ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


DI_IMG_5783_TP_V

ブライダルフェアを回ったり、結婚式場を見に行くと初期での見積もりを頂きます。結婚式の見積もりって見づらいですよね。各結婚式場ごとにフォーマットも違うし、プランの呼び方も違うし、ある項目を入れている入れていないなんて差異もあるもんですから、結局希望通りの結婚式でのプランをやろうと思うと最終的位はすごい金額が上がっています。なので、今回見積もりを見比べるためにも、想定以上の金額にもならないように見積もりの見方をご紹介します。

そもそもなんで結婚式の見積もりは最後に高くなるのか

509f8dd1cf323d41849591770efe428f_m

結論からいうと、結婚式場側があえてやっていると私は思っています。もちろんやりたいことが増えて〜とかバージョンアップしてて気づいたら見積もりが初期の倍!みたいなことも起こりますが、原因はそこではありません。

結婚式を挙げる際、いろいろな結婚式場を見ながら回って、外観、アクセス、雰囲気など様々な観点で検討していくわけですが、結婚式場からしたら初期費用の見積もりの段階で候補から外れることは避けたい。逆に言うとほとんど打ち合わせまで進んでしまえば結婚式側の有利になるので、初期費用=結婚式を実施できる最低限のプランで組んであることが多いです。後々ご説明していきますが「え、それって普通結婚式やるならついてるもんじゃないの?」ってものも実は含まれていなかったりするので、要注意です。

結婚式の見積もりが最後に上がるのはこれらの項目が理由です。

あくまで例です。もちろん違うプランの出し方をしている結婚式場もあるので、気をつけるポイントとして頭に入れておいてください。もちろん例外はありますが、結構定番なんで絶対チェックです。

人数で上がる

f21e36efaeeefd324a8dec351828bc2f_m

人数?と思ったかもしれませんが、結婚式の見積もりは本当に人数に比例します。食事代、テーブル装飾、飲み放題、ビュッフェ、引き出物×人数なので、人数が多ければ多いほど見積もりは上がります。ここで注意したいのは、「何人用のプラン?何人呼ぶの?本当に?」ってところです。人数を多く呼ぶことはとても素敵なことです。注意しないと行けないのは、80人くらいだと思ってって、いざ直前になったら100人位になるわ!で見積もりが急上昇するパターンが結構多いので、初期の段階で呼ぶ人数をしっかりと見立てることは見積もり比較において重要です。

料理のランクで上がる

34c7cc90eb5c2bb3a74f9f45d13f993b_m

料理のランクです。料理のランクはおよそ3から5パターン用意されていますが、結構一番下のプランやその次のプランで見積作成されている場合が多いです。先程も書きましたが料理は結構インパクトが大きいので、2,000円違いのプランでも100人呼べば20万違いますからね。料理の中身は知らずとも、どのランクのプランが入っているかは注意しましょう、

お酒の種類で上がる

76b672c09d676d20a90e7e8b943d25ea_m

こちらも飲み放題プランで「ひとりこの金額です」といわれるものの、実はノンアルはウーロン茶しかなかったり、ビールなかったり、カクテルなかったり、、、カクテル追加すると「一人当たり300円アップですー」とか平気で行ってくるので要注意です。(笑)

ウエディングケーキで上がる

f6e8fc4b4513da95473cd8c3b541c11c_m

会場によりますが、こちらも実は人数に比例するんですよっていうところと、初期の見積もりのケーキはまぁシンプルです。チェーン店のケーキを大きくしたのかな?みたいなものも多く、リボンをつけると+○万、段を増やすと○万となっていくので、その覚悟は持っておきましょう。

装花で上がる

b20c777549e013b43c79cda02640464d_m

これもケーキ系ですね。初期見積はすごいシンプルです。というか「ほぼない。」みたいな感じです。花に全くこだわりのない私でも流石にさみしいなって思いました。花系で初期の見積もりから数十万アップは普通です。

写真・映像で上がる

f580e22c4386abc2fda9ae917ecbb37f_m

そのプランに動画カメラマン含まれてますか?データで納品してくれますか?エンドロール作ってくれますか?カメラマン一人で大丈夫ですか?アルバムの質は大丈夫ですかといったところは要注意です。

親族の衣装で上がる

01

http://wedding.rakuten.co.jp/

これも大体入ってないですね。両親×新郎新婦で4セット必要なので、平気で数万かかります。

メイク系で上がる

MS251_kosumeviewr_TP_V

結構盲点です。もちろん1回目はやってくれますけど、式から披露宴でのヘアメイク、お色直しのヘアメイク、終わって二次会行く前のヘアメイクなど結構ヘアスタイル変えるのですが、これらが含まれていることはほぼないです。当たり前ですね。打ち合わせもしていないので

引き出物系で上がる

5e5e7c2e7784c4cec4f1a1111f68410f_m

忘れがちですが、結構単価高いんです。一人あたり5,000以上で、上司やお世話になった方にはもっといいものを送ったりするので、非常に金額内で占める割合は増えてきます。が、初期見積には掲載されていないか、このレベルは送れないっしょというようなものが多いです。。。

オススメ記事

結婚式のお金のことに悩みがあるならこちらの記事も人気です。

最後に

一番大事なことは「見積もりは上がるものである」と最初から腹をくくっておくこと。初期見積もりがでたらこの2倍位かって思っているくらいの方がいいです。想定よりも下回る分には全然OKなので。逆に絶対ダメなのがその値段でできると思って決めてしまうことだけは避けましょう。

ふたりらしい結婚式がつくれるアイテム通販サイト!

Marry.Gift Store(マリーギフトストア)は「ふたりらしい結婚式が、つくれる。」をコンセプトに、オープニングムービーやプロフィールムービー、似顔絵のウェルカムボードなど新郎新婦様の魅力がたくさん伝わるアイテムをご用意しております。

また、ゲストの皆様も一緒に楽しめる演出サービスのMarry.Gift(マリーギフト)が最大の特徴で、大型モニターにゲストの皆様が投稿した写真が表示されたり、その写真を使ってフォトコンテストをしたり、エンドロールを自動作成できたりします。

ぜひご覧ください!