Posts filter by Category_宴会・披露宴>【結婚式1.5次会】お役立ち情報まとめ

【結婚式の1.5次会】完全マニュアルで準備から本番までの疑問を解消!

【結婚式の1.5次会】完全マニュアルで準備から本番までの疑問を解消!

結婚式の1.5次会とは? そもそも結婚式の1.5次会とはどんな会なのでしょうか? 披露宴や2次会とどう違うの? 結婚式は挙式の後に披露宴を開くのが主流です。披露宴は職場の人や友人、親族などをたくさん呼んでお披露目し、新郎新婦がもてなす会です。ウェディングケーキ入刀やプロフィール映像の上映、両親への手紙など、いわゆる結婚式の演出を一通りやるカップルが多いでしょう。ゲストは広く招待し、その分費用もかかります。 2次会は、披露宴のあとに開くパーティ。親族や上司などは呼ばず、気の置けない友達だけをよんでカジュアルに楽しみます。ビンゴなどのゲームと、歓談がメインになることが多いでしょう。時間は夕方以降が多く、夜遅くなることもしばしば。 1.5次会は、このふたつの間にある会というイメージです。ゲストは上司などを呼ぶこともあれば、2次会のように友達だけに限定することもあります。演出の内容も様々で、二人が開きたいと考える会のコンセプトにもとづいて決めていくでしょう。 あまり大々的な披露宴はやりたくないけど、きちんと親族を呼ばなくてはいけないという時に便利です。また、挙式を海外などの遠方でやるため披露宴に人を集めるのが難しい場合、後日1.5次会を開くというカップルもいるようです。 あえて1.5次会にするメリット 1.5次会のメリットは、流れが完全に自由という点です。披露宴はある程度の形が決まっており、オリジナリティを出すのが難しくなっています。しかし1.5次会は自由度が高く、新郎新婦がやりたいと思うものだけを取り入れることが可能です。 披露宴よりも低価格で開けるのもメリットの一つ。何かと演出の多い披露宴は、かなりのお金がかかります。また、披露宴会場を使うこと自体に費用がかかるので「人生の大きな買い物」とも言われますよね。しかし1.5次会は演出数を減らせますし、カフェやレストランなどを使えるので、会場費がかかりません。結婚式場はなにかと持ち込み料を取られますが、別のところでやれば自分たちで安くていいアイテムを厳選し、そのまま使うこともできますね。...
on November 17, 2018
結婚式の1.5次会の会費の相場。ご祝儀制と会費制はどちらがいい?

結婚式の1.5次会の会費の相場。ご祝儀制と会費制はどちらがいい?

1.5次会って何? そもそも、1.5次会とは何なのでしょうか。もともとは挙式の後に披露宴、最後に二次会というのがセオリーの流れでしたが、結婚式の価値観が変わり、色々な形が生まれました。そこでだんだんと増えたのが、1.5次会です。 披露宴ほどかっちりはしていないものの、2次会ほどカジュアルじゃない。そんな位置づけの会で、二つの良いとこ取りしたようなイメージです。挙式は身内だけでやったり、海外挙式をしたりといった新郎新婦が、友人を中心にお披露目会をするときなどによく開かれます。 また、上司や恩師を呼んでかっちりという式よりも、友人をメインに気楽にパーティをしたいという方にもおすすめです。 1.5次会の会費はいくらにする? 1.5次会を開くとき、悩むのが「会費をいくらにするか?」ということです。 ご祝儀制と会費制のどちらがいいか まず、会費制とご祝儀制のどちらがいいのでしょうか。会費制のメリットは、参加者の負担が大幅に下がること、ご祝儀は最低3万円というのが常識なので、会費をそれ以下に設定することで負担が減らせます。 また、全員が同じ金額を支払うので、引き出物を渡す場合一律同じものを贈れます。ご祝儀の場合、目上の方などはそれなりの金額をもらうと見込んで高いものを用意しなくてはなりません。しかし見込みが外れてしまうこともあって、ちぐはぐになる可能性も。そうした気遣いがいらないのは、気持ちが楽ですね。 ご祝儀制のメリットは、1.5次会の費用のある程度をゲストからのお金でまかなえること。また、料理や引き出物で手厚くもてなせることです。...
on November 13, 2018
1.5次会にご祝儀は必要?渡した方がいいのはどんな場合?

1.5次会にご祝儀は必要?渡した方がいいのはどんな場合?

結婚式の1.5次会に呼ばれた時、「ご祝儀を払うべきかどうか」悩みますよね。そこで今回は、1.5次会のご祝儀についてご紹介します。 原則として1.5次会にご祝儀は不要 まず原則として、1.5次会にはご祝儀はいりません。 会費を設定しているからその通り払えばOK 1.5次会の招待状には、披露宴の招待状と違い会費が書いてあります。新郎新婦はお呼びするゲストの人数を計算して会費を設定しています。ですから、基本的にはその金額を支払えばOKなんです。 会費の相場は、5000~1万円ほど。披露宴に参列すると少なくとも3万円はかかるので、ゲスト側からするとありがたいですね。より高額な会費の会では、引き出物などがしっかり出ることが多く、より披露宴に近い形になります。 ご祝儀袋に入れる必要もない 1.5次会の会費を払う時、わざわざご祝儀袋に入れる必要はありません。ご祝儀と会費は違う性質のものですし、受付の方がその場で開くので、包んでいっても意味がありません。それどころか無駄な手間を増やしてしまうことになるので、財布からそのまま出しましょう。 また、絶対にピン札にしないといけないわけではありませんが、心遣いとしてピン札を用意するゲストが多いようです。時間がなく間に合わなかったとしても、なるべくきれいな紙幣を選ぶのがベターです。 ご祝儀を包む場合もまれにある...
on November 11, 2018
1.5次会の費用を徹底解説!相場や節約のコツを知ろう♪

1.5次会の費用を徹底解説!相場や節約のコツを知ろう♪

結婚式の1.5次会は、いったいどのくらいの費用がかかるのでしょうか?結婚式をなるべく安くおさえたいカップルに、今回は1.5次会の相場やどうしたら節約できるかといったコツをご紹介します。 1.5次会のメリットは費用を抑えられること 1.5次会は普通の結婚式に比べて、費用を抑えられるというメリットがあります。 1.5次会の費用相場は50万円以下と101万以上に二極化 1.5次会を開いた新郎新婦のうち、35%は50万円未満、33%は101万円以上、その間はあまりおらず二極化していることがわかりました。ただ、101万円以上の場合はかなり披露宴に近いもののようです。 みなさんが想像するいわゆる1.5次会は、50万円以下ですませているカップルが多いよう。挙式と披露宴をするとなると200万円前後かかるので、約1/4におさえられる計算になります。 1.5次会費用の内訳と節約のコツ 1.5次会を安く行うには、どうすればいいのでしょう。 会場使用料 結婚式場やシェアスペースなどを利用する場合、会場使用料がかかります。借りる時間によって金額が変わるので、なるべく短めにすると節約になります。また、スタートが遅れたり退出に時間がかかったりすると余計な費用がかかるので、スムーズな進行を心がけることが大切。...
on November 06, 2018
新婦とその友人

難易度別!女性のための、結婚式に人気の余興ダンス10選

結婚式の余興を頼まれたら、ダンスを踊って会場を盛り上げましょう! 結婚式や披露宴の余興でのダンスは、新郎、新婦がゲストと一緒になって楽しめる人気の高いシーンです。可愛いお揃いの衣装を友人同士で揃えてみると準備も楽しいです。 余興のダンスは、結婚式で幸せそうな新郎新婦への大切なプレゼントです。どんな曲が喜ばれるのか迷っちゃいますよね? ダンスが苦手な人はそれに加えて振り付けが簡単であることも意識しなければなりません。 女性に人気の結婚式の余興ダンス曲を、ダンスが苦手な女性にお勧めの曲とダンスが得意な女性にお勧めの曲を難易度別でご紹介していきます。 女性向けの余興ダンスを紹介する前に注意点 忌み言葉を使ったものや結婚式にふさわしくないもの 当たり前のマナーですが、別れるなどの、忌み言葉や失恋などの別れの曲はを避けましょう。 新郎新婦が主役であること、ゲストが見ていることを忘れない たくさんのゲストに披露する場です。有名で盛り上がる曲を選択しましょう。...
on October 08, 2017
【男性向け】結婚式に人気の余興ソング10選

【男性向け】結婚式に人気の余興ソング10選

結婚式の余興で歌を頼まれた男性はなんの曲を歌おうか迷いますよね? 歌う歌によって盛り上がったり、感動をしたりと結婚式の中でも大切なイベントの一つです。そこで、今回は、盛り上がる曲を5曲、感動的な曲を5曲、紹介いたします。 歌を選ぶ際に注意点もありますので、紹介をする前にこちらも意識しましょう 歌の余興の注意点!気を付けたいポイント 余興で歌う歌はたくさん練習を 歌詞を覚えて歌うことは大切です。歌詞カードを持って歌うと、しらけてしまいます。 また、人に聞いてもらうものです。練習をすることで、完成度はかなり上がります。 また、楽器が得意なかたはピアノやギターを練習するとさらに素敵な余興となります。 喜んでもらいたい気持ちを優先する 特に歌に自信のある男性は、自分に酔ってしまいがちで、聞いてくれる新郎新婦や、そのご両親などのゲストを置いていきがちです。...
on September 27, 2017

BLOGS

TAG

RECENT POST

TOPへ戻る