Posts filter by 結婚式

夏婚におすすめ!素敵なトレンドヘアを紹介します!!

夏婚におすすめ!素敵なトレンドヘアを紹介します!!

結婚式では決めなくてはいけないことが多々ありますが、つい後回しになってしまうのが「どんなヘアスタイルにしようか?」ということ。そこで今回は、夏に結婚式を挙げる予定の花嫁さんに、2021年トレンドヘアを紹介します!ヘアスタイルに悩んでいる夏の花嫁さんのために、涼しくて素敵な髪型を調査しましたのでぜひ参考にしてみてください! 夏婚にぴったりのヘアスタイル 屋外での演出や、海や浜辺をイメージした装飾など、楽しさ全開の夏婚!でもせっかくの楽しい演出やお祝いムードも暑さに負けてしまうと台無しです。涼やかな印象を与えつつ、ウェディングドレスにも似合う素敵なヘアスタイルにしましょう! 海をイメージしたアクセサリーと三つ編み 夏婚といえば海が見えるような会場で挙式するのが定番の一つでもありますよね。そんなオーシャンビューな結婚式の花嫁さんにおすすめなのが、貝殻などのシェル素材を使用したへアクセサリーです。金色が入ったりしたものにすると、結婚式にぴったりの華やかな印象になります。髪の毛はロータイトな三つ編みでシンプルにまとめると、アクセサリーがポイントになって素敵ですよ! 大きな耳飾りとウェーブ 会場に大きな窓があったり、テラスや屋外での演出などもあることが多い夏婚。そんな場合は日差しを味方にしましょう。耳元に大きなイヤリングやピアスなどをつけて、首周りや髪の毛は思い切ってノーアクセサリーにしてみてください。ウェーブをつけた髪の毛をラフに下ろしただけにすると、自然光が似合うナチュラル感あふれる仕上がりになりますよ。 大きなリボンとハーフアップ トレンドといえば、ウェディングにぴったりの華と定番のかわいさらしさを兼ね備えたビッグリボンがおすすめです。高めにハーフアップを作ってビッグリボンと合わせましょう。どの角度から見ても素敵なハーフアップは上品でキュートで結婚式にぴったりです!小さめのリボンの場合はヘアアクセサリーを追加することで華やかな印象になります。 ポニーテールとスカーフの組み合わせ...
on September 10, 2021
蝶ネクタイを手作りしよう!個性あふれるファッションで結婚式へ!

蝶ネクタイを手作りしよう!個性あふれるファッションで結婚式へ!

結婚式のファッションのアクセントとして、手作りの蝶ネクタイをつけてみてはいかがでしょうか?自分で作れば柄や形も好きなものを選べるので、フォーマルでありながらも自分らしさも出すことができます。意外と簡単に作ることができるので、結婚式に呼ばれたけどどんな格好で行けばいいかわからない、今の服装がいまいち面白くなくて悩んでいるという方はぜひ参考にしてみてください! 色々な見せ方ができるアイテム、蝶ネクタイ 蝶ネクタイはどんなものを選ぶかで印象を大きく変えることができます。色や形の選び方次第で、知性を感じさせる印象を与えたり、可愛らしさを出すこともできるんです。自分の好みや、着ける場面に合わせた柄や形、大きさを自由に選ぶことができればオシャレの幅が一気に広がります。 蝶ネクタイは実は4つの形に分かれます。それぞれ、バタフライ、ポインテッド、ストレートエンド、セミバタフライと呼ばれているんです。それぞれの特徴について説明します。 バタフライ 蝶々の羽のような形のバタフライ。リボンの縦の幅が7.6〜8.9㎝とかなり大きくなっているこのタイプ。そのため強い存在感を発揮します。海外ではフォーマルな場所でよく使われているタイプです。 ポインテッド 両側のリボンの端が山形に尖っているスタイリッシュなデザインの蝶ネクタイです。この4種類の中ではかなり個性的な形なので、遊び心を感じさせます。 ストレートエンド ストレートエンドの蝶ネクタイは、コウモリの羽のような形をしていることからバットウィングと呼ばれています。リボンの縦の幅が狭くて細長い形をしているので、スタイリッシュな印象を出すことができるんです。スーツからカジュアルなスタイルまで幅広く使うことができますよ。...
on August 27, 2021
新郎が輝くおすすめの演出!ジャケットセレモニーを紹介します!

新郎が輝くおすすめの演出!ジャケットセレモニーを紹介します!

結婚式や披露宴で新郎が主役になる演出は、花嫁に比べると意外と少ないですよね。新郎を輝かせるためにどんな演出を入れればいいか悩んでいる方におすすめの演出が、今回紹介するジャケットセレモニーです。新郎が花嫁の元に向かう時の最後の支度を、両親に手伝ってもらうこの演出。感動的な場面になること間違いなしなので、ぜひ結婚式の演出に取り入れてください! ジャケットセレモニーとは 花嫁がヴァージンロードを歩く直前に、ウェディングベールを最後の身支度としてお母さんにつけてもらう演出を「ベールダウンセレモニー」と呼びます。この演出の新郎版がジャケットセレモニーです。ジャケットセレモニーは、ベールダウンセレモニーと同じようにヴァージンロードを歩く直前に、新郎のお父さんやお母さんからジャケットを着せてもらう演出になります。 ヴァージンロードを歩くに演出は花嫁にスポットを当たることが多いのですが、ジャケットセレモニーを行うことで新郎も主役にすることができます。また、新郎が登場してきたときにジャケットを着ていない状態なので、ゲストも「おお?」と注目することができサプライズ的な効果もあります。 そして、なんといってもお父さんやお母さんにジャケットを着せてもらう瞬間は感動的です。子供の頃、出かける前に上着を着せてもらったり、靴紐を結んでもらったりと、ジャケットを着せてもらうシーンに重なる思い出があるはず。まさに巣立ちを前にした最後の支度、新郎や両親はもちろんゲストたちにとっても感動の瞬間を作ることができますよ! ジャケットセレモニーの相手は両親以外でもOK ジャケットセレモニーは、両親と行わなければいけないという決まりはありません。兄弟や友達など特別なゲストに行ってもらうというのもいいですね。自分にとって大切な存在にジャケットを羽織らせてもらうのが一番です。 例えば、新郎新婦が出会うきっかけになった友人などがいれば、その方にお願いしてみるのもおすすめです。ただの友人よりも思い入れが深いはずですので、とても感動的になるはず。また、お世話になった恩師などにお願いするのもいいでしょう。 ジャケットセレモニーでお世話になった人に感謝の気持ちを伝えよう ジャケットセレモニーについて紹介してきました。結婚式は新郎新婦が新しい一歩を踏み出すだけでなく、今まで育ててくれた家族からの巣立ちの瞬間でもあります。だからこそ、両親やお世話になった人に感謝の気持ちを伝えるために、特別な演出を入れたいですよね。ジャケットセレモニーやベールダウンセレモニーはそれにうってつけの演出になります。新婦が目立ちがちな結婚式ですが、ぜひ新郎に光が当たるジャケットセレモニーも取り入れてみてください!
on August 13, 2021
自然の中で開放的に結婚式をあげよう!アウトドアウェディングについて解説します!

自然の中で開放的に結婚式をあげよう!アウトドアウェディングについて解説します!

公園やキャンプ場、浜辺など屋外で行う結婚式、アウトドアウェディング。自然に囲まれながら開放的な雰囲気が楽しめるのに加えて、コロナのリスクも小さいということで今注目されている結婚式のスタイルです。とはいってもまだ馴染みもなく、アウトドアウェディングについてよくわからないという方も多いことでしょう。今回はアウトドアウェディングについて詳しく解説します!どんな結婚式がやりたいか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください! アウトドアウェディングとは野外で行う結婚式 アウトドアウェディングとは、自然の中で緑や風を感じながら行う結婚式です。屋外の開放感を味わうことができるので、海外の結婚式のように自由なムードとリラックスした雰囲気の式にすることができます。 アウトドアウェディングと聞くと、まさかずっと外にいるのか?と思ってしまう方もいることでしょう。もちろん完全に外だけで行う場合もありますが、多くの場合は、披露宴を外で行う結婚式のことをアウトドアウェディングと呼びます。室内から屋外、屋外から室内というように会場の中と外を行ったり来たりできる結婚式や、挙式のみを自然の中や広場などで行うウェディングなどというように、室内だけではなく、自然の中の魅力を生かした結婚式全般がアウトドアウェディングなのです。 アウトドアウェディングを行う場所 では、アウトドアウェディングはどのような場所で行われるのか気になりますよね。新郎新婦の好みや希望によっていろいろな場所が選ばれますが、人気なのはキャンプ場やみんなで集まることができるような大きな広場をもった公園、牧場、河川敷、海辺などです。また、テラスやガーデンの付属しているホテルやレストランなどもアウトドアウェディングの会場として利用されることが多くあります。やはり広々としたスペースがあることや、草木や海、川などの自然を身近に感じられる場所が人気ですね。 アウトドアウェディングだからこそできること せっかく外で結婚式を挙げるならば、アウトドアウェディングならではのお楽しみが欲しいですよね。アウトドアウェディングだからこその強みを紹介します。室内だけで行う結婚式ではできないことが、アウトドアウェディングならばたくさんできるんです! みんなで体を使った遊びができる やはり外で行っている分、思い切り体を動かしてみんなで遊ぶことができます。みんなで軽くレクリエーションゲームをしたり、披露宴内で運動会を行うこともできちゃうんです。子供の頃に戻ったかのように、久しぶりに外でみんなで体を動かしてみるのはとても楽しいですし、爽快な気持ちになれるので、素敵な思い出の結婚式になりそうですね!...
on July 30, 2021

余興演出にも使える!絶対に盛り上がる、新郎新婦への質問集100!

新郎新婦の質問は、結婚式の二次会を盛り上げる余興の代表例。必要な準備が少なく、簡単にできて、みんなで楽しむことができます。クイズ形式にすればゲーム感覚で遊べますし、すべてのゲストが新郎新婦の馴れ初めや人となりについてより詳しくなれるでしょう。今回の記事では、余興に最適な新郎新婦への質問例を100個挙げていきます。王道から変わり種まで幅広くそろえたので、参考にしてみてください。 新郎新婦の馴れ初めクイズ 絶対に外せないのがこの質問。二人のラブラブ度を再確認し、みんなでひやかしましょう! 1:二人が出会ったきっかけは? 2:新婦から見た新郎の第一印象は? 3:新郎から見た新婦の第一印象は? 4:どっちから告白した? 5:お互いのどこに惹かれた? 6:告白した場所は? 7:付き合い始めた記念日はいつ?...
on July 23, 2021
屋外で開放的に!アウトドアウェディングの魅力を調査しました!

屋外で開放的に!アウトドアウェディングの魅力を調査しました!

結婚式と言えばホテルや教会が一般的ですが、若いカップルの間で最近増えているのが、野外の広々とした空間で行うアウトドアウェディング。「ありきたりなやり方ではなく、より自分たちらしい結婚式がしたい」という方に興味を持たれているスタイルです。今回の記事では、そんなアウトドアウェディングの魅力をそのデメリットも含めて解説していきます。 アウトドアウェディングとは? アウトドアウェディングとは、普通の式場ではなく、野外で行う結婚式のこと。会場として使われる場所はキャンプ場やゴルフ場、公園、森林、牧場、海辺など様々で、自然の解放感を生かした演出が可能です。また、タイムスケジュールの内容が人によって大きく異なり、自由度が高いのも特徴。 アウトドアウェディングのメリット アウトドアウェディングには、他のスタイルにはないメリットがいくつもあります。 ①自由な発想で行える アウトドアウェディングの醍醐味は、場所も演出もすべて自分たちで自由に決められるということ。伝統的なスタイルを踏襲する必要がないため、自分たちで楽しいイベントを開催するような気持ちで計画を進められます。通常の結婚式のように、きっちりタイムスケジュールを組む必要もなし。大自然の中で、各々が自由に開放的な時間を過ごせるようなパーティにすることもできます。 ②空間を広く使える 式場の広さに制限されず、屋外の広々とした空間で式を行えるということもアウトドアウエディングのメリットの一つです。一般的な式場では、収容人数が決まっているため、招待するゲストの人数によって会場選びをする必要があります。 アウトドアウエディングではその必要がありませんし、ゲストも新郎新婦も開放感をもってリラックスした状態で幸せな時間を送れるでしょう。特にコロナウイルスが蔓延している今の状況では、室内で密になる状況を避けられるのは感染防止面においても大きなメリットです。...
on July 16, 2021

BLOGS

TAG

RECENT POST

TOPへ戻る