結婚式二次会やらなきゃ良かった?卒花のリアルな後悔エピソード

結婚式の準備は楽しい反面、ストレスも伴います。その中でも、二次会の有無は多くのカップルが悩むポイント。今回は、実際に二次会を開催した卒花(卒業した花嫁)たちの「やらなきゃ良かった」というリアルな後悔エピソードを紹介し、二次会を検討している皆さんの参考にしていただければと思います。

1. 準備の手間とストレス

エピソード: 「結婚式の準備だけでも大変だったのに、二次会の準備まで手が回らなくて、当日はもうクタクタでした。結局、友人たちに頼りっきりになってしまい、楽しむどころか申し訳ない気持ちでいっぱいに。今思えば、無理に二次会をやる必要はなかったのかも。」

2. 予算オーバーの原因に

エピソード: 「結婚式の予算を立てていた時、二次会の費用も含めると予想以上に高額になってしまいました。当日は皆楽しんでくれたけど、その後の生活費に大きく響きました。もし、もう一度やり直せるなら、二次会はしないかもっとシンプルにしたと思います。」

3. ゲストへの負担

エピソード: 「遠方から来てくれるゲストも多く、二次会まで参加してもらうのは負担が大きかったと後から気づきました。特に、お酒を飲まない友人や家族にとっては、二次会はあまり楽しめる場ではなかったようです。ゲストのことをもっと考えておけばよかったと反省しています。」

4. 思ったほど楽しめなかった

エピソード: 「二次会の企画に力を入れすぎて、当日は疲れ果ててしまいました。せっかくの結婚式の余韻を楽しむ間もなく、二次会の司会進行や段取りに追われてしまい、心から楽しむことができなかったのが心残りです。」

5. 参加率が低かった

二次会は、結婚式に招待できなかった人や、親しい友人などを招く場として考えられています。しかし、実際に二次会に参加する人は意外と少ないものです。

エピソード: 「私は、多くの友人や知人に二次会に招待していました。しかし、実際に参加してくれたのは、親しい友人や家族だけでした。参加率が低かったことで、せっかく準備したのに空席が目立ってしまい、寂しい思いをしました。」

6. 二次会よりも他のことに時間とお金をかけた方がよかった

エピソード: 「二次会を行う代わりに、新婚旅行や新生活の準備などに時間とお金をかけた方がよかったかなと思いました。私は、二次会にかけた時間とお金を、新婚旅行の費用に充てればよかったと後悔しています。結婚式当日はバタバタするのであっという間に終わり疲れたまま二次会に行きました。それよりも、二人で結婚式の後余韻に浸りながらゆっくりと時間を過ごす方が、より思い出に残ったかもと後悔が少し残りました。」

結婚式の二次会を後悔しない為のポイント

エピソードから学ぶ教訓

①準備は分担を心がける

すべてを自分たちでやろうとせず、信頼できる友人やプロに任せる部分を増やしましょう。司会進行や音響、装飾などは専門業者に依頼することで、負担を軽減することができます。


②予算は現実的に

無理のない範囲で計画を立て、予算オーバーを避ける工夫をしましょう。会費設定やフードの内容などを簡素化することで、費用を抑えることができます。


③ゲストの視点を大切に

参加するゲストが楽しめるようなプランを考え、負担を減らす工夫をしましょう。遠方からのゲストには、二次会への参加を無理強いしないことも大切です。


④自分たちも楽しむことを忘れずに

疲れないよう、リラックスして楽しめるように計画を立てましょう。二次会よりも新婚旅行や新生活の準備などに時間とお金をかけた方が良い場合もあります。

結婚式の二次会を検討している方へ

結婚式の二次会は、思い出に残る素晴らしいイベントになる反面、計画や実行には多くのエネルギーと費用がかかります。また二次会は、新郎新婦と友人たちが親睦を深める貴重な場となる可能性を秘めています。しかし、必ずしも必要というわけではありません。二次会を行うかどうかは、費用対効果や参加率、新郎新婦の体調などを考慮して、慎重に判断することが大切です。

今回紹介したのは卒花たちの結婚式の二次会をやらなきゃ良かったエピソードを紹介しました。しかし、もちろん中には結婚式の二次会をやって良かったという卒花たちもたくさんいます。

卒花のエピソードを参考に自分たちにとって最適な選択をしてください。そして、結婚式も二次会も心から楽しむための工夫を忘れずにしてくださいね!

この記事をSNSでシェア
MarryGiftStoreおすすめ商品