MarryGiftStoreおすすめ商品

結婚費用の平均相場って?費用が多くかかる項目とは?

「結婚費用がどのくらいかかるのか」という点については、ケースによって全然違います。1,000万円以上かかるケースもあれば、200万円以下に収まるケースもありますので、一概に「最低○○万円かかる」という言い方はできないんです。 金額を大きく左右するのは、当たり前ですが、新郎新婦の意向です。 大きくて盛大な結婚式にしようと思えば、それだけ多く費用がかかりますし、身内だけのささやかな結婚式にしようと思えば、それほど費用はかかりません。そうは言っても、「みんなどのくらいの費用をかけてるんだろう」と疑問に思う人はいますよね。 この記事では、結婚費用の相場についてご説明しましょう。

結婚費用の平均とは?


結婚費用の全国平均は、およそ360万円です。この金額は、挙式や披露宴の費用は含まれていますが、結納や二次会等の費用は除いたものとなっています。 「こんなにかかるの?」と思った人は多いのではないでしょうか。 実のところ、結婚費用については色々な項目によって左右されます。結婚式を挙げる場所や、結婚式の規模、ゲストの人数など、その他まだまだあります。 また、地域を限定した数値となるとデータも違ってきます。例えば、首都圏に限定すると385万円台が平均ですが、北海道に限定すれば196万円が平均となります。とても大きな差がありますよね。 そのため、あまり全国平均の費用を意識しすぎることはないと思います。ただ、一応の目安として頭の中に入れておくといいですね!

特に費用がかかる項目とは?


ナチュラルなウェディングドレスなら二次会にもぴったりです。 結婚費用というと大まかな言い方ですが、該当する項目は色々あります。挙式料や衣裳代、装花代など、その他まだまだあります。 その中で、多くの割合をしめる目として挙げられるのが、料理・飲物代です。全国平均だと、約123万円になるんです。とても高いですよね。ただ、このような飲食代については、招待するゲストの人数によって変わってきますので、参考程度に捉えておくといいでしょう。 また、新婦の衣裳代についても、多額の費用がかかる項目として挙げられます。全国平均はおよそ47万円です。 とても高いようですが、安物のウェディングドレスは嫌ですよね。多くの新郎は、最高の花嫁姿を演出できるように努力しますので、このくらいの金額でも妥当と言えるでしょう。 最後に、多くの費用がかかる項目として挙げられるのは、ギフト費用です。全国平均は、およそ36万円です。引き出物や、ちょっとしたギフト等についてもこの項目に該当します。ゲストへのプレゼントは、節約しようと思えば節約できますね。しかし、何の役にも立たないような安物の粗品だと、ゲスト側も喜ばないと思います。そのため、ある程度の費用がかかるのは仕方ないでしょう。 この他にも、多額の費用がかかる項目はありますが、とりわけ費用がかかる項目として上記の3つをおぼえておきましょう。

まとめ


この記事では、結婚費用の相場や、高い費用がかかりがちな項目についてご説明しました。 結婚式の内容次第では、費用も何百万円とかかってきます。したがって、日ごろからコツコツと資金を貯めておいた方がいいでしょう。また、費用をなるべく抑えたいのであれば、費用面の各項目に目を向け、きっちり節約するといいでしょう。 しかし、節約のしすぎは、結婚式の質を下げることになってしまうかもしれません。もちろん、結婚式の主役は新郎新婦ですが、せっかく最高のステージにしたいのであれば、ゲストにもそれなりのもてなしをしなくてはなりませんね。 美味しい料理を食べてもらいたいということもありますし、演出を楽しんでもらいたいということもあるでしょう。 そのため、その結婚式に参加する人全員にとって、幸せな時間になることが理想ですね!
MarryGiftStoreおすすめ商品
TOPへ戻る