みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

結婚式を挙げる時には、ウェルカムボードの準備が必要になります。会場の前に設置し、個性的なデザインでゲストを迎える、大切なアイテムです。

けど、どうやって準備したらいいの?デザインは?予算は?材料は?と、自由度が高いだけに、いざ自分たちが用意するとなると困ってしまいますよね。そこで今回は、ウェルカムボードの準備の仕方について見ていきたいと思います。

業者に注文する


一番安心なのは、業者さんに注文することですね。プロの技術で安定したクオリティのものを仕上げてくれることでしょう。専門の店舗がありますし、前撮り撮影の特典プランになっていることもあるみたいです。ネットで注文できるお店もありますね。デザインを業者さんに頼んで、制作は自分たちで……というパターンもあるかもしれません。

気になるのはコスト面。業者さんによってまちまちですが、3千円〜1万円が相場。ブログやSNSや知人の口コミなどで評判を調べてからお店を決めることをおすすめします!

自分たちで作る


人生の大事な節目である結婚式を飾るものは自分たちで作りたい!という方もいるかもしれません。

自分たちで作りたい!けれど作り方がわからない!という方には、ウェルカムボード制作のワークショップが、フラワーショップやウェディング専門店などで開かれているので、調べてみることをおすすめします!結婚式を控えた参加者同士で、情報交換もできるかもしれませんね。

また、ウェルカムボードの手作りキットも販売されているので、通販サイトをのぞいてみましょう。材料やサイズについて考える手間が省けます。

自分たちのデザインにこだわるなら、完全にオリジナルで作るのもアリですね。色んなデザインをインプットするには、InstagramやPinterestなどのイメージサイトが最適。 #ウェルカムボード手作り #ウェルカムボードdiy #ウェルカムボードオーダー #weddingwelcomeboardなどでタグ検索して、アイデアを参考にしましょう。

最近は、デザインを紙に印刷して、ポスタースタイルにするウェルカムボードも流行っています。軽くて持ち運びがしやすく、設置も保管もかんたんなので、そういう選択肢も考えてみては?

デザインセンスの高い友人にウェルカムボードを作れる方がいれば、頼んでみるのもアリかもしれません。自分たちのことをよく知っている人に作ってもらえば、思い入れのある作品になることでしょう。ただし、アート作品である以上、報酬や謝礼はちゃんとしましょう!

いつから準備を始めたらいいの?

ウェルカムボードの準備は早めに始めてしまいましょう!挙式の玄関口を飾る大事なアイテムだからこそ、時間に追われて作るのは嫌ですよね。業者に頼むにしても、注文してから制作→商品が届くまでに数ヶ月かかることもあります。自分たちで作るならなおさら、デザインをどうするか、材料をどうやって調達するか、考えることはいっぱいあり、時間はいくらあっても足りません。

業者に発注するなら挙式・披露宴の半年前から、手作りするなら3~4ヶ月前から、デザインイメージを調べ始めると余裕が持てます。

いかがでしたか?人生の大事な瞬間を彩るアイテムだからこそ、たっぷり時間と気持ちをかけて、満足のいくものを作りたいですね!

ブライダルグッズ専門ショップ開店!最大割引25%クーポン配布中

新郎新婦の、新郎新婦による、新郎新婦のためのショップ。

その信念を元にマリーギフトショップを立ち上げました!