ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


結婚式ではブーケを用意しますよね!花嫁姿がより魅力的になりますし、ブーケトス用にも必要になるでしょう。

ただ、そのブーケの選び方や保存の仕方は、あまり知られていないのではないでしょうか。

「ブーケと言えば生花でしょ?」という声もありますが、そんなことはありません。

他にもいろいろなブーケがありますし、ブーケごとに保存の仕方も違ってきます。そこで、この記事ではトータル的に説明していきます!

 

結婚式で使うブーケの選び方って?

新郎と新婦がブーケを手渡し

ブーケの種類はいくつかあります。そのため、それらをしっかりと把握し、希望に沿って選びたいですよね。そこで、この節では選び方についてわかりやすく説明しましょう。

結婚式で使うブーケ1.生花

生花とは、本物の花のことです。それらを束にしたものが生花タイプのブーケです。見た目の華やかさなどがメリットになりますので、リアルなブーケで結婚式を迎えたい人はこちらを選ぶといいでしょう。ただ、長期保存が難しいなどのデメリットはあります。

結婚式で使うブーケ2.ドライフラワー

ドライフラワーとは、生花を乾燥させたものです。ドライフラワーのブーケには、通常の生花のブーケとはまた違った魅力がありますので、こちらの雰囲気を好むのであればおすすめです。また、長期的な保存も可能ですので、その点もメリットです。ただ、やや壊れやすいですので、慎重に扱う必要があります。

 

結婚式で使うブーケ3.造花

造花とは、作り物の花のことです。

本物の花を忠実に再現した造花も多くありますし、丈夫で長期保存がしやすいメリットもありますので、生花にこだわらないのであればこちらを選んでみてはいかがでしょうか。

ただ、造花の場合は生花ならではの香りはありませんし、どこか作り物チックな感じは出ていますので、その点は踏まえておいた方がいいでしょう。

 

結婚式で使ったブーケの保存の仕方って?

2人のブライズメイドとブーケ

結婚式に使用したブーケを、記念にとっておきたいというカップルは多いです。ただ、その場合は保存の仕方をおぼえる必要がありますね。そこで、簡単に説明していきます。

 

生花の保存方法

生花のブーケは、そのまま保存することは難しいですので、加工する必要があります。

具体的には、押し花にすること等が挙げられます。花を分解してプレスし、再度花を組み立てるんです。

美しい絵画のようになりますよ。ここまでできれば、後は額縁に入れて飾っておきましょう。

そのまま長期的に保存しておけますよ。

他にも、プリザーブドフラワーにしたり、庭に植えたりする方法などもあります。

ただ、あまり花を扱ってこなかった人が加工をすると、失敗に終わる可能性も考えられます。そのため、多少コストをかけてもいいのであれば、業者に依頼することを検討してみてはいかがでしょうか。

 

ドライフラワーの保存方法

ドライフラワーの場合、すでに水分は抜いてありますので、最低限の環境を整えれば長期的に保存しておけます。具体的には、除湿剤入りのケースに入れることです。ドライフラワーは脆いですので、強風などが吹けば崩れてしまいます。そのため、ケースに入れる必要があるんです。また、湿気の多い所に置いておくこともマズいです。ドライフラワーの美しい見た目が崩れることにつながりますので、「除湿剤」入りのケースに入れておく必要があるんです。

 

挙式・披露宴で使用するブーケ選びのまとめ

結婚式に必要不可欠なアイテムの一つがブーケですよね。

「結婚式には生花のブーケでしょ!」という人も多いですが、他にもブーケの種類はいくつかありますし、生花にはないメリットを持つブーケもあります。

そのため、真っ先に生花のブーケに決めてしまうのではなく、他の色々なブーケのメリットとデメリットを踏まえた上で、最も適していると感じたものを選んでみてはいかがでしょうか。

ふたりらしい結婚式がつくれるアイテム通販サイト!

Marry.Gift Store(マリーギフトストア)は「ふたりらしい結婚式が、つくれる。」をコンセプトに、オープニングムービーやプロフィールムービー、似顔絵のウェルカムボードなど新郎新婦様の魅力がたくさん伝わるアイテムをご用意しております。

また、ゲストの皆様も一緒に楽しめる演出サービスのMarry.Gift(マリーギフト)が最大の特徴で、大型モニターにゲストの皆様が投稿した写真が表示されたり、その写真を使ってフォトコンテストをしたり、エンドロールを自動作成できたりします。

ぜひご覧ください!