【2024年最新】結婚式のご祝儀の相場とマナー完全ガイド

結婚式に招待された際に、誰もが気になるのが「ご祝儀の相場」です。この記事では、2024年の最新情報をもとに、友人・親族・同僚ごとに異なるご祝儀の相場を詳しく解説します。また、ご祝儀を渡す際のマナーや注意点についても触れます。結婚式に招待された方は必見です!

ご祝儀の基本的なマナー

ご祝儀は新郎新婦へのお祝いの気持ちを表す重要な贈り物です。以下のポイントを押さえておきましょう。

新札を用意:汚れたお札や古いお札は避け、新しいお札を用意しましょう。
ご祝儀袋の選び方:デザインや飾りが豊富なご祝儀袋ですが、格式のあるものを選ぶことが重要です。
表書きと中袋の書き方:表書きには「寿」や「御祝」と書き、内袋には金額と自分の名前を書きます。

お札の向き

正しい向き:お札を入れる際には、人物の顔がご祝儀袋の表側(表書きの側)に向くようにします。具体的には、お札を横向きにしたとき、人物の顔が上側に来るようにします。

ご祝儀の渡し方

ご祝儀を渡す際には、以下の点に注意しましょう。

ご祝儀は、新郎新婦の受付で直接渡します。
ご祝儀を渡す際は、一言お祝いの言葉を添えます。
ご祝儀は、両手で渡します。

    友人・親族・同僚ごとのご祝儀相場

    ご祝儀の相場は招待された相手との関係性によって異なります。以下に、一般的な相場をまとめました。

    親族・兄弟姉妹: 3万円~10万円
    友人・同僚: 3万円~5万円
    上司・部下: 3万円~5万円
    取引先: 5万円~10万円
    恩師: 3万円~5万円

     

      地域別のご祝儀相場の違い

      ご祝儀の相場は地域によっても異なります。以下にいくつかの地域の相場を紹介します。

      東京: 3万円~5万円
      大阪: 3万円~5万円
      名古屋: 3万円~5万円
      福岡: 3万円~5万円
      北海道: 3万円~5万円

      ご祝儀の金額を決めるポイント

      ご祝儀の金額を決める際には、以下のポイントを参考にしましょう。

      新郎新婦との関係性: 親しい間柄であれば、高めの金額を包むのが一般的です。
      結婚式の内容: 豪華な結婚式の場合は、高めの金額を包むのがマナーです。
      自分の経済状況: 無理のない範囲で包みましょう。
      地域: 地域によっては、一般的な相場よりも高めの金額を包む場合があります。

        ご祝儀袋の選び方と書き方

        ご祝儀袋の選び方:百貨店や専門店で購入する場合は、店員に相談して適切なものを選びましょう。
        表書きの書き方毛筆筆ペンを使い、「寿」や「御祝」と書きます。
        中袋の書き方:中袋には金額(漢数字)と自分の名前を記載します。

        ご祝儀の豆知識

        ご祝儀の数は、奇数とされています。
        ご祝儀の金額は、数字の「4」や「9」を含む金額を避けるのが一般的です。
        ご祝儀は、袱紗(ふくさ)で包むのがマナーです。

        ご祝儀に関するよくある質問

        Q1:新札を用意できなかった場合はどうすればいいですか?
        A1:できるだけ新札を用意するのが望ましいですが、どうしても用意できなかった場合は、綺麗なお札を選びましょう。または、シワのあるお札をきれいにする方法が動画で紹介されておりますので参考にしてみてください。


        Q2:ご祝儀袋に入れる金額は奇数が良いと言われるのはなぜですか?
        A2:奇数は「割れない」ことを意味し、縁起が良いとされています。

        最後に

        結婚式のご祝儀は、相手との関係性や地域によって異なるため、事前に相場を確認しておくことが大切です。この記事を参考に、適切なご祝儀を準備して、素晴らしい結婚式を迎えましょう!

        この記事をSNSでシェア
        MarryGiftStoreおすすめ商品