MarryGiftStoreおすすめ商品

結婚式のボレロスタイルの注意点とコーデいろいろ!花嫁には「ボレロ付きウェディングドレス」も!

結婚式のお呼ばれスタイルにボレロってどうなの?皆さんは、ファッションアイテムの「ボレロ」を使ったことはありますか? 今回はボレロのメリット、注意点、そしてお呼ばれボレロスタイルいろいろをご紹介します。 また最後には、ボレロ付きウェディングドレスの画像もご紹介しますので、ドレス選び中の花嫁も必見です!

ボレロのメリット

肌の露出を抑えられる

結婚式では肌の露出はなるべく少なくというマナーがあります。 ボレロを羽織れば肩や腕を簡単に隠すことができ、露出を少なくすることができます。

防寒になる

冬の寒い時期の結婚式にボレロは大活躍です。厚手のものを羽織ればより暖かくできるでしょう。 ドレスは基本薄着なので、暖かくしていくことが最後まで笑顔でお祝いするためにも大切です。

コーデの印象を変えられる

例えば、可愛らしすぎるかな…?と思うドレスでも、上品なボレロを羽織れば、適度な可愛らしさのある上品コーデにできます。 逆に大人しすぎるドレスには、華やかなボレロを合わせるとちょうど良いですね。 せっかくのドレスを活かして全身の印象を変えるのに、ボレロは役立ちます。

ボレロの注意点

①派手な柄物、原色、キラキラは避ける

結婚式では基本的に、花嫁より目立たないようにするべきです。 そのため、派手な柄物のストールは避けましょう。 また原色の赤や黄色、蛍光色などの目立つ色、スパンコールなどのキラキラしたものも控えたほうが良いです。

②ファー素材はできるだけ避ける

ファー素材は「殺生」を連想させるため、お祝い事にはマナー違反とされています。 最近は気にしない人も増えているため、カジュアルな結婚式や二次会では問題ないかもしれません。 ただ、フォーマルで格式高い結婚式では避けたほうが良いでしょう。

③全体的に白っぽく、または黒っぽくならないようにする

白や黒のドレスはNGとされていますが、白や黒のボレロ自体は問題ありません。 ただ気をつけたいのは、白に近い淡いドレス+白のボレロだったり、黒に近い濃いドレス+黒のボレロだったりすると、パッと見全身が白衣装or黒衣装に見えることがあります。 できるだけ、淡い色のドレス+白以外のボレロ、濃い色のドレス+黒以外のボレロで合わせたほうが、コーディネート的にも良いでしょう。

オシャレなボレロ画像いろいろ♪

ここからは、いろいろなお呼ばれスタイルのボレロ画像をご紹介します!

人気のバラボレロ

バラは華やかで、結婚式にぴったり♪

透け感の美しいレースボレロ

細やかな模様が素敵なフラワーレースボレロ

ほどよい透け感は全体のスタイルをおしゃれに見せます。

フォーマルなカチッとボレロ

仕事関係の人が集まるなら、フォーマルさを重視で。

ふわふわのあったかボレロ

MarryGiftStoreおすすめ商品