MarryGiftStoreおすすめ商品

ブライダルフェア参加時の服装ポイントと落とし穴!あると便利な持ち物も

いよいよ彼との結婚も決まり、結婚式場を探すぞっていったときにかならず行くブライダルフェア。 でもいくら当日ではないといえ、結婚式場に私服で行くとなるとどんな服を着ればいいか迷います。 そこで今日はブライダルフェアに参加するうえでの服装とあると便利な持ち物についてご紹介します。

ブライダルフェアの服装は私服でOK


あくまでフェアであり、下見であるので結婚式に参列するときのようにおめかしをしていく必要はありません。 普段通りの街でデートするくらいの感覚の服装でOKです。 ただ、歩いて会場内をまわったりすることもあるので、歩きやすい靴、長時間たっていても疲れない靴の方が足の痛みに気を取られずにゆっくりと見ることができるでしょう。

格式高いホテルは要注意

いくらなんでも良いとはいえ、ホテルなどの場合はサンダルやタンクトップでの入場をお断りされる場合もあります。 私服ならなんでもOKといいつつもTPOは守ってブライダルフェアに参加しましょう。

模擬挙式などを行う場合はドレスコードがある場合も

ブライダルフェアの中には披露宴の空気を体験できる模擬披露宴などを開催していることがあります。 そういった場合はハウスウェディングの式場でもジャケット着用などのドレスコードがある場合がありますので、予約の際は必ずチェックしていきましょう。

ブライダルフェアでウェディングドレスの試着がある場合


ブライダルフェアでウェディングドレスの試着 ブライダルフェアではドレスの試着会を行っている場合もありますが、このときはより注意する必要があります。

ブライダルフェアでドレスを試着するなら靴下・ストッキングを

ウェディングドレスを試着する際に意外に忘れがちなのが足元。 靴は式場から典型的な靴を借りることができますが、裸足で履くことのないように靴下やストッキングは必ず用意していきましょう。 丈の短いドレスなどでなければ靴下は見えないので、柄などはそこまで気にする必要はありません。

下着は肩紐がないものがオススメ

ドレスを試着する際はほとんどの形のものが肩や背中を露出することになります。 その際に一般的な下着を着けていると肩紐が出てしまいちょっと恥ずかしいことに。 ドレスの試着があるブライダルフェアに行く際は肩紐のないタイプのものを着用することをおすすめします。

脱ぎやすい・着やすい服装がオススメ

またこちらは当たり前のことですが、ドレスの試着には少々の時間を使います。 そこで私服まで着づらい・脱ぎづらいとなると貴重な見学の時間を無駄にしてしまうので、ラフになりすぎなように脱着しやすい服装をおすすめします。

あると便利な持ち物


基本的には手ぶらでいっても大丈夫なブライダルフェアがほとんどですが、せっかく見学するなら持っていったほうがよいものもたくさんあります。
  • 大きなカバン or 資料を入れるための手提げ
  • カメラ (スマホでOK)
  • 電卓(スマホでOK)
  • ノート(スマホでOK)
  • モバイルバッテリー
  • 筆記用具
  • 手帳・スケジュール帳
  • 他の式場の資料・見積書
  • ハンカチ・ティッシュ
  • エアコンがきついところもあるので、カーディガンや防寒具
  • 紫外線対策(ガーデンウェディングなど)
最近ではなんでもスマートフォンで代用することができますね。 メモも写真も電卓もスマホで完結できますが、意外に落とし穴なのが充電切れ。 スマホでバシバシ写真を撮ろうと思っていると意外にすぐバッテリーがなくなるので、しっかりとモバイルバッテリーを持って会場に行きましょう!
MarryGiftStoreおすすめ商品
TOPへ戻る