MarryGiftStoreおすすめ商品

あなたは誰とする?中座のエスコート役は誰に??

ほとんどの方の披露宴で取り入れられているお色直し。 お色直しのために披露宴会場を一度退場することを中座と言いますが、まずは新婦が、そして時間を置いて新郎が中座します。 その中座の際に誰かにエスコートしてもらう演出が人気!司会者からの発表もあり、ゲスト皆さんの前に立つ目立つ演出なので、卒花さんたちは特に感謝を伝えたい人などを指名するパターンが多いようです。 是非参考にしてみてくださいね。

中座のエスコート役の発表は4パターン


まず中座のエスコート役を発表する方法は2通り×2通りの4パターンがあります。

事前に言うかサプライズか

中座のエスコートですが、エスコート役の当人には当日・その場まで言わない事が多いです。 特に準備することもないですし、しっかりとおめかしをしてきているはずなので、サプライズ指名でもOKですね。

司会者からか本人からか

もう一つは司会者からか本人からかの2パターンに分かれます。 司会者から「本日の新婦様の中座のエスコート役は大好きなお母さんです〜」か、司会「新婦様から中座のエスコート役はどなたにお願いしますか?」新婦「大好きなお母さんです!」という2パターンあります。 こちらについては好き嫌いもありますが、本人から読んであげるとエスコート役も喜ぶでしょう。

中座のエスコート役は誰に


家族婚の男性 さて、気になるエスコート役ですが、その手があったか!という組み合わせもあります。是非参考にしてみてくださいね。

お母さんに中座のエスコート役をお願い

一番多いのは新郎新婦ともにお母様です。 いままで育ててくれた感謝の気持ちを込めて一緒に歩きたいとおもう新郎新婦が多いようです。 とくにヴァージンロードはお父様と歩きますが、お母様はあ歩きませんからね。是非この機会にご指名してみては?

兄弟姉妹に中座のエスコート役をお願い!

次に多いのは兄弟姉妹です。 2人兄弟であれば2人で、3人兄弟であれば主役を挟んで3人で中座するのも素敵でしょう。 また、2人兄弟の場合は兄弟姉妹+お母様というパターンもあるそうですよ!

祖父母に中座のエスコート役をお願い

そして、会場全体がほっこりするのはおじいちゃんおばあちゃんですね。 孫の結婚式に出席できるなどきっと夢のような時間だと思いますが、更に喜んでもらえたら良いですね! おじいちゃん子おばあちゃん子にはオススメの演出です。

新婦が新郎の父に中座のエスコート役をお願い

結婚式のファーストダンス こちらは面白いエスコートだなぁと思いましたが、新婦が新郎の父と歩くという演出。 特に新郎家族が男兄弟の場合は花嫁と歩く経験は自分の結婚式以来できないので、一生の思い出になるでしょう。 それに新婦と新郎親族と一気に距離も縮まって、これからの家族での付き合いも楽しくなるかもしれませんね!

親友に中座のエスコート役をお願い

そして、新郎新婦ともに多かったのは親友です。 特に新婦の方は親友お一人を、新郎の場合は団体を呼び、胴上げしてもらいながらや騎馬戦の体型を組んだりとユニークなエスコートも人気です。

中座エスコート役のご指名は言葉はなくても感謝の気持ちの伝え方


エスコート役に対しては感謝の言葉や手紙はありませんが、「みんなの前であなたと一緒に並んで歩きたい」という意思表明は感謝の気持ちの表し方の一つではないでしょうか。
MarryGiftStoreおすすめ商品
TOPへ戻る