ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


結婚式の引き出物はカタログギフトで


最近、引き出物の主流となりつつあるのがカタログギフトです。これは既定の金額の商品がカタログに並べられており、ゲストが自分で何をもらうか選べるタイプのもの。新郎新婦は個別に「どんな引き出物を用意しよう」と頭を悩ませなくていいですし、ゲストも自分が欲しいものを選べるので一石二鳥の引き出物です。

ただ、あまりに有名なブランドのカタログギフトを選んでしまうと、ゲストにとってかぶってしまうことがあります。特に結婚適齢期の方は式に参加することも多く、「またこれか」と思われてしまう可能性も。そして、商品の交換には期限がついているので、その点も要注意です。

カタログギフトを引き出物にしよう


引き出物に迷ったら、カタログギフトがおすすめです。

カタログギフトの相場

カタログギフトの相場は、相手がだれかによって変わってきます。同級生や友人であれば、3000~5000円ほど。上司などは5000円前後、主賓は1万円くらいでしょう。

特にお世話になった方や仲人を呼ぶなら、少し高めを用意しても良いですね。また、夫婦で参列してくれたゲストには二人合わせて一冊のカタログギフトを贈るのが一般的です。その場合、友人夫婦なら5000円のものなど、少し高めのものを選ぶと良いでしょう。

カタログギフトの内容

カタログギフトは、様々な商品を取り扱っています。最も主流なのは、食べ物や食器などジャンルを問わず色々なものを少しずつそろえているタイプ。相手の好みなどを考えず、「とりあえずこれを贈ればOK」という手軽さがメリットです。

最近は、カタログギフトの種類も増えています。例えば食べ物に特化したグルメカタログや、旅行やレストランでの食事に使えるカタログなどがあるんです。

引き出物におすすめのカタログギフト


ここからは、引き出物として最適なカタログギフトをご紹介します。

マリーギフト

まずおすすめしたいのが、マリ―ギフトです。カタログをゲストの人数分買うとなると高くついてしまうことも多いのですが、マリ―ギフトならお手頃価格なのに高見えするものを準備できます。また、LINE@からも気軽に申し込めるので、忙しい方にもぴったりです。

マリ―ギフト

リンベル

カタログギフトの代名詞的な存在です。実際に、結婚式で贈られる引き出物の中で一番選ばれているでしょうし、誰しも一度は目にしたことがあるでしょう。価格帯が豊富にあるので、どんな人への引き出物も選べます。

/リンベル

ピアリー

プチギフトやペーパーアイテムなど、結婚式にまつわる色々なアイテムを販売しています。もしこうしたものもまとめて買いたいという場合は、支払いなどが便利なのでおすすめです。

ピアリー

ふたりらしい結婚式がつくれるアイテム通販サイト!

Marry.Gift Store(マリーギフトストア)は「ふたりらしい結婚式が、つくれる。」をコンセプトに、オープニングムービーやプロフィールムービー、似顔絵のウェルカムボードなど新郎新婦様の魅力がたくさん伝わるアイテムをご用意しております。

また、ゲストの皆様も一緒に楽しめる演出サービスのMarry.Gift(マリーギフト)が最大の特徴で、大型モニターにゲストの皆様が投稿した写真が表示されたり、その写真を使ってフォトコンテストをしたり、エンドロールを自動作成できたりします。

ぜひご覧ください!