MarryGiftStoreおすすめ商品

万が一結婚式を延期した場合のベストな対応とは?招待状は二度送る?

今年は新型コロナウイルスの影響により、結婚式の延期を決断したカップルが多数いらっしゃいます。結婚式は一つの空間に多くの人が集まるので、感染拡大を防ぐためには仕方のない決断です。今回の記事では、結婚式の延期を考えている方に向けて、「式場のキャンセル料」「2度目の招待状の書き方」「準備期間にできること」の3点について紹介していきます。

キャンセル料はどうなる?

延期を検討するうえでまず気になるのが、キャンセル料金が発生するのか否か。コロナという緊急事態においては、式場の対応も様々なようです。ここでは、実際にあったケースをいくつか見ていきましょう。

5月に挙式予定だったが、4月に延期をプランナーに相談した。「延期代不要とされる期間は8月まで」と提示され、翌年に挙式を行うには、式場の半額が延期料金として発生すると言われた。粘って交渉を続けると、延期料金が大幅に値下げされ、最後には無料になった。

5月に挙式予定で、4月に延期を決断した。式場側の特別措置により延期代はかからず、式当日にお願いしていたカメラマンのキャンセル料が4万円だけ発生した。延期日程を来年の1月から2月の間でゆとりをもって調整させてもらったので、式場の対応には満足している。

7月に挙式予定で、緊急事態宣言が発令されてすぐに延期を決断した。「式当日から90日を切っているためキャンセル料は発生する」の一点張りで、結局翌年の7月に挙式することを条件に、50万円を支払うことになった。

式場の厚意で、2021年3月中までは無料で延期可能だった。負担したのは、招待状の再手配の費用のみだった。

悲しいことに、式場のキャンセル代・延期代に関してトラブルになってしまったケースも発生しているようです。式場側も売り上げが激減しているので、事情が事情ながら対応が難しいのも現実。ただし、式場側もマニュアルがあるわけでないので、延期料金を提示されても交渉を頑張る価値はあると考えられます。 とにもかくにも、まずは式場との契約を確認しましょう。延期を決めた日が挙式を予定していた日から何日前なのかでキャンセル料が変わってくるため、とくに目を通すべきは解約期日です。万が一トラブルになってしまった場合は、第三者として「独立行政法人 国民生活センター」やマイナビウェディングサロン、フリーのウェディングプランナーなどへ相談してセカンドオピニオンをもらうことをおすすめします。

招待状の書き方は?

結婚式を延期することになり、新しい日時が決まったら、改めて招待状を出したほうが決まりがいいですね。コロナにより延期した場合、2度目の招待状の文章はどのように書けばいいでしょうか。ゲストには安心感を持って来場してもらいたいので、感染対策をしっかりと行っているとを文面でアピールすることがポイントになります。

謹啓 ○○の候 皆様にはますますご清祥のことと お慶び申し上げます
●年●月●日の開催としてご招待申し上げた 私どもの結婚式は 新型感染症の感染拡大リスクから 延期することにいたしました
ご出席のご連絡をいただいていた皆様には 深く御礼とお詫びを申し上げます
過日 延期のご案内をしておりましたが 結婚式は改めて●年●月●日に行うことになりました
この日程でご出席が難しい場合は お電話 メール等でご連絡をいただければ幸いです
なお 今後の状況次第では延期または中止も想定しております 今後 予定の変更などがあれば個別に連絡させていただきます
当日 会場では皆様の健康を第一に考え 以下のような感染防止策を徹底させていただきます
1 アルコール消毒液・除菌シートの設置 2 館内消毒・換気 3 接客スタッフのマスク着用・検温
式当日では 皆様にお集まりいただき 素敵な時間を過ごせることを 心より願っております

こちらをひな型に考えてみてください。

今だからこそできることとは?

結婚式が延期になるのは悲しいことですが、前向きにとらえると、式に向けた準備期間が長くなるということでもあります。せっかくできた時間を有効活用する方法について、実際の声をまとめてみました。 ・結婚式のDIYアイテムをよりこだわって作れる ・ダイエットに励む ・ウェディングドレスに合うように髪を伸ばす ・歯のホワイトニングと歯列矯正をする ・結婚貯金を蓄える ・和装で前撮りをした ・出産を控えていて出席できなかった友達ができるようになった このように、自分磨きをしたり、理想的な結婚式に向けて余裕をもって準備ができたりと、悪いことばかりでもないようです。コロナ禍の今に挙式を行うには、感染リスクを踏まえた特別な配慮が必要になるので、そのための準備も必要になります。中には、オンラインを利用した結婚式の準備を進めているというカップルもいるようです。

まとめ

以上、「式場のキャンセル料」「2度目の招待状の書き方」「準備期間にできること」の3点について紹介してきました。新型コロナウイルスの感染拡大については予断を許さない状況が続き、影響の長期化が懸念されています。結婚式を控えたカップルにとって悩ましい現状ではありますが、今こそ二人の絆が試されるとき。健康に気を付けつつ、できることをやっていきましょう。
MarryGiftStoreおすすめ商品
TOPへ戻る