みなさんこんにちは。ゲストが盛り上がる写真投稿演出&投稿された写真でワンクリックエンドロールを楽しめるマリーギフトの編集部です。

結婚式でゲストが盛り上がる写真投稿演出&ワンクリックエンドロールサービス

花嫁姿を引き立たせるアイテムの一つが、ブーケです。そのため、ブーケの見た目にはこだわりたいですよね。選択肢としてはいろいろとあり、一つは生花のブーケです。そこで、この記事では、生花のブーケを選ぶことのメリットやデメリットを説明していきます!

生花のブーケを選ぶメリットとは?

見た目が華やか

生花のブーケについては、生花をそのまま使用したアイテムですので、当然華やかな見た目を楽しむことができます。

生花そっくりの造花もありますが、作り物感を完全に取り払うことはできません。

そのため、より特別感のある本物の生花を楽しみたいという人にとってはメリットが大きいですね!

香りをリアルに楽しめる

生花については、香りが一つの特徴となります。バラの香りやローズの香りなどは代表的ですので、皆さんも嗅いだことがあるでしょう。

とてもいい香りですよね!そういった生花ならではのリアルさを堪能できるという点も、生花のブーケを選ぶメリットでしょう。造花だと、どこかリアル感に欠けますよね。

選択肢が多い

実のところ、生花の種類についてはとても多いです。形や香りもそれぞれ違いますので、限りなく理想に近い花を選べる点がメリットになります。

「それって造花でも同じじゃないの?」という声もあるでしょう。基本的に、造花の場合は生花をもとに再現していくわけですが、再現が難しい類の生花もあるんです。

そのため、生花よりも造花の方が選択肢の幅が狭いということですね。

生花のブーケを選ぶデメリットとは?

長持ちしない

生花については、何の加工も施されていませんので、長期的に保存することができません。保存したい場合、新たに加工を加えなければならないんです。「結婚式で使ったブーケはいつまでもとっておきたい!」というカップルにとって、この点はデメリットになるでしょう。それに対し、造花であれば比較的保存しやすいと言えます。

事前に実物をチェックできない

生花を外注することは可能ですが、事前に実物を見るというのは困難です。長持ちしませんので、事前に実物を自宅に置いておいても、結婚式までもちませんね。そのため、事前に見たいということであれば、写真やイメージ図のようなもので確認することになるでしょう。こういった点も、デメリットと言えます。

やや重い

生花のブーケについては、想像より重いケースがほとんどだと思います。一本一本が水分を含んでいますので、その分だけ重くなってしまうんです。そのため、あまりボリュームのある生花にしてしまうと、「うわっ重い・・」と少し驚いてしまうかもしれませんね。造花であれば、水分を含んでいませんので軽いんです。また、ドライフラワーは造花ではありませんが、これの場合は乾燥させていますので、それほど重くはありません。

生花ブーケの取扱は慎重に扱う必要がある

生花というのは、とても繊細です。少し手を当てただけで花弁が落ちてしまうこともありますので、生花のブーケであれば少々慎重に扱う必要があるんです。あまり雑に扱うと、記念撮影の際にきれいな状態のブーケを写すことができず、がっかりしてしまうかもしれませんね。丈夫さを追求するのであれば、造花を選んだ方が無難でしょう。

まとめ

確かに、結婚式のブーケの定番は生花です。それだけに、多くのメリットがありますね。華やかで香りのいいブーケを持って結婚式を迎えることができれば、きっといい思い出として残ることでしょう。ただ、生花のブーケを選ぶことにもデメリットは多少ありますので、「生花はちょっと・・」という人は他の選択肢も考えてみてはいかがで

結婚式・二次会でゲストが楽しい参加型演出の決定版!

マリーギフトは、
1,500組以上が利用した注目の結婚式演出サービス!

・リアルタイムに写真がスクリーンに流れる、ゲスト参加型の楽しい演出
・ゲストが投稿した写真を使ってワンクリックで撮って出しエンドロールを作成
・ご利用後は写真データをプレゼント

これらが全て揃って39,800円(税込)

詳しくは下のボタンよりチェックしてください♪