ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


結婚が決まったみなさん、おめでとうございます。これから結婚式の準備が色々と始まると思いますが、まず気になるのはお金の話。ここでは結婚式を挙げるにあたって、何に、どのくらいの費用がかかるのか紹介します。

結婚式の総額はいくらになる?


結婚式の費用は挙式と披露宴を合わせて、平均で「357万5000円」です。もちろん誰もがこの金額で結婚式を行うとは限りません。「150〜200万円」で式を行うカップルも少なくはありません。

結婚式は大きく分けて、チャペルや神社で結婚を誓う「挙式」と友人や同僚、親族などを集めて結婚の報告を行う「披露宴」に分けることができます。そのどちらかを行うか、両方を行うかで費用が大きく異なります。挙式のみの場合、衣装代込みで「20〜40万円前後」が相場です。

披露宴は招待人数が増えれば増えるほど費用がかかるものです。引き出物や招待状、メニュー表、飲食代などがあり、中でも料理や飲み物などの飲食代が大きな割合を占めます。平均額だと、料理と飲み物で招待者一人当たりにつき「約2万円」、総額にすると「120万円」とされています。

結婚式の予算=二人の貯金額ではない!


あなたは結婚式にかけられる予算はイメージできているでしょうか?「予算」=「二人の貯金額」というわけでは決してありません。「二人の自己負担額(貯金や親からの援助)」と招待した人からもらえる「ご祝儀の総額」と合計したものが予算となります。

上記したように招待した人からご祝儀がもらえるので、結婚式は出ていくお金ばかりではありません。ご祝儀の総額は平均で「230万円」。一人当たり3万円と想定してシミュレーションするといいでしょう。ご祝儀をイメージしておくと、気持ちに余裕ができますね!

親からの援助がある場合は、両家で分担して用意してもらうのが一般的です。総額50万円程度の援助が一般的のようです。

自分たちにあった結婚式を!

結婚式と一言で言っても、プランや招待する人数によって費用は大きく変わります。人生の大事な記念日となる結婚式、お金に関しても後悔のないように進めていきたいですね!

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
2,000組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムに写真がスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックで撮って出しエンドロールを作成
・投稿された写真から簡単にフォトコンテストを開催可能
・ご利用後は投稿写真データをプレゼント

これらの機能が35,000円〜ご利用が可能になります。

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪