MarryGiftStoreおすすめ商品

意外な盲点!会費制結婚式で会費を渡す時のマナー

結婚式に参加する際に、どのくらいの額のご祝儀を持って行こうか迷う人も多いでしょう。 しかし、世間では、ご祝儀制の結婚式だけではなく、会費制の結婚式も行われています。 会費制の相場に関しては、ご祝儀制の相場ほど高くありません。そのため、参加者にとってはありがたいですよね。 また、新郎新婦側も、会費制ならではのメリットを得ることができます。そのため、今後はこういったタイプの結婚式が増えていくかもしれませんね! さて、そこで気になるのは、会費制結婚式において会費を渡す時のマナーではないでしょうか。 ご祝儀制の結婚式でご祝儀を渡す時のマナーとは異なる点もあるため、これを機に知っておきましょう。

NG例①シワが入ったお札を渡すこと


会費を渡す日に向けて何の準備もしてこなかったがために、とりあえずシワの入ったお札を渡してしまったというケースもあるかもしれません。しかし、これについてはマナー違反ということになります。 結婚式というお祝い事で渡すお金ですから、シワの入ったお札というのは失礼に当たるのです。 そのため、財布にたまたま入っていたお札を会費として出してしまうというのは避けた方が無難です。

NG例②ご祝儀袋に入れて渡すこと!?

結婚式の新郎新婦 結婚式などのお祝い事では、ご祝儀袋にお金を入れた上で渡すことが普通ですよね。 むしろ、それが一つマナーとして知られています。そのため、会費制の結婚式でも、ご祝儀袋で会費を渡してしまう人がいます。 しかし、会費制であれば、お札をそのまま渡すということで構いません。 なぜなら、会費制の場合、金額があらかじめ決まっているからです。 ご祝儀袋に入れて渡してしまうと、ご祝儀袋からお金を出して金額を確認するという作業を受付の人がしなくてはならなくなるため、はっきり言って手間ですよね。もちろん、ご祝儀袋に入れて渡すことがあからさまに失礼ということではありませんが、受付の人にもしっかり配慮することが大切ですね。

ベストな例:会費ピッタリの額の新札を渡す!

会費制の結婚式で会費を渡す場合、ピッタリの額の新札を渡すというのがベストな例となります。 まず、会費ピッタリの額を渡すことにより、受付の人の負担が軽減されます。お釣りを渡す手間が省けるということですね! 大勢の人が参加するという盛大な結婚式の場合には、受付の人も何かと忙しいです。そのため、会費ピッタリの額を渡すという心配りは大切です。この点は、先ほどのNG例②で説明したポイントと同様ですね。 また、新札を用意しておくという点についても大切なポイントです。 新札というのは、発行されてから一度も使用されていないお札のことを言います。 このようなお札の方が、しわしわのお札よりもはるかに印象が良いですよね。 しかし、新札の用意が難しかったというケースもあるかもしれません。その場合は、ピン札を渡すといいでしょう。なぜなら、新札とピン札の違いはほとんどないからです。

会費についてのマナーを理解して結婚式に臨もう!


結婚式の二次会 結婚式では、色々なマナーについてわきまえる必要があります。会費を渡す際のマナーについてもその一つです。 会費制の場合はご祝儀制と違い、ご祝儀袋を用意しないのが普通です。そのため、そこに気楽さを感じてしまい、渡すお札について何もこだわらない人もいます。 確かに、新札であろうとシワシワのお札であろうと、お金としての価値に違いはありません。 しかし、知人の晴れ舞台である結婚式に参加するということですから、新札やピン札を事前に用意しておくくらいの心配りが大切ではないでしょうか。
MarryGiftStoreおすすめ商品
TOPへ戻る