MarryGiftStoreおすすめ商品

出産祝い金って?いつ、どのくらい、どんなふうに贈ればいいの?

近しい人に子供が生まれると、自分のことのように嬉しいですよね。しかし同時に気になるのが、「出産祝い金ってどうすればいいの?」という点。今回は、この出産祝い金についてご紹介します。

出産祝い金の相場

出産祝い金の相場は、以下の通り。

兄弟:1~3万円 いとこ:5000~1万円 親戚:3000~5000円 友人:5000~1万円 会社関係:3000~1万円 子供:3~10万円 孫:1~10万円

ここから大きく外れることがなければ、失礼にはなりません。

出産祝い金とご祝儀袋

日本では、現金をそのまま渡すのはあまりよくないマナーとされています。ですからきちんと、ご祝儀袋に入れましょう。 出産は何度起きてもいいおめでたいことなので、紅白で蝶結びタイプを選びます。 上の段には「祝 御出産」「ご出産祝い」など何のお祝いかをわかるように書きます。下には自分の名前を書きましょう。夫婦で送る場合は夫は右、妻が左側になるように書きます。 会社関係で複数名で贈るなら「株式会社○○ 制作部制作課 一同」などとするといいでしょう。友人何人かで贈るには、「友人一同」でOKです。 中袋には、入れた金額を書きます。「金 〇萬円」といった感じで書きましょう。そして名前と住所もお忘れなく。

出産祝い金を贈る期限

基本的には、赤ちゃんが生まれてから7~30日の間に贈ります。もし地理的に近ければ、直接渡すのがベスト。その際、風邪気味や病気にかかっている日はやめましょう。抵抗力の低い赤ちゃんに移ると、重症化するケースもあります。

正しく出産祝い金を贈る

出産というのは、とてもおめでたいこと。「おめでとう」という気持ちを表すのに、出産祝い金は役立ちます。ぜひ正しい渡し方で贈りましょう。
MarryGiftStoreおすすめ商品
TOPへ戻る