MarryGiftStoreおすすめ商品

参加したことある?ナイトウェディングのメリットと気になるポイント

みなさん、ナイトウェディングの結婚式に参加したことはありますか?ナイトウェディングは文字通り遅い時間に行う結婚式。 ただ遅めの時間に行うだけではなくそこには他にはない魅力やメリットもたくさん!こちらでは気になるナイトウェディングの魅力に迫ります。

ナイトウェディングの特徴


ナイトウェディングは文字通り夜に行う結婚式です。 おおよそ挙式を18事前後から行い、披露宴を19時から21時まで行います。そのまま二次会なしのパターンやもう少し前倒しの時間で実施することも式場によっては可能です。 また、ナイトウェディングといえばガーデンウェディング×ナイトウェディングのイメージもありますが、必ずしもそうではなく、ホテルやハウスウエディングでもナイトウェディングをすることは可能です。特に夜景がきれいな高層階の会場なども人気です。 またいい意味でも悪い意味でも場の空気としてはパーティー寄りでゴージャスな雰囲気なります。新郎のタキシードや花嫁のカラードレスも色味の強い艶やかな色の方が場の空気に合うでしょう。

ナイトウェディングのメリット


さて、ナイトウェディングは珍しいことから大幅に費用を抑えて挙式披露宴を挙げることもできます。その分ディナー時ということでゲストに対するお料理やお酒をゴージャスにしておもてなしするのもいいでしょう。
  • 夜が遅いので、平日の夜でもOK
  • 夜景やキャンドルをバックに式・披露宴をあげることで他にはない幻想的な空間に
  • どのシーズンでも比較的お値段が安い
  • 人気の会場も抑えやすい
  • 花火などの夜だからこそはえる演出も
  • 夕方に実施になるため、ゲストは朝早い時間から美容院に行ったりする必要もなく余裕を持って準備ができる
  • あまりナイトウェディングを実施する人が少ないので、ゲストにとっても印象に残る
などなどメリットがたくさんあります。

ナイトウェディングのデメリット・気にしたい点


ここまでメリットがたくさんある中でも、特に会場を押さえやすい&価格がリーズナブルということとは他の人があまりやらないということも言えます。 ナイトウェディングの気を付けなければいけない点・デメリットを見てましょう。
  • お開きの時間が遅くなるため、遠方ゲストは前泊ではなく当日の宿の手配をする必要がある。
  • 遅い時間になるためゲストが途中で帰ることも
  • 子連れや子持ちのゲストは参加が難しい
  • 両親や親族世代には馴染みがないため、難色を示されることも
  • 時間が遅いため、大規模な二次会の実施は難しい
といった遅い時間にやるからこそのデメリットも存在。 もし招待したいゲストに子持ちの方や遠方のゲストが多い場合はナイトウェディングは避けたほうがよりゲストが参加しやすいでしょう。

メリットもデメリットも大きいナイトウェディング


ナイトウェディングは特殊な結婚式形態の1つだと思います。 デメリットやゲストに対する配慮もしないといけないため、決定する前に魅力的なメリットだけではなく、招待したいゲストに対して気をつけるポイントも押さえておきましょう。 しかし、それを踏まえてもナイトウェディング当日は非常に良い雰囲気で、新郎新婦だけではなくゲストにとってもいい意味で印象に残る結婚式になると思いますよ!
MarryGiftStoreおすすめ商品
TOPへ戻る