MarryGiftStoreおすすめ商品

結婚費用の内訳とは?代表的な項目別にご紹介!

結婚費用の総額については、よく話題になりますよね。 芸能人が結婚式を挙げる際には、総額〇億円という額が報道されることもあります。 そのため、多くの人は、結婚式の総額にこだわっていると思います。しかし、重要になるのは、結婚費用における個々の内訳です。 この部分をしっかりと把握しておかないと、どこの部分をどう節約するかという細かな工夫がきかなくなる可能性があるんです。結婚式とは言え、無駄な出費というのは避けたいところですよね。 この記事では、結婚式・披露宴における具体的な内訳についてご説明しましょう!

①挙式料


挙式料については、結婚式という儀式を行うにあたってかかってくる費用です。そのため、式を挙げるのであれば、この挙式料は最低限かかってきますね。実際の額についてはケースによっていろいろですが、全国平均は31.5万円となっています。

②衣裳代


結婚式では、新郎と新婦は素敵な服をきますよね。新郎はタキシード、新婦はウェディングドレスですね!そのため、こうした衣裳代についても内訳の項目に入ってきます。全国平均で見てみると、新郎側の衣裳代はおよそ17万円であり、新婦側の衣裳代はおよそ47万円となります。

③装花代


装花代については、会場内に飾る花のためにかかる費用のことです。また、ブーケ代もこの中に含まれるケースがあります。 装花については、会場内を華やかな雰囲気にするためにも必要です。節約の仕方はいろいろとありますが、装花代をどのくらい抑えるかについてはよく検討した方がいいでしょう。

④撮影代


結婚式ですから、スナップ撮影や、スタジオ撮影(別撮り)、ビデオ撮影などが行われるケースが多いです。 一大イベントですから、記念写真を撮りたいと思うのは当然ですよね。 もちろん、しっかり撮影してもらうことをオススメしますが、費用は安くありません。 それぞれの撮影のトータルでスナップ写真、動画撮影さらに撮って出しエンドロールも含めると50万円近くかかるケースもあるんです。

映像演出代


「新郎新婦だけじゃなくて、ゲストも感動するような演出を実現させたい!」という人は多くいます。そのため、オリジナリティあふれる演出が話題になったりすることもありますよね。 どのくらいの費用をかけるかについてはテーマによっても違ってきますが、全国平均はおよそ9万円です。 手作りする新郎新婦が非常に増えていますが、全部を手作りにするとプロジェクター使用料金という実質の持ち込み費用もかかることがあるので、要注意です。

エステ代


結婚式となると、会場にいるすべてのゲストが新郎新婦に注目します。そのため、新郎新婦、特に衣裳から露出する部分の多い新婦にとっては、「結婚式前に肌をきれいにしておきたい!」と思いますよね。 結婚式の見積もりには含まれませんが、エステ代も実質項目に入ってきます。このようなブライダルエステにかかる費用の全国平均は、8.5万円です。

司会依頼代


結婚式では、新郎新婦の友人が司会を務めるケースも多々あると思います。 しかし、「どうせならプロにやってもらいたい!」と思う新郎新婦もいますね。その場合、司会依頼代についても念頭に置いておく必要があります。これにかかる費用の全国平均は、7万円程度です。意外にかかるものですね。

ゲストにかかる費用:食事代・飲み物・引出物・プチギフトなど


結婚式のゲストのドレスをレンタル 最後に結婚式の内訳の多くを占める「ゲストにかかる費用」です。 それは食事代・飲みもの料金・引出物・プチギフトなどになりますが、 料理で5,000円前後、引出物でも4,000〜円、それが人数分かかるので実はかなりの金額に。 しかし、ゲストへのおもてなしを考えると無理な節約は避けたい所です。

まとめ


この記事では、一般的な結婚費用の内訳をご紹介しました。 他の項目が多く入ってくるケースもありますが、今回ご紹介した項目はいたって一般的と言えますので、これを機におぼえておきましょう。 また、各項目の費用がどのくらいになるかという点についても、ケースによっていろいろです。そのため、「どんな結婚式にしたいか」という点についてよく検討し、節約できそうなところがあれば節約してみましょう。 少しでも良い結婚式にしたいという想いから、内訳の項目が増えていくケースはありますが、節約できるように工夫していけば、トータルの費用をある程度抑えることができるんですよ。
MarryGiftStoreおすすめ商品
TOPへ戻る