みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

後輩の皆さん、追いコンの企画は決まりましたでしょうか?引退される先輩に、今までお世話になったことへの感謝の言葉は見つかりましたか?今回は、言葉では伝えきれない感謝の気持ちを、何かしらの行動で伝えたいと思っているあなたに、とっておきの演出をいくつか紹介したいと思います!忘れられない追いコンにしてあげましょう!

クイズ大会


企画として定番の一つがクイズ大会。ポイント制にするか生き残り制にするか、チーム制にするか個人戦にするか、また早押しにするか時間制限式にするか、などなど、人数や時間や場所の条件によってルールを柔軟に変更できるところが強み。

内輪クイズを盛り込む

とはいえ、ただのクイズ大会ではもちろんありません。一般常識問題やなぞなぞの他にも、その団体に所属している人たちにしか正解が分からないような内輪クイズを取り入れることで、これまでの思い出を振り返りつつ盛り上がれるところが最大のメリット。「◯◯先輩が卒論を忘れて帰ったお店は?」「夏季大会の最後の試合で得点を決めたのは誰?」「このサークルの設立年はいつ?」など、その団体で活動していた人なら誰もが知っているはずなのに、意外と思い出せない、といういい具合の難易度にできると、非常に盛り上がり、思い出話にも花が咲くことでしょう。

プロフィールで「これは誰?」

また、もう一つおすすめなのが、引退される先輩をターゲットにした「これは誰?」クイズ。例えば、送り出す先輩のあらゆるプロフィール(名前、年齢、出身地、学部、血液型、好き・嫌いな食べ物、好き・嫌いな芸能人など)を収集し、その項目を一つづつ挙げていって、一番早く当てられた人に高いポイントを上げるといったやり方。

初めは「初恋の人の名前」「きのこ派かたけのこ派か」「ラーメンの好きな味」など、その人とかなり親しくないと知らないようなマニアックな情報から公開していき、だんだん特定しやすい情報にしていくとゲーム性があります。ただし、最後まで誰も正解しないと微妙な空気になってしまう恐れもあるので、最終的には絶対に分かるようなヒントにした方が無難ですね。長い時間一緒に過ごした仲間でも、意外と知らない一面がまだあることが明らかになることでしょう。

写真を見せて「これは誰?」

もう一つは、先輩が小さい頃の写真を見せて、誰なのかを当てるクイズ。面影がある人は、すぐに正解を当てられてしまいますが、それはそれで盛り上がりますし、面影がない人も、「昔はこんなに可愛かったんだ!」とはしゃぐことができるので、外しません。赤ちゃんの写真から、幼稚園→小学校→中学校→高校とだんだん現在に近づいていき、より早く正解できた人が高ポイント、という方式にすると、だんだん現在の姿に近づいていく過程が楽しめるのでおすすめです。

シアターゲーム


追いコンの目的は、思い出話に浸ることと、もう一つは世代間の交流。引退される先輩と、新しく入ってきた新入生とが絡むことで初めて世代交代が行われるというもの。そこで次におすすめするのが、シアターゲームと呼ばれる遊び。演技力やコミュニケーションを必要とするものが多いので、違う世代の人たちのやり取りを促進することができます。

協調性ジェスチャーゲーム

一つ目は、協調性ジェスチャーゲーム。二人がタッグを組み、ジェスチャーをします。しかし、そのお題は片方にだけ知らされて、もう片方はそのお題が何なのか知りません。お題を推測しながら、相方のジェスチャーに付き合い、最終的にお題の内容を当てられたら勝ち、というゲームです。二人の相性が問われるので、仲の悪い先輩同士でやらせたり、あまり接点のない先輩と後輩でやらせたりしてみましょう。

演技力ロシアンルーレット

二つ目は、演技力ロシアンルーレット。一つだけ「当たり」が入った食事を用意します。演者たちは、それぞれ自分たちに与えられた分を食べるわけですが、普通に順番に食べていくのではなく、誰が「当たり」を引いたのかを演者以外の人たちで当てるというゲームです。正解されると、演者チームの負け。演者チームは、誰が「当たり」を引いたのかを悟られないように、食事をするというゲームです。これも、メンバー間でさりげない協力が必要になるので、コミュニケーションが生まれます。

ピクチャーゲーム

三つ目に紹介するのが、大人数で一つの絵を作るというゲーム。演者たちに共通して一つのテーマが与えられます。演者たちは一人ずつ前に出て、そのテーマに即した思い思いのポーズを取ります。例えばテーマが「海水浴」なら「海で泳いでいる人」「潮干狩りをしている人」「日向ぼっこをしている人」「焼きそばを作っている人」などなど。演じるものは人とは限らず、動物や植物でも大丈夫です。全ての演者たちが順番に出てきて、ポーズを取った段階で一枚の絵が完成し、観客はそれを見て、その絵のテーマが何なのかを当てるというものです。

サプライズ


先輩が絶対に忘れないような追いコンにする、というのであれば、サプライズは欠かせませんね。入念に準備し、成功した「びっくり」が大きければ大きいほど、仕掛けられた人の喜びも大きいはずです。

プレゼント

サプライズの定番といえばプレゼントですが、何を贈るかは決まっていますか?選択肢が多すぎて、どれにしようか迷ってしまうのではないでしょうか。いくつか候補を挙げてみましょう。

・花束
先輩一人一人に、花束を贈るのは、会場が視覚的に華やかになって良いですよね。予算が厳しい場合は、一輪花にすると、用意する本数をこまめに設定できるのでおすすめ。一人一人に別々の花を贈るのもメッセージ性があって良さそうです。もちろん、花束にしても、花の種類の組み合わせでバリエーションを持たせることは可能です。ただし、花を贈る際には、その花が持つ花言葉はチェックしておきましょう。プラスの意味を持っている反面、マイナスの意味を持っている花もあるので、注意が必要です。

・アルバム
団体の思い出の写真をたくさん貼り付けたアルバムも定番のプレゼントです。自分たちで一から作るので、大変ではありますが、贈りたいものを自由にこだわれる喜びがあり、コストも工夫次第でいくらでも安くできるでしょう。写真の大きさや位置、文字のデザインや紙の色との組み合わせなど、より気持ちが伝わるようにしましょう。見開きには、後輩たちの寄せ書きのページを載せたいですね。

・オリジナルグッズ
引退すると、現役の時に着ていたユニフォームや道具は使われなくなるのがほとんど。それでは寂しいということで、マグカップやキーホルダー、Tシャツなど日常で使うアイテムを贈るというのもおすすめです。しかも、自分たちのオリジナルのデザインを導入できると、使うたびにその団体のことを思い出すことができて、温かみを感じるプレゼントになります。デザインのアイディアとしては、その団体のロゴや、それぞれの先輩の口癖や名言、その代の実績などがあります。オーダーメイドになるぶん、結構な額のお金がかかりがちなのがデメリット。

ムービー

試合や公演、旅行など、現役の頃の先輩たちが活躍しているシーンを編集して繋げて、ムービーを流すというのも外さないサプライズ案の一つ。

ムービー編集というと、難しくて自分たちでは出来ないというイメージを持たれている方も多いですが、実際今はwindowsに備え付けのフリーソフトを使うと誰でも簡単に作ることができます。素材集めと編集に時間はかかるものの、パソコンさえあれば作業はできるので、予算がほぼゼロに抑えられるのか大きなメリット。同期で手分けして作りましょう。

ムービーのクオリティも、そこまで凝る必要はありません。昔の先輩たちの姿を流すだけで、ノスタルジーに浸ってもらえるはず。記憶を頼りに想い出話をするだけでなく、実際に映像として見ることで込み上がってくるものがあるはず。できればやって欲しいのが、すでに卒業されたOBOGの方々に出演していただくというもの。引退勢にとってお世話になった方々に、お祝いの言葉を言ってもらうというのはかなりアツい演出です。都合が合うなら、追いコンの場に来てもらってもいいですよね。

フラッシュモブ

最近流行りなのが、道行く人たちがいきなり一斉に踊り出すフラッシュモブというパフォーマンス。SNSや動画サイトの広告などで一度は目にした方がほとんどのはず。あれを後輩たち全員で、お店の店員も巻き込んで大人数でやれば、先輩たちが驚くことは間違いありません。本気でやるなら、先輩たちに面識のない人々を呼んで、エキストラのお客を演じてもらい、ダンスの時には参加するとかなりの大迫力になります。

ただし、パフォーマンスそれ自体が持つ威力が凄まじいぶん、準備がかなり必要です。まず貸切できるレストランや居酒屋を探し、そのお店に、流す音響や、踊り出すタイミングなど段取りについて共有。そしてもちろんダンスの振り付けも練習しないといけません。リハーサルもできればやりたいですね。踊りのツメは多少甘くても、その場の勢いとノリが圧倒的なライブ感になるはず。もし成功すれば、絶対に忘れられない追いコンになるでしょう。

ただし、サプライズは仕掛けが大きいほど外した時の反動も大きいもの。フラッシュモブにはある種の嫌悪感を抱いている方が一定数いることも忘れてはなりません。やる側が楽しんでいるだけの一方的なパフォーマンスになってしまい、「サムい」「嬉しいというよりは引いてしまった」ということにならないよう気をつける必要はあります。その団体がダンス系・舞踊系の部活やサークルなら、フラッシュモブに対する抵抗も少ないはずなので、選択肢に入れてみてもいいのではないでしょうか。

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
1,500組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムに写真がスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックで撮って出しエンドロールを作成
・ご利用後は写真データをプレゼント

これらが全て揃って39,800円(税込)

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪