MarryGiftStoreおすすめ商品

挙式披露宴会場の4タイプのメリット・デメリット【ブライダルフェアに行く前に】

カップルにとって、挙式という言葉を聞くとわくわくしますね。 しかし、挙式の意味や、どのような会場で行えばいいかなど、意外にわからない点が多いと思います。そこで、4つの会場タイプとそれぞれのメリットデメリットを中心に見ていきましょう。

そもそも挙式とは?

挙式とは、「これから夫婦として道を歩んでいきます」という誓いのための儀式です。 そのため、とても意義のあることですね!挙式と披露宴を同一視する人もいますが、それは少し違います。 披露宴については、結婚したことを友人や知人にお披露目するパーティーを意味しています。そのため、挙式と披露宴は区別されます。 ただ、いつでも「挙式+披露宴」という表記せず、挙式の中に披露宴が含まれるものとして挙式費用のPRをしているケースも多くあります。

挙式会場1:専門式場

専門式場は、結婚式のための建物と言えます。その点では、結婚式に一番フィットした会場ということになります。

メリット

特筆すべきメリットは、スタッフ全員がブライダルのプロだということです。そのため、理想の結婚式を追求するにあたって相談に乗ってもらうことができます。 この点はとてもいいアドバンテージではないでしょうか。 また、結婚式を専門にしていることから、様々な導線(ウェイティングルームから披露宴までの行き方や挙式から披露宴までの行き方など)がしっかりとしており、挙式前にみなさんにドレス姿を見られてしまう…退場の仕方が違和感があるなどが起こりづらいです。

デメリット

専門式場によっては、1日に何度も挙式が行われます。そのため、他のカップルと鉢合わせてしまう可能性もあるんです。また、良くも悪くもありきたりな印象を受ける内観だと思いますので、特別感のある会場という印象は受けないかもしれません。

挙式会場2:ホテル

ホテルであっても、挙式プランを用意しているところは多いです。

メリット

特筆すべきメリットは、宿泊施設としての機能が充実している点です。 ホテルなので当然ですが、他のタイプの会場だとホテルほどの宿泊サービスはありませんよね。 ゲストにも充実した設備の中で宿泊してもらうことができますし、とても大きなメリットでしょう。 またリッツ・カールトンなどハイクラスのホテルは結婚式場としても非常に人気で、ブランドや式場の格を意識したい新郎新婦はホテルを中心に検討するのが良いでしょう。

デメリット

ホテルを式場に選ぶカップルは多いため、場合によっては時間制限が厳しい中での挙式になるでしょう。次の時間帯に挙式を行うカップルがいるかもしれないということですね。 時間通りに進行できればいいのですが、多少の乱れが生じる可能性がありますので、その辺りを踏まえてシミュレーションする必要があるでしょう。

挙式会場:レストランウェディング

最近増えてきたレストランウェディング。もちろんメインは料理を食べるところですが、挙式披露宴に対応しているところもあります。

メリット

レストランですから、とてもクオリティの高い料理が提供されます。 もちろんホテルなども良い料理を出してくれますが、コストパフォマンスとしてレストランウェディングは高いと言われています。 プラン内容の中で特に料理を重視したいということであれば、レストランを式場に選ぶことがベストだと思いますよ。

デメリット

レストランは本来式場のための施設ではありません。 そのため、控室や待合室が狭いと感じるケースが考えられます。 専門式場であれば当然に期待できる設備がないという可能性を踏まえておかなくてはなりませんね。 またよくある披露宴の丸机ではなく、長机のことも多いので要チェックです。

挙式会場:ゲストハウス

メリット

ゲストハウスの場合、貸切という形になります。そのため、別のカップルと鉢合わせることはありません。また、ガーデンやプールを備え付けているゲストハウスも多いですので、とてもリッチな時間を過ごすことができると思いますよ。

デメリット

ゲストハウスの場合、駅から遠いケースがあります。そのため、アクセス面の問題でゲストに負担をかけてしまうかもしれません。

まとめ

この記事では、挙式の意味と、4つの会場の特徴について見てきました。 どの会場で挙式を行うかという点は、とても重要なことです。そのため、それぞれの会場の特徴をしっかりと踏まえた上で、どこを選ぶのがベストか考えておくといいでしょう。 もちろん、ゲストを招待するのであれば、ゲスト一人ひとりのことも十分に配慮したいですね。
MarryGiftStoreおすすめ商品
TOPへ戻る