Posts filter by 書き方

【返信方法】結婚式の招待状にまつわるあらゆる悩みは、これを読めば全て解決します!【その1】

【返信方法】結婚式の招待状にまつわるあらゆる悩みは、これを読めば全て解決します!【その1】

今回のトピックは、ずばり結婚式の招待状。主催者とゲストをつなぐ最初のきっかけになるのが招待状の送受なので、送る側も返す側も気をつけるべきポイントは沢山あります。ですので、今回は招待状を送る側と返す側の両方の視点から、重要な点を解説していきたいと思います。 その1となる本記事では、招待状を返す側の視点からは、「オモテ面の宛名の書き方」「ウラ面の出欠欄の書き方」「アレルギー欄の書き方」「当日、招待状を忘れた時の対処法」について見ていきます。そして次に公開するその2では、招待状を送る側の視点から、招待状の作り方(何をどういう順番で入れるか、宛名の書き方など)、招待状の届け方(手渡し、郵送)について見ていきます。 オモテ面の宛名 受け取った招待状のハガキの表面に書かれている宛名には、「◯◯◯◯ 行」と書かれていることでしょう。この「行」という文字は、招待状を送る側が自分をへりくだるために使うもの。ですからこちらから返信する際にこれをそのままにしておくと、相手に対して失礼になってしまうので、「行」を「様」に書き換える必要があるのです。それなら初めから「行」なんて書かなければいいのでは?と思う方がいるかもしれませんが、敬称の使い分けは敬意を重んじる日本語の特徴。その慣わしをしっかりと身につけておくのが大人というものです。 「行」の書き換えのやり方について確認しておきましょう。「修正液で消すと綺麗だよね」というあなた、それは甚だしきマナー違反です。相手の名前に付された「行」を修正液で白く塗りつぶすのは、「あなたの「行」という文字は間違っていたので訂正しましたよ」という意味になりかねません。ではどうすればいいのかというと、「行」の文字の上に二本の線を引くのです。こうすることで「訂正」の意味を与えずに「修正」することができるのです。なんとも不思議な風習ですね。 宛名が縦書きの場合には、右上から左下にかけて二重線を引き、「行」の真下か左斜め下に「様」を書き足しましょう。真上から真下へ二重線を引く消し方もありますが、斜めに線を引いた方がより分かりやすいと老人の間では言われているので、細やかな気遣いアピールができるのでおすすめです。しかし、宛名が横書きの場合は、横長に斜線を引くのはなんとなくきまりが悪いので、真横に二重線を引いて消しましょう。横書きの場合は、二重線を引いた「行」の右に「様」を書き足しましょう。 また、返信はがきの宛名が新郎新婦の名前だったり、新郎新婦の両親の名前だったり、一人ではなく連名だった場合には、二重線を引いて消す「行」の文字は一つですが、それに書き足す「様」の文字は必ず人数分用意しましょう。 ウラ面の出席欄 ハガキの裏面には、結婚式の出席・欠席と、あなたの名前、住所が書かれているのが一般的。出席するなら、「出席」の文字を丸で囲みます。欠席するなら「欠席」の文字を丸で囲みます。当たり前ですね。ただし出席する場合、「欠席」の文字は二重線で消すことをお忘れなく。...
on August 09, 2019
【文例付き】結婚式招待状の返信マナーのすべて。これさえ見れば書き方もパーフェクト!

【文例付き】結婚式招待状の返信マナーのすべて。これさえ見れば書き方もパーフェクト!

結婚式におよばれしたら、「どんなドレスを着よう?」「ヘアセットはどうしよう?」とわくわくしますよね。でもちょっと待って。まずはちゃんと返信を出しましょう。今回は結婚式の招待状にどんなふうに返信すればいいか、マナーを徹底解説していきます! 返信メッセージを書く時のポイント 返信メッセージを考えるとき、いくつかのポイントがあります。 返信はいつごろする? 基本的には、一日でも早く返信してあげた方が新郎新婦は助かります。ゲストが確定しないと座席表が決まらないので、いつまでも出さない人がいるとなかなか決められないのです。招待状には「〇日までにご返信ください」とあるので、最低でもその日までに到着するようにしましょう。 何で書く? 一般的には、招待状の返信に使うのは黒ポールペン。その他、サインペンなど文字が消えないものにしましょう。鉛筆やシャーペンはNGです。また赤や青といった色も使わない方が無難でしょう。 打消し線と付け足し 招待状には「ご出席」「ご欠席」と書かれていて、どちらかを選ぶ形です。正式な書き方にはルールがあります。 1「ご出席」の「ご」を二十線で消す...
on August 03, 2019
確認必須!結婚式招待状の返信はがきのマナーと書き方

確認必須!結婚式招待状の返信はがきのマナーと書き方

結婚式の招待状が届いたのはいいけど、いつまでにどうやって返信したらいいの?返信するときに気を付けたらいいことは?といった疑問をもっている方も多いのではないでしょうか?今回は返信する際の基本的なマナーやはがきの書き方を解説します! 返信は遅くても一週間以内に 新郎新婦は出席者の数がまとまった段階で色々な準備を進めます。そのため招待状が届いたら出来るだけ早めに返信をするのがマナーです。遅くても一週間以内に返信するようにしましょう。 仕事の都合等でまだ予定が分からないという場合は、送り主の新郎新婦に電話やメールでお祝いの言葉を伝えたのち、予定がわからない旨を伝え返信をすると丁寧です。やむを得ず出席できない場合は、出席する気の無い印象を与えないためにも即日返信を避け、一週間後を目処に返信するのがマナーです。遅くなりすぎないように注意しましょう。 返信はがきに記入する際は、可能であれば万年筆や毛筆を使って書くのが望ましいです。ボールペンの場合は基本的に黒を使うようにしましょう! 返信はがきの書き方 どんなふうに書けばいいのか、書き方をご紹介します! 表面の書き方 一般的な返信用はがきの書き方と同様、宛名の下の「行」または「宛」などと描かれている箇所を二重線で消し、「様」と書き直します。基本的に線を引くときは定規を使うと綺麗です。 裏面の書き方:出席の場合...
on July 26, 2019
結婚式の招待状に返信するときのマナー!返信の時期は?書き方は?ひとことメッセージの例もご紹介!

結婚式の招待状に返信するときのマナー!返信の時期は?書き方は?ひとことメッセージの例もご紹介!

結婚式の招待状が届いた!返信をしたいけど、書き方やメッセージはどうすればいいの?とお悩みの方も居ますよね。 そこで今回は、招待状への返信の時期、書き方や一言メッセージの例などをご紹介します! ぜひ参考にしてください^^ 招待状に返信する時期は? 招待状には、「○月○日までにご返信いただけると幸いです」などと、返信の期限が書かれています。 もちろん早いほうが新郎新婦も助かりますし、きちんとした人だという印象を与えます。 忙しかったり、予定がわからなかったりですぐ出すことが難しくても、必ず返信期限内には出しましょう! 事前にメールなどで「出席します!」と連絡していたとしても、正式な出欠は招待状への返信になりますので、必ず出しましょう。 招待状への返信が遅れてしまう場合は? どうしても予定がわからず、返信期限内に返信ができないこともあると思います。...
on March 17, 2019

BLOGS

TAG

RECENT POST

TOPへ戻る