みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

赤ちゃんが誕生すると、家族や友人、職場の人など色々な人からお祝いをもらいますよね。いただいた後には、お返しをするのが常識です。今回はどんなものを贈ればいいのか、相場などを含めてご紹介します。

お返しの相場と渡し方

お返しはいただいた金額の3割ほどを目安にしましょう。1万円のお祝いをいただいたら、3000円くらいの品物を選びます。

職場一同、友人一同などからいただいたら、それぞれに3割ずつ用意する必要はありません。タオルなどリーズナブルを贈ったり、職場の皆さんで食べてくださいとお菓子を準備するもいいでしょう。

直接会う機会があれば会ってお渡しするのが一番いいですが、そうでなければ宅配でもOKです。手紙を同封したりハガキを送ったり、LINEなどでメッセージを一言そえると丁寧です。いきなり物だけ送られてきても何のことかわからない場合もあるので、きちんと説明しましょう。

出産から一か月以内にお祝いをいただいたら、お宮参り後にお返しをします。それ以降であれば、もらったごとにお返ししていきましょう。

おすすめのお返し品

ここからは、どんなものをお返しすればいいのかおすすめの品物を紹介します。


お名前入りのものは、赤ちゃんの紹介にもなっていいですよね。残るものだともらった相手も困ってしまいますが、お菓子なら消費できるのでおすすめ。


こちらのお米の十二単シリーズは、見た目も華やかでおめでたく、お返しにぴったり。


へたったら捨ててしまうタオルは、いわば消耗品。いくつあっても困りませんから、お返しにちょうどいいでしょう。


エディブルフラワーとは、食べられるお花のこと。見た目がとてもかわいくて、もらったらとっても嬉しいおしゃれなビジュアルです。


バームクーヘンは縁起のいいお菓子として、結婚式でもよく配られています。相手が甘いものが苦手でなければ送ってみてください。


子供の手形や名前が入った湯飲み。こちらは友人や遠い親戚は避け、自分たちの両親などかなり近い人だけに贈るのがおすすめ。

お返しをきちんとしよう

お祝いをもらいっぱなしでは「そこの家は非常識」と思われてしまいます。しっかりと相手が喜んでくれるものを選んで贈りましょう。

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
1000組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムにスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックでエンドロールを作成
・式後は写真データをプレゼント

これらが全て揃って39,800円(税込)

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪