Posts filter by Category_事前準備>ブライダルフェア・式場見学対策

結婚式ならではのもの

デートでブライダルフェアはアリ?彼氏をブライダルフェアに誘うコツ

ゼクシィやハナユメといった人気の結婚情報サイトでしばしば取り上げられているブライダルフェア。実は、結婚を考えているカップルにとっていいこと尽くしのイベントなんです。今回の記事では、そんなブライダルフェアについて紹介していきます。彼氏をフェアに誘うコツについてもお伝えしているので、特に「結婚にいまいち乗り気でない彼氏をなんとかしてブライダルフェアに連れていきたい」という方は必見です。 ブライダルフェアとは? ブライダルフェアとは、結婚を考えているカップルのために、結婚式場自らが主催する参加型イベントのこと。式場内の様々な施設を見学する見学会、挙式スタイルの確認ができる模擬挙式、料理の味付けを知れる試食会、式場・披露宴の演出を確認できる体験会、ウェディングドレスが着れる試着会、プランナーさんに質問できる相談会など様々な種類があります。 こうしたイベントを通して、二人の理想の結婚式像をふくらませていきます。ほとんどのブライダルフェアは参加費無料で行われており、事前予約は必要ですが、仕事終わりやデートのついでにふらっと立ち寄ることも可能です。二人でブライダルフェアへ行くことは、なかなか踏ん切りがつかない彼氏の意識を結婚へ傾かせるための絶好の機会と言えるでしょう。 ブライダルフェアに誘うときの注意点 まだプロポーズはされていないものの、そろそろ結婚を意識して欲しい……という思いから、彼氏をブライダルフェアに連れていきたいという方は多いです。しかし、そもそも男性はブライダルフェアに積極的でない人が大多数。結婚へのプレッシャーを感じてしまうこともあり、誘い方を間違えると関係性が悪化してしまうリスクさえあります。 例えば、事前に行く約束をしていないのに、勝手に予約を入れてしまう。ことあるごとにブライダルフェアの話題を持ちかける。断られても何度もしつこく誘う、機嫌を悪くする……など、無理に参加させようとしては逆効果ですね。「重い女」と思われ、「結婚したくない」方向へ消極的な気持ちを助長させてしまう恐れがあります。 ブライダルフェアへの上手な誘いかた それでは、どのように誘えばいいのでしょうか。大事なのは「さりげなさ」です。「あくまでデートの一貫として」「何かのついでに行ってみる」など、さりげなくさらっと誘うことで、心理的なハードルを下げ、堅苦しさを感じさせないことが重要です。間違っても、結婚の話を進めようという雰囲気を醸してはいけません。 ブライダルフェアの中には、お肉やスイーツなどの試食が無料でできるものもあるので、食べることが好きな彼氏には「ディナーも兼ねて行こう」ということで誘いやすくなるかもしれません。また、ゼクシィなどの情報サイトで開催されている「結婚式場を見学すればギフト券プレゼント」といった割引キャンペーンや特典で興味を引く手も有効でしょう。どうしても無理そうであれば、友達や母親などを誘って参加し、下見をするのもいでしょう。...
on March 23, 2021
挙式披露宴会場の4タイプのメリット・デメリット【ブライダルフェアに行く前に】

挙式披露宴会場の4タイプのメリット・デメリット【ブライダルフェアに行く前に】

カップルにとって、挙式という言葉を聞くとわくわくしますね。 しかし、挙式の意味や、どのような会場で行えばいいかなど、意外にわからない点が多いと思います。そこで、4つの会場タイプとそれぞれのメリットデメリットを中心に見ていきましょう。 そもそも挙式とは? 挙式とは、「これから夫婦として道を歩んでいきます」という誓いのための儀式です。 そのため、とても意義のあることですね!挙式と披露宴を同一視する人もいますが、それは少し違います。 披露宴については、結婚したことを友人や知人にお披露目するパーティーを意味しています。そのため、挙式と披露宴は区別されます。 ただ、いつでも「挙式+披露宴」という表記せず、挙式の中に披露宴が含まれるものとして挙式費用のPRをしているケースも多くあります。 挙式会場1:専門式場 専門式場は、結婚式のための建物と言えます。その点では、結婚式に一番フィットした会場ということになります。 メリット...
on July 02, 2018
一人でブライダルフェアってあり!?お一人様の疑問に答えます!

一人でブライダルフェアってあり!?お一人様の疑問に答えます!

ブライダルフェアに行きたいけれど、二人そろって出かけられる時間がない。 スケジュールがなかなかあわず、このままでは会場が決まらない。共働きが当たり前の昨今では、そんな新郎新婦も増えています。 そこで今回は、「ブライダルフェアって一人で行ってもいいのかな?」と悩んでいる方の、疑問を解消するための情報をご紹介していきます。 お一人様は平日夕方のブライダルフェアが狙い目! 基本的に、「新郎新婦二人そろっての参加のみ可」とされているもの以外であれば、ブライダルフェアは一人でも特に問題なく参加ができます。 問題は、周りがみんなカップルできているのに自分だけ一人だと気まずいし恥ずかしいという点ですよね。そこでおすすめしたいのが、平日の夕方に開催されるブライダルフェアです。 この時間帯は新郎新婦の両方とも仕事を早く上がることができず、どちらかだけで来ているパターンが多いもの。そのため一人で参加しても他にも同じような人がいて「自分だけ一人」という状況になりにくいため、おすすめです。 一人で土日のブライダルフェアに行くなら模擬挙式を選ぶ 平日の夕方は仕事で忙しくなかなか参加できない場合、土日に開催されている模擬挙式に参加するタイプを選びましょう。会場内をあちこち移動するタイプだと一人が目立ちますが、模擬挙式ならずっと座っているだけ。基本的に移動がなくずっと正面を向いているので、一人でも二人でもあまり変わりません。 ただし、披露宴もセットのタイプは避けた方が吉。テーブルで自分だけ一人で、他のお客さんがカップルで楽しそうにしている様子を眺めることになるかも。...
on January 28, 2018
ブライダルフェアに何を着ていく?写真と一緒に服装を徹底解説!

ブライダルフェアに何を着ていく?写真と一緒に服装を徹底解説!

ブライダルフェアは、結婚式場を決めるのにとってもいい機会。ぜひ、足を運んで実際に見比べてほしいところ。 そこで疑問になるのが、「ブライダルフェアには何を着ていけばいいの?」ということ。そこで今回は、服装に焦点を当てて解説していきます。 見学メインのブライダルフェアにおすすめの服装 会場の見学がメインのブライダルフェアでは、フォーマルさはさほど求められません。 ジャケットやワンピースを着る必要はなく、ちょっとしたお出かけ着でOKです。女性でパンツスタイルの方も多いですし、子連れの新郎新婦だとファッション性よりも機能性を重視したラフなスタイルの方がほとんどです。 kosuzu64さん(@kosuzu64)がシェアした投稿 - 1月 16, 2018...
on January 18, 2018
ブライダルフェアには何を持っていけばいいの?必須の持ち物を完全網羅!

ブライダルフェアには何を持っていけばいいの?必須の持ち物を完全網羅!

初めてブライダルフェアにいくとき、悩むことはいろいろありますよね。 中でも、「一体何をもっていけばいいの?」と考えてしまう人が多いよう。そこで今回は、絶対にもっていくべき必須アイテムをご紹介します。 ブライダルフェアの様子はカメラで記録を 色々な結婚式場を見て回っていると、「あれをやったのはどの式場だっけ?」「あの会場、どこだっけ?」とわからなくなってくるもの。 そこで、デジカメやスマホを持参してこまめに写真をとっておくとあとで困りません。高砂や、そこから見たゲスト席の雰囲気、ウェルカムスペースなど、あちこち撮っておいた方が後で思い出しやすいですよ。 ブライダルフェアでは基本的には撮影は問題なく、プランナーさんや模擬挙式の司会者さんから撮影してもよいというアナウンスが入ります。 特に何も言われなかった場合は、念のため確認しておいた方が無難です。 撮影のポイントとしては、同じような場所から撮ること。高砂の正面など、同じ構図の写真があると見比べやすく、あとで式場を決めるときに役立ちます。会場内だけなく外観や玄関口も撮影しておくのがおすすめ。 大き目のカバンでブライダルフェアに参加して ブライダルフェアに行くと、会場の写真が載ったパンフレットや見積資料など、必然的に荷物が増えます。...
on January 17, 2018
ブライダルフェアとは?初めて行く人のための超基本講座

ブライダルフェアとは?初めて行く人のための超基本講座

結婚式場がなかなか決まらなくて悩んでいませんか? そんな新郎新婦には、ブライダルフェアを見に行くのがおすすめ。今回は、「ブライダルフェアってなに?」という二人のために、質問形式で基本的な知識をご紹介します。 ブライダルフェアについてよく知らない方々は、ぜひこちらに目を通してから参加してください。きっと、よりたくさんの情報を持って帰ってこれるはずです。 ブライダルフェアとは?見学会との違いは何? 結婚式場を見に行くとき、個人的に見学を申し込む方法もありますが、ブライダルフェアに参加するという方法もあります。 ブライダルフェアではたくさんのカップルが集まって、披露宴会場の中を見たり、模擬挙式を見学したりします。 見学会ではプランナーさんと一緒に会場を見て回るだけの場合が多いので、時間をかけずとりあえず会場をチェックして、詳しくは資料を読み比べたい場合におすすめ。 反対に、より具体的なイメージを沸かせたい場合はブライダルフェアに参加したほうがいいでしょう。 ブライダルフェアとは何をするものなの? ブライダルフェアで行われるコンテンツの中で、最も感動的なのが模擬挙式です。...
on January 16, 2018

BLOGS

TAG

RECENT POST

TOPへ戻る