Posts filter by 招待状

簡単に結婚式の招待状が作れる!WEB招待状を作れるサイトを紹介します!

簡単に結婚式の招待状が作れる!WEB招待状を作れるサイトを紹介します!

無料で手軽に作ることができたり、簡単にゲストの出席・欠席が管理できたりと、なにかとメリットの多いWEB招待状。紙よりコストも手間も圧倒的に抑えることができるため、注目されています。そんなWEB招待状ですが、一体どのようなサイトで作ればいいのでしょうか。今回は、WEB招待状を作ることができるおすすめのサイトを紹介します! WEB招待状とは WEB招待状とはもともと、葉書などを使って郵便でやりとりしていた結婚式の招待状を、WEB上で利用するというものです。日にちや時間、場所をゲストに伝えて、出欠を確認するのが招待状ですが、紙の場合はなにかとやることが多くて大変ですよね。式に関する詳細情報や返信用ハガキを用意したり、ゲストそれぞれの名前や住所を書いたり、切手を貼ったりして郵送し、また返ってきたら出欠の確認など、非常に手間と時間がかかります。 一方、WEB招待状は、ネット上の専用サイトで好みのデザインを選んで、写真や必要なメッセージを入れるだけ。さらに出欠の状況なども、スマホやパソコンですぐに確認することができるんです。つまり、招待状を送るまでに、必要な制作、郵送、出欠の確認、当日の式に関する案内など、ゲストを式に招くまでに必要な役割が全て一つになったものといえます。 おすすめのWEB招待状が作れるサイト WEB招待状がとても便利だということをお分かりいただいたところで、早速、おすすめしたいWEB招待状を作ることができるサイトを紹介していきます。 楽々WEB招待状 楽々WEB招待状は、現在のWEB招待状サービスのサイトの中ではNo.1の人気です。無料で、ほとんどの機能を使うことができます。二次会などの参加費をクレジットカードなどで事前決済できる機能のみ手数料がかかりますが、2%と他のサイトに比べてとかなり良心的です。 デザインも豊富で、60パターンの中から選ぶことができます。出欠を確認する機能にも「保留」する機能があったり、エクセル形式にして名簿をダウンロードできるなど、たくさんの便利機能があります。ほぼ無料ですし、事前決済の手数料も安く便利な機能もたくさんあるので、どのサイトを使うか悩んだ場合はここを使うのがおすすめといえます。さらに楽々WEB招待状は二次会向けのサービスが充実しています。 無料でプロのカメラマンに来てもらって、写真撮影も可能です。写真を購入する場合はお金がかかりますが、写真が気に入らなかった場合は購入しなくて問題ありません。それから、二次会で着る用のドレスも無料でレンタルできるサービスがあるのでチェックしてみてくださいね!...
on June 04, 2021
慶事用だけじゃない!結婚式招待状に使えるオリジナル切手をご紹介

慶事用だけじゃない!結婚式招待状に使えるオリジナル切手をご紹介

招待状を郵便でゲストに送るためには、当然、切手が必要です。せっかくこだわって作った招待状ですから、切手も特別感あふれるものを使いたいですよね。実は、招待状に貼る切手には慶事用のほかにもさまざまなものがあるんです。 そこで今回の記事では、最近話題のオリジナル切手を含めて、結婚式招待状におすすめのおしゃれな切手についてご紹介していきます。切手選びにマナー的な決まりは特にないので、自分たちがこれと思うものを使ってほしいと思います。 慶事用切手 まずは定番の慶事用切手。お祝いごとに使う切手として最も普及しており、およそ7割以上の花嫁花婿が慶事用切手を招待状に使っています。郵便局やコンビニでも購入が可能で、慶事・吉祥のシンボル「松竹梅」がデザインされた三種類が一般的です。日本の伝統感・和の要素が強めで改まった印象を与えるため、目上の方に送っても安心です。 キャラクター切手 郵便局の切手には人気キャラクターがデザインされたものもあります。郵便局のキャラクターぽすくま、ミッフィー、ぐりとぐら、熊本県のご当地キャラくまモン、ハローキティ、スヌーピーなど様々なキャラクターとコラボしていて、ポップなデザインで使いやすいので、お気に入りのものがあれば採用してみるのもいいですね。 グリーティング切手 グリーティングとは「あいさつ」の意味で、グリーティング切手は、様々な節目のあいさつ用に使える切手をさします。植物や鳥をモチーフにしたものが多く、季節を感じられるデザインになっています。慶事用切手の強めな和風感が苦手な方はこちらを使うことが多いです。 スイーツ切手 「切手×カフェ巡り」をテーマに、郵便局が雑誌「BRUTUS」とコラボして作った、様々なスイーツデザインの切手です。千駄ヶ谷「トラヤカフェ・あんスタンド」のあんトースト、銀座「資生堂パーラー」のストロベリーパフェ、銀座「若松」の元祖あんみつ、神宮前「カフェ香咲」のホットケーキ、丸の内「東京會舘」のマロンシャンテリーなど、実在する東京スイーツが使われています。...
on November 06, 2020
アレルギーやベジタリアンに配慮した料理を結婚式で出すためには?

アレルギーやベジタリアンに配慮した料理を結婚式で出すためには?

近年食物アレルギーをもつ人がとても増えています。その原因は定かではありませんが、食生活の変化や環境の変化など、様々な要因があると言われています。食物アレルギーがあると日々の食生活に制限があり、程度は人それぞれですが通常の食事がとれない場合が多いです。 卵、乳製品、小麦、甲殻類、果物……披露宴で出される豪華な食事には、食物アレルギーの原因となる食品が多く含まれています。また、アレルギーに限らず、ベジタリアンや宗教的な理由で特定の食べ物が食べられない方がゲストにいらっしゃった場合、どうしたらいいのでしょうか。今回の記事では、結婚式を行う際、そういった方に配慮するためには気を付けるべきポイントについて解説していきます。結婚式に来てくれたゲストに、気兼ねなくごちそうを楽しんでもらいましょう! アレルギーをゲストに確認する まずは、ゲストの中に食物アレルギーを持っている方がいるかどうかを確認します。アレルギーの確認は通常、招待状のやり取りによって、出席・欠席の確認と同時に行います。 招待状に同封する返信ハガキには、アレルギーの有無を選択する欄、そしてアレルギーを持っている場合はそのアレルゲンとなる具体的な食材を記入する欄を必ず設けましょう。 返信ハガキを読み、アレルギーを持っているゲストが確認したらそれで終わりではありません。アレルギーの程度によって、少しの量なら食べても問題ない場合、その食材を完全に取り除かなればいけない場合、料理の湯気にも反応するためテーブルごと離す必要がある場合、結婚式の参加そのものを辞退してもらう必要がある場合など、様々なケースが考えられるからです。 例えば食材に「卵」と書いてあっても、天ぷらの衣はセーフかもしれませんし、もしかしたら魚卵のことを指しているかもしれませんよね。アレルギーは命にかかわる問題なので、万が一にも齟齬があってはいけません。アレルギーを持っているゲストがいる場合、その人と個別に連絡をとり、アレルギーの程度や必要な対応などをより詳しく聞いた上で、個別に対応をしましょう。 対応について式場に確認する ゲストの中にアレルギー持ちの方がいることが判明した場合、次にすべきことは式場への相談です。近年は、アレルギー反応の身体に及ぼす危険性の重大さが周知されたこともあり、多くの会場でアレルギー対応がとられています。ですが万が一が起こらないよう、必ず事前に会場やレストランへ連絡し、具体的にどのようなサービスを行っているのか、どの程度まできめ細かく対応できるのかしっかりと確認しておきましょう。会場選びの段階からアレルギー対応を視野に入れつつ探していると、慌てずに済みますね。 ベジタリアンの方への配慮は?...
on October 20, 2020
万が一結婚式を延期した場合のベストな対応とは?招待状は二度送る?

万が一結婚式を延期した場合のベストな対応とは?招待状は二度送る?

今年は新型コロナウイルスの影響により、結婚式の延期を決断したカップルが多数いらっしゃいます。結婚式は一つの空間に多くの人が集まるので、感染拡大を防ぐためには仕方のない決断です。今回の記事では、結婚式の延期を考えている方に向けて、「式場のキャンセル料」「2度目の招待状の書き方」「準備期間にできること」の3点について紹介していきます。 キャンセル料はどうなる? 延期を検討するうえでまず気になるのが、キャンセル料金が発生するのか否か。コロナという緊急事態においては、式場の対応も様々なようです。ここでは、実際にあったケースをいくつか見ていきましょう。 5月に挙式予定だったが、4月に延期をプランナーに相談した。「延期代不要とされる期間は8月まで」と提示され、翌年に挙式を行うには、式場の半額が延期料金として発生すると言われた。粘って交渉を続けると、延期料金が大幅に値下げされ、最後には無料になった。 5月に挙式予定で、4月に延期を決断した。式場側の特別措置により延期代はかからず、式当日にお願いしていたカメラマンのキャンセル料が4万円だけ発生した。延期日程を来年の1月から2月の間でゆとりをもって調整させてもらったので、式場の対応には満足している。 7月に挙式予定で、緊急事態宣言が発令されてすぐに延期を決断した。「式当日から90日を切っているためキャンセル料は発生する」の一点張りで、結局翌年の7月に挙式することを条件に、50万円を支払うことになった。 式場の厚意で、2021年3月中までは無料で延期可能だった。負担したのは、招待状の再手配の費用のみだった。 悲しいことに、式場のキャンセル代・延期代に関してトラブルになってしまったケースも発生しているようです。式場側も売り上げが激減しているので、事情が事情ながら対応が難しいのも現実。ただし、式場側もマニュアルがあるわけでないので、延期料金を提示されても交渉を頑張る価値はあると考えられます。 とにもかくにも、まずは式場との契約を確認しましょう。延期を決めた日が挙式を予定していた日から何日前なのかでキャンセル料が変わってくるため、とくに目を通すべきは解約期日です。万が一トラブルになってしまった場合は、第三者として「独立行政法人 国民生活センター」やマイナビウェディングサロン、フリーのウェディングプランナーなどへ相談してセカンドオピニオンをもらうことをおすすめします。...
on July 12, 2020
DIYの風潮に逆行!?席次表をwebで簡単・効率的に作る方法をご紹介

DIYの風潮に逆行!?席次表をwebで簡単・効率的に作る方法をご紹介

結婚式といえば、細々としたペーパーアイテムの準備が、時間のない新郎新婦の頭を悩ませる筆頭。中でも席次表は、披露宴会場のレイアウトや出席者の配置を示すという本来の役割だけでなく、最近はゲストの紹介や、新郎新婦のプロフィール、奇抜なデザインなど、ゲストをより楽しませるという役割も担うようになってきており、その影響で様々な工夫を凝らされた席次表が多く、あまりシンプルな作りの席次表は敬遠される傾向にあります。 しかし、諸々の準備に追われている新郎新婦からしてみれば、時間をかけ、こだわりを重ねて席次表を作っている余裕がない場合も考えられます。そこで今回は、web状で簡単・キレイ・スマート・リーズナブルに席次表を作れるサービスを紹介してみたいと思います。 ペーパー席次表の作り方 web席次表サービスを見る前にまずは、従来のペーパーアイテムとしての席次表の作り方を確認していきましょう。流れとしては、席次表のデザインを決める→ゲストの人数を確定する→ゲストの肩書きや名前を確認する→ゲストの席次を決定する→席次表を印刷する、となるのが一般的です。 席次表のデザインを決める 多くのカップルが、遅くとも結婚式の3ヶ月前くらいには席次表のデザインを考え始めます。招待状の出欠の返事がだいたい結婚式の1ヶ月前に集まるので、それまでにデザインを決めておきたいところです。 白無地に黒の文字で席次が書かれているだけでは面白みに欠けるとして、最近ではカラーリングやフォント、写真のレイアウトに工夫を凝らして、その人のオリジナリティが発揮された招待状が目指される傾向にあります。 席次表のデザインは、形式と一緒に決めていくのが普通です。三つ折りタイプ、六つ折りタイプ、パンフレットタイプ、プロフィールブックタイプなど様々なタイプがあるので、どのタイプがいいのかを考えつつデザインを決めていきます。最近では、通知表の「あゆみ」をイメージしたものや、新郎新婦のゴシップを報道する新聞風、クラフト用の紐やタッセルで結んだ巻物風など、奇抜なアイディアで席次表を作るのがトレンドになっています。 ゲストの人数を確定する 結婚式の1ヶ月前くらいには招待状の返事が出揃うでしょう。それをもとに、結婚式に出席するゲストの人数を確定します。ゲストを代表して新郎新婦にお祝いのスピーチをしてもらう主賓を誰にお願いするかも、このタイミングで確定しておきましょう。もっとも社会的地位が高い人が主賓の役目を担うことになっていますが、上司や恩師から選ばれることが多いです。...
on September 06, 2019
招待状の宛名書きが苦痛なら、webで作ればいいじゃない!

招待状の宛名書きが苦痛なら、webで作ればいいじゃない!

スマホを使って生活しているみなさんに朗報です。みなさんはイベントを催す際に、みんなの予定を確認するために、LINEスケジュールなどの便利アプリを使っていると思います。それが最近だと、予定・出欠管理だけでなく、結婚式などの招待状もスマホで作成し、送信するサービスが増えてきてるんです。 今回は、web招待状と呼ばれるそうしたサービスを使用するメリットとデメリットを解説し、興味を持った方向けにweb招待状の中でもおすすめのサービスを紹介していきたいと思います。 web招待状のメリット 結婚式にゲストを呼びたいカップルは、日時や場所をゲストに伝え、出欠を確認するため、紙の封筒に招待状と返信用はがきを封入したものを郵送で送り、受け取ったゲストはそれを読んで、返事を書き、また返送します。このやり取りがゲストと主催の間で行われるのが従来の結婚式のあり方で、今も主流であり続けています。 そこで現れたのがweb招待状。結婚式や二次会などの招待状をweb上で作成し、メールやsnsなどで送信し、出欠の管理から当日の会場案内まで、従来の招待状が持っていた機能を全てネットでこなしてしまうweb招待状。そのメリットをより詳しく見ていきましょう。 招待状にかける時間を短縮できる web招待状を利用する大きなメリットは、時間が短縮できること。招待状を作るのに必要なプロセスの多くをデジタルで行うことで、招待するゲストのリストアップ、住所録の作成、デザインの考案、招待状の印刷、宛名書き、内容物の封入、返信用ハガキの切手貼り、発送、出席者名簿の作成など煩雑な作業を省き、大幅な時短が期待できます。 招待状を作るにあたっては、用意されたフォーマットを埋めるだけのものであれば10分もあれば作成できます。また、招待状の返信も簡単に済ませられるので、ゲストの方にとっても嬉しいです。 招待状ににかける出費を削減できる さらに、サービスの使い方次第では、招待状作成にかかる時間を削減するだけでなく、それにかかる金銭コストも削減することができます。デザイン費用や招待状をプリントするための用紙代、それを発送する郵送代、返送するための切手代など、細かなものでも100枚送るとなれば大きな出費になります。...
on September 04, 2019

BLOGS

TAG

RECENT POST

TOPへ戻る