MarryGiftStoreおすすめ商品

結婚費用が足りない!払えない!そんなときの対処法をご紹介します!

「せっかくの結婚式なのに、結婚費用が足りない!」というケースはあると思います。 結婚費用の問題で挙式を取りやめにしてしまうのは、あまりに悔いが残りますよね。随分と前から楽しみにしていたのであればなおさらでしょう。 しかし、払えないくらいの結婚費用を目にしたとしても、諦めるのはまだ早いです。費用面の問題を解決できるケースはいくらでもあります。この記事では、対処法の数々をご紹介しましょう!

結婚費用の内訳を見直そう


結婚費用という大きなまとまりで見てしまうと、節約の仕方が見えてきませんよね。しかし、結婚費用の内訳はズラーっとあります。その一つ一つに目を通していくと、費用削減ができるような部分が必ず見つかるはずです。 例えば、装花代です。装花代の全国平均は17万円以上ですが、節約次第で十分費用を抑えられます。自分たちでお花を持ち込むことや、花の本数を少なくするなどの工夫によって、数万円は押さえることができるでしょう。 また、映像演出の項目にも注目してみましょう。派手さがあったり感動のある演出はゲストの心を惹きますが、ここに10万円近くかけるのはもったいないという見方もできます。無駄に費用がかかっているなら、節約を考えてみましょう。 この他にも、項目ごとに見直していけば節約ポイントが見えてくると思いますので、キッチリ費用を抑えることをオススメしますよ!

ブライダルローンを利用しよう


結婚資金を借りる目的で組めるローンがあります。ずばり!「ブライダルローン」です。「ブライダルローン」の場合、挙式だけでなく、新婚旅行や新居にかかるお金を希望する場合でも組めますので、意外と範囲が広いことが特徴です。 ローンですからもちろん返済しなければなりませんが、利率が低いことから、多くの人が実際に利用するサービスなんです。 しかし、申し込みが済んでからすぐに借りられるわけではありませんし、追加でバンバン借りるということはできませんので、その点は押さえておきたいですね。 また、一般的なローンと比べて審査が厳しい傾向にありますので、その点も要注意です。 誰でも無条件で利用できるわけではないということですね。ただ、所得の面がしっかりしていれば通るケースが多いですので、詳細の確認だけでもしてみるといいと思いますよ。

身内の方に相談しよう


相談する新郎新婦カップル 結婚式をするにあたって、両親が費用を工面するケースは珍しいことではなく、多くのカップルが親の援助を受けています。 そのため、両親に結婚費用の問題を話していないのなら、ぜひ打ち明けてみてはいかがでしょうか。きっと力になってくれるはずです。 また、贈与税の問題について気にする人はいるかもしれませんが、2015年から始まった新非課税制度の適用対象となれば、結婚費用にかかる贈与税が非課税になるんです。非課税の上限はありますが、この機会にぜひ制度の詳細を確認しておくといいでしょう。

まとめ


この記事では、結婚費用が払えない場合の対処法をご説明しました。お金が少し足りないくらいで結婚式をあきらめてしまうのは、非常にもったいないです。 そのため、費用を節約できる方法を考えたり、ブライダルローンの利用を検討することをオススメします。また、「両親に頼るのは情けない…」という人もいるかもしれませんが、実際に費用面の面倒を見てもらうケースはたくさんあります。 確かに贈与税のことはありますが、新非課税制度がありますので、ご両親が出してくれるということであれば頼るのもアリだと思いますよ。 申し訳なさを感じることはあっても、その後にたっぷりと親孝行をしてあげればいいのではないでしょうか。満足のいく素晴らしい結婚式にしましょう!
MarryGiftStoreおすすめ商品
TOPへ戻る