MarryGiftStoreおすすめ商品

ウェディングドレスにスニーカー!?まさかの組み合わせがかわいい!

ウェディングドレスを選ぶときは、どんな靴を履くかも一緒に考えますよね。普通はヒールの靴を履きますが、最近ではあえてスニーカーをあわせるのがおしゃれ上級者のテクニック。今回は、ウェディングドレスにスニーカーを履くためのポイントをご紹介していきます。

ウェディングドレスとスニーカーは意外と相性がいい


ayakaさん(@ayapan0613)がシェアした投稿 -

上品で女の子らしいウェディングドレスと、カジュアルでユニセックスなスニーカー。 真逆の存在であるこの二つですが、意外と相性が良いと知っていましたか?特にガーデンでのナチュラルウェディングなどでは、スニーカーが大活躍します。 芝生の上にあるスニーカーは馴染みがよく、また普通は花嫁にとって歩きにくい芝生でも好きなように移動できるんです。 基本は白いウェディングドレスに白いスニーカーを合わせるのが一般的ですが、あえて指し色を使うのもおしゃれ。 ピンクやブルーなどを履いて、アクセントにしてみてはいかがでしょうか。他の人がなかなか真似できないコーディネートです。 また、新郎とおそろいにできるのもスニーカーのメリット。 ウェディングドレスとタキシードという異なる装いですが、あえてスニーカーをおそろいにすることで二人の仲の良さをさりげなくアピールできます。

ウェディングドレスとあわせるスニーカーの注意


ウェディングドレスにスニーカーを合わせるときは、いくつか注意しなくてはいけません。まず、挙式ではヒールを履きましょう。ガーデンの教会ならいいのですが、一般的なところだとスニーカーが似合いません。その後の披露宴のときに履き替えられるはずですので、二足用意することをおすすめします。 また、汚れがついているのは絶対にNG。とくに白いスニーカーというのは一瞬で汚れてしまうもの。当日は、移動では別の靴を履き、本番直前で履き替えるようにしてください。 また、新品を使うか、きちんと手入れしたものを準備してください。 ウェディングドレスの丈にも気を使わないといけません。せっかくスニーカーを履いても、スカートで隠れていたら意味がないですよね。だから、若干短めのタイプがおすすめ。もしドレスは長めの丈がいいのであれば、披露宴中に司会からスニーカーをはいていることをアナウンスしてもらうのも一手です。そうすれば自然な流れでみなさんに足元を注目してもらえます。 目上の方がたくさん集まる披露宴であれば、ヒールにした方が無難ではあります。 高さのない靴はそれだけで失礼にあたると感じる人もいるので、「せっかく来たのにスニーカーでお出迎え?」と思われる可能性もあります。披露宴まではヒール、二次会でスニーカーというやり方も一手です。

スニーカーをウェディングドレスにあうようリメイク


スニーカーはそのまま履くよりも、花嫁風にリメイクするのがおすすめ。 つま先など目立つところにお花をつけると、それだけで華やかになってウェディングドレスにあうようになります。白のスニーカーに白の花を付ければ、花嫁らしさ満点です。 スニーカーを覆うように、ベールを足すのもいいでしょう。花嫁の頭についたベールとリンクさせることで、全体的な統一感をプラスできます。 かっこいいスニーカーが一気に女の子っぽくなるでしょう。 紐をレースに変えるのもいいですね。カジュアルっぽさが抜けてフェミニンな雰囲気になります。 レースは100均などでも売っているので、とてもリーズナブルなアレンジ方法です。

スニーカーを履くのは抵抗がある方にもおすすめ


ウェディングドレスにスニーカーを合わせたいけど、やっぱりちょっと勇気が出ない。でも、スニーカーが大好きだからなんとか結婚式で使いたい。 そんな方には、スニーカーを寄せ書きアイテムとして使うのがおすすめです。 メインテーブルや受付などに真っ白なタイプのものを置いておき、ゲストのみなさんに一言書いてもらいます。 そうすればファッションとしてではなくあくまでアイテムとしての扱いなので、とっても使いやすいんです。それに、お気に入りのものにみんなからの祝福メッセージがあるととっても嬉しいですよね。
MarryGiftStoreおすすめ商品
TOPへ戻る