ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


大切な一日を、大切なゲストたちとリラックスしながら過ごす結婚式の二次会。ラフな空気の中でよりいっそう幸せに包まれるためにも、盛り上がりに不可欠なのはやっぱりゲーム。けれど一体感を作るには、ゲストみんなと楽しめることが重要です。

そのためにはシンプルなルールであることや、時間的なコストを考えて1時間に1回にすることが大きなポイントになります。
今回は、みんなで盛り上がれる二次会のゲームを紹介していきます。

始めやすいおなじみのゲーム


すぐに盛り上がりやすいのはおなじみのゲームたち。ルールを知らない人のほうが少ない、といった定番のゲームは、説明に時間を取らない分、リラックスした空気のまま温度差なく始められます。

ビンゴ、黒ひげ危機一髪、ワニワニパニック、じゃんけん大会、くじ引きetc…。

例えばビンゴなら、逆に最後まで揃わなかったひとを勝ちにするなど、ちょっとしたアクセントを加えることでさらに楽しいゲームになるかもしれませんね。

ジュースやアルコールでゲーム


オレンジジュースなどのソフトドリンクで一気飲みのはやさを競うという、ルールがとってもシンプルなぶん盛り上がりやすいゲームもあります。コーラなどの炭酸系を使うと、難易度が上がってさらに白熱するでしょう。

アルコールを使うなら、バラエティで大人気の『きき酒』をするのもオススメです。

【例】 ワインの場合
1. いくつかのワインを用意し、目隠しをしている解答者にどれかひとつ飲んでもらう
2. 目隠しを外し、ワインをひとつ選んで飲んでもらう
3. 目隠しされた時に飲んだワインと違うと思うなら『わたしが飲んだのはこのワインではありません』と宣言してもらい、正解ならまたワインを選んでもらう
4. 『わたしが飲んだのはこのワインです』と宣言できるものを探し出せたら勝ち。不正解を出した時点で罰ゲーム

最初のワインが残されたまま解答者が『これも違う』と正解を出していくほど、見ている側にも緊張感が生まれる、ドラマティックな一体感を演出できるゲームです。

新婦に目隠し!?『新郎を当てろ!!』


新婦に目隠しをしてしまうという大胆なゲームもあります。その名も『新郎当てゲーム』。目隠しをした新婦が、前に並んだ男性のゲストたちの肩や腕を触って、その中に紛れている新郎を当てるというシンプルなゲームです。

『握手だけ』にして難易度を上げてみたり、『新婦が正解できるかをゲストに予想してもらう』などという風に更にアレンジをすると、もっと盛り上がるかもしれませんね。

景品にも気を配って楽しい二次会を

ゲームをする時に気をつけなければいけないのは景品です。偏りすぎたものを用意すると、受け取る人次第では少ししらけてしまう可能性があります。ひとつの趣向に走りすぎず、皆が貰って嬉しいものを意識して景品を選ぶのがポイントです。

みんなが楽しめるゲームと景品を選び、忘れられない二次会を演出しましょう!

景品カタログは景品が当たったゲストご自身で欲しいものを選択できる新しい景品カタログになります! もちろん新郎新婦や幹事の方が選択できますが、どんな景品にするかを選ぶのは正直幹事が結構頭を悩ますところです。 実際に私も幹事をやったときにどんな景品にするかとても迷いましたがこれで迷わずに済みます! 特徴 ・目録なので持ち込みが簡単! ・幹事が商品を選ぶパターンと当選者が選ぶパターンと2通り選べます! ・当選者はその場で申し込が可能! ・万が一目録をなくしても、個別にIDを振っているので安心!