みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。


今回のトピックは、ずばり結婚式の招待状。主催者とゲストをつなぐ最初のきっかけになるのが招待状の送受なので、送る側も返す側も気をつけるべきポイントは沢山あります。ですので、今回は招待状を送る側と返す側の両方の視点から、重要な点を解説していきたいと思います。

その1となる本記事では、招待状を返す側の視点からは、「オモテ面の宛名の書き方」「ウラ面の出欠欄の書き方」「アレルギー欄の書き方」「当日、招待状を忘れた時の対処法」について見ていきます。そして次に公開するその2では、招待状を送る側の視点から、招待状の作り方(何をどういう順番で入れるか、宛名の書き方など)、招待状の届け方(手渡し、郵送)について見ていきます。

オモテ面の宛名


受け取った招待状のハガキの表面に書かれている宛名には、「◯◯◯◯ 行」と書かれていることでしょう。この「行」という文字は、招待状を送る側が自分をへりくだるために使うもの。ですからこちらから返信する際にこれをそのままにしておくと、相手に対して失礼になってしまうので、「行」を「様」に書き換える必要があるのです。それなら初めから「行」なんて書かなければいいのでは?と思う方がいるかもしれませんが、敬称の使い分けは敬意を重んじる日本語の特徴。その慣わしをしっかりと身につけておくのが大人というものです。

「行」の書き換えのやり方について確認しておきましょう。「修正液で消すと綺麗だよね」というあなた、それは甚だしきマナー違反です。相手の名前に付された「行」を修正液で白く塗りつぶすのは、「あなたの「行」という文字は間違っていたので訂正しましたよ」という意味になりかねません。ではどうすればいいのかというと、「行」の文字の上に二本の線を引くのです。こうすることで「訂正」の意味を与えずに「修正」することができるのです。なんとも不思議な風習ですね。

宛名が縦書きの場合には、右上から左下にかけて二重線を引き、「行」の真下か左斜め下に「様」を書き足しましょう。真上から真下へ二重線を引く消し方もありますが、斜めに線を引いた方がより分かりやすいと老人の間では言われているので、細やかな気遣いアピールができるのでおすすめです。しかし、宛名が横書きの場合は、横長に斜線を引くのはなんとなくきまりが悪いので、真横に二重線を引いて消しましょう。横書きの場合は、二重線を引いた「行」の右に「様」を書き足しましょう。

また、返信はがきの宛名が新郎新婦の名前だったり、新郎新婦の両親の名前だったり、一人ではなく連名だった場合には、二重線を引いて消す「行」の文字は一つですが、それに書き足す「様」の文字は必ず人数分用意しましょう。

ウラ面の出席欄


ハガキの裏面には、結婚式の出席・欠席と、あなたの名前、住所が書かれているのが一般的。出席するなら、「出席」の文字を丸で囲みます。欠席するなら「欠席」の文字を丸で囲みます。当たり前ですね。ただし出席する場合、「欠席」の文字は二重線で消すことをお忘れなく。

そして大事なのは、あなたへの敬語である「御」の部分を二重線か斜め二本線で消すこと。「御出席」「御欠席」「御住所」「御芳名」全てに付いている「御」を消すのです。「御」はひらがなの「ご」の時もありますが、やはり全て二重線で消します。また、御芳名は「芳」も敬語なので、「御芳」まで消すことに注意。横書きはがきの場合、「御芳」を縦の二重線で消すのは二重線を二つ引くことになり格好が悪いので、横の二重線で一気に消しましょう。

そして、ハガキ裏面には少しばかりの余白があるはずです。それは実は新郎新婦への一言メッセージ欄なのです。メッセージ欄が余白なのは気分的によろしくないので、「ご結婚おめでとうございます 喜んで出席させていただきます」などコメントをいれましょう。もしも欠席する場合は、この欄に欠席の理由を必ず書きましょう。「あいにく主張のため出席できません ご結婚おめでとうございます」などお祝いの気持ちも添えられるとベストですね。

ごくまれに、デザイン性に凝った招待状では、出席・欠席や住所などの項目が「Attendance」「Absence」といった感じで英語で表記されている場合がありますが、名前や住所をアルファベットで書き込む必要はありません。普通に日本語の招待状と同じように書いて大丈夫です。

アレルギー欄

せっかくの料理で体調を悪くされては困るので、最近は式場側も食物アレルギーに関しては特に注意しています。ですから多くの招待状には食物アレルギーを書き込む欄があります。

文章で記入する欄がある場合には、「卵アレルギーがあります ご配慮いただけると幸いです」などと書いて返信しましょう。ちなみに、「お祝い事に終止符を打たない」という意味合いから、結婚式の返信ハガキに書く文章では句読点は打たないのが普通です。

招待状を返信する本人でなく、家族の中にアレルギー持ちがいる場合には、「夫の○○(名前)が甲殻類アレルギーです ご配慮いただけますと幸いです」「子供の○○(名前)にエビアレルギーがあります 宜しくお願いいたします」などと書き込めばOKです。

もしかしたら、招待状によっては、「アレルギー」という単語を使用するのを避けて、「苦手な食べ物がもしありましたらご記入ください」や「お体にあわない食材がございましたらご記入ください」という書かれ方をしている場合があるかもしれません。しかし、これはやはり「食物アレルギー」のことであり、好き嫌いを聞いているわけではないので注意。単に苦手な食べ物を書いても考慮される可能性は低く、恥をかくだけでしょう。

ただし、妊娠中・授乳中でNG食材がある場合には話は別ですね。「アレルギーはありませんが現在妊娠○ヶ月のためアルコール・カフェインを控えております ご配慮いただけますと幸いです」など、ちゃんと書き込んでも大丈夫です。

返信はがきのアレルギー欄が、文章で答える形式でなく、「食物アレルギーをお持ちの方は○でお囲みください:卵・乳製品・小麦・そば・落花生・エビ・カニ」といった選択形式の場合もあります。その場合には、該当する項目を指示通り◯で囲み、メッセージ欄に「恐縮ですがよろしくお願いいたします」などひと言挨拶を記入すればOKです。

招待状を忘れた場合の対処


結婚式当日、用意したはずの招待状を家に忘れてしまった、あるいは紛失してしまった事態があり得るかもしれません。こういったときにはどうすればいいでしょうか。

結論から言うと、結婚式会場で招待状の提示が求められることはないので、持参していかなくても問題はありません。招待状に添付されたハガキを「出席」に丸を付けて返送した時点で、主催者側にあなたが出席することは伝わっているはずなので、当日、招待状が無くてもあなたの席は用意されているはずです。

ただし、招待状には式場へのアクセス、式のスケジュールなども書かれているので、その情報がないと困ることもあります。覚えているつもりでも、万が一時間を勘違いしていて遅刻なんてことになったら最悪です。招待状を紛失した場合には、一緒に出席する友人知人に連絡を取り、会場の場所や日時はしっかりと確認しておきましょう。無事会場に辿り着いた際も、招待状を紛失したことを受付に申告する必要はありません。

招待状の返信はしっかりと!

せっかく招待してもらったのだから、きちんと返信をしたいもの。細かなマナーは多いのですがもらさずしっかりチェックしていきましょう。
次の記事では、招待状を送る側のマナーややり方をご紹介していきます!

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
2,000組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムに写真がスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックで撮って出しエンドロールを作成
・投稿された写真から簡単にフォトコンテストを開催可能
・ご利用後は投稿写真データをプレゼント

これらの機能が35,000円〜ご利用が可能になります。

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪