思わずクスッとなる面白いものまでいろいろあります。詳しくはこちらの記事で!

⑤指輪の交換

新郎新婦が指輪を交換します。

⑥結婚誓約書にサイン

結婚証明書に、新郎・新婦が署名します。
新郎新婦に加え、ゲストの代表者が署名する場合もあります。

⑦結婚の成立宣言

司会者が結婚証明書をゲストに見せ、新郎新婦が結婚したことを宣言します。
司会者が承認の拍手を促し、ゲストは承認とお祝いの意味を込めて拍手をします。

⑧閉式の言葉

司会者が閉式を宣言します。

⑨退場

新郎新婦が一緒に退場します。

⑩挙式後

フラワーシャワーやライスシャワーなどの演出でゲストが新郎新婦を祝福します。

人前式のおすすめアレンジ

ここからは、人前式の基本の流れにプラスしたいオススメ演出をご紹介します!
自由度の高い人前式では、形式にとらわれないいろいろな演出を取り入れやすいのです。
ぜひ参考にしていただき、より自分らしい式にしてみてはいかがでしょうか??

ダーズンローズ(フラワー)


新郎がチャペル入場の際に、12本のバラ(花)をそれぞれゲストから受け取り、それを新婦に手渡すイベントです。
新婦は新郎からバラを受け取った後、1本のバラを新郎の胸ポケットにブートニアとして差します。
12本のバラには、それぞれ「感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠」という意味が込められており、ヨーロッパの伝統的な儀式として知られています。
チャペル入場は大抵、新郎が先なので、新婦へのサプライズ演出にするとより感動的になります!

リングリレー


新郎新婦が用意した長いリボンに指輪を通しながら、ゲストが指輪を後ろから前へと運びます。
皆の協力で祭壇までたどり着いた指輪を、新郎新婦は心を込めて交換します。
用意するものもリボンだけですので、費用もほとんどかかりません♪

リングボーイ、リングガール


「リングボーイ」や「リングガール」は、子供が祭壇まで指輪の載ったリングピローを運んできてくれる演出です。
にこにこ楽しそうに、またはちょっと恥ずかしそうに指輪を運んできてくれる演出はとってもほほえましい空気になります。
子どものゲストがいる場合は頼んでみてはぜひいかがでしょうか。

クロージングキス


挙式の退場時、扉が閉まる直前に新郎新婦がキスをする演出です。
退場時にキスをするという、予想外の演出にゲストも驚くかもしれません。
思わずキュンとくるサプライズ演出としておすすめです!

自分たちらしい人前式で、思い出に残る1日を!

何といっても自分たちらしさを出せるのが人前式の良さですが、不安であればまず基本の流れに沿って作ってみましょう!
そこに自分たちらしさをプラスして、いろんな演出や工夫をしてインパクトを残すのもよし、静かで厳かな雰囲気で執り行うもよし、です!
自分達の一生の思い出に残る人前式を作りましょう^^

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
2,000組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムに写真がスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックで撮って出しエンドロールを作成
・投稿された写真から簡単にフォトコンテストを開催可能
・ご利用後は投稿写真データをプレゼント

これらの機能が35,000円〜ご利用が可能になります。

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪