みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

披露宴で欠かすことのできない存在、ブライダルケーキ。今は様々な種類のものが生まれ、ビジュアルも細分化され進化してきました。新郎新婦によっては、ふたりが好きなものをそのままケーキにする方もいます。中には、マグロ一本だったり巨大な肉の塊だったり、もはやケーキではないものを用意する人もいるほど多様化しています。確かにそれはそれで、楽しそうだし、キャッチーで魅力的ですよね。

でもやはり、定番のブライダルケーキといえば、3段に重なったものをイメージしませんか?この記事では、なぜケーキを③段重ねるのか、またケーキを式で食べる風習はいつから生まれたのか由来についてご紹介します!

色々と決めなければいけないことが多い結婚式。特にブライダルケーキのデザインや味は、式の顔にもなるので慎重に、間違いや後悔のないように作りたいですよね。定番のスタイルの持つ意味や由来を知った上で、自分たちがどんなケーキを求めているのか、改めて考えてみてください。

ブライダルケーキの起源について!


ブライダルケーキの歴史はとても古く、古代ギリシャの時代に遡ります。「ブライダルケーキ」と言っても、その頃は、主食の小麦を使ったビスケットでした。結婚式の中で、ビスケットを細かく砕き、豊作と子宝に恵まれるように、という願いを込めて花嫁の頭上にまくという習慣がありました。

その後もブライダルケーキは、スコーンやぶどうパンなど、時代や土地に合わせて変形しながら、結婚式で活躍しています。形は変わっても豊作と幸せな人生への願い、それをみんなで分かち合おうという願いがこめられていました。また悪魔が甘いものを嫌うという言い伝えもあります。ブライダルケーキには魔除けの意味合いもあったんですね。

現在のブライダルケーキにもっとも近い形のものが生まれたのは、18世紀後半のイギリスでした。バターケーキにシュガーペーストでレースのような飾り付けをしたのが始まりでした。この時のケーキはレシピも現存しており、「ブライドケーキ(花嫁のケーキ)」と呼ばれています。

日本で、式にケーキを用意するのが主流になったのは昭和からです。欧米のスタイルを意識した生活や文化が広まり、それに伴って結婚式も変化してきたのです。

三段重ねのブライダルケーキが定番になった理由


ブライダルケーキが広く世に広まったきっかけは1858年に行われたヴィクトリア女王の第一王女の結婚式でした。当時、新聞で特集された女王の結婚式の記事にケーキの挿絵が掲載されたことが発端です。その挿絵に載ったケーキが三段でした。こうした経緯の中から、三段のケーキがメインストリームとなっていきます。

このような背景を持つ、イギリス式の三段のケーキのことを「シュガーケーキ」と呼びます。砂糖、水飴、ゼラチンなどを混ぜて作ったシュガーペーストでフルーツケーキをコーティングしたものです。シュガーケーキの特徴は砂糖でコーティングされているため、とても保存期間が長いことです。湿度などの保存状態に気をつければ100年は保存することができるとも言われるほどです。

三段のケーキには意味が込められている!


三段のデザインには、その段ごとに意味があります。順番に紹介しますね。まず一段目は式に参列してくれた人たちみんなと一緒に食べるため。続いて二段目は式に来られなかった人たちに配るため。最後に三段目は結婚記念日など新郎新婦にとって特別な記念日に食べるため、もしくは、将来誕生した子供と一緒に食べるため。というように、それぞれこのような意味を持っているのです。

式に来られなかった人に配ったり、将来の記念日に改めて食べるなど、保存期間の長いシュガーケーキならではの風習ですね。現在の披露宴で行われている、参列者と一緒にデザートとしてケーキを食べる演出はこの風習が続いているということですね。

ブライダルケーキに込める思いに注目しよう

ここまで紹介してきたように、ブライダルケーキは、ただ単に華やかで美味しいだけではなく、意味や願いが込められています。このような思いが込められているのを知るだけで、今後、結婚式でのケーキの見え方が変わってくるのではないでしょうか。

自分たちがブライダルケーキを用意する時は、見た目や味だけではなくそこにどのような思いを込めるかという点も考えてみるのもおすすめです。特にシュガーケーキに使われているシュガーペーストは粘り気が強く、花やハートなどの形を作りやすいので華やかにケーキを装飾することができます。二人の好きなモチーフをケーキに盛り込んでみてもいいですね。

自分たちの結婚式を演出するために

結婚式の定番アイテムは、特に考えずに選んでしまいがちですよね。でも、そのアイテム一つ一つに様々な意味や由来が込められています。「周りがやっているからやらない」とか「定番だから用意する」という考え方で決めてしまうのではなく、それが持つ意味や狙いを知って選択していくことで、自分たちだけの理想の結婚式に近づくことができるでしょう。

特にブライダルケーキは今、新郎新婦それぞれに合わせた多様なデザインを作ることが可能です。そもそものケーキに込められた意味をふまえつつ、自分たちの好きなものを盛り込むことができるといいですね。

ぜひ、結婚式におけるアイテムや演出の歴史や由来などを調べてみることをお勧めします!素敵な結婚式を作り上げてくださいね。

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
1,500組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムに写真がスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックで撮って出しエンドロールを作成
・ご利用後は写真データをプレゼント

これらが全て揃って39,800円(税込)

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪