MarryGiftStoreおすすめ商品

結婚式の二次会!新郎の衣装選びのポイントを紹介します!

新郎にとっても新婦にとっても、衣装選びはとても大事なポイントです。衣装一つで見栄えが変わりますので、念入りにチェックしながら選ぶ必要がありますね。 また、二次会での衣装も考えておかなくてはなりません。テキトーに選んでしまうと、会場で浮いた存在になるかもしれませんので、無難なものをチョイスしたいですね。 今回は、「新郎にとって無難な衣裳」にスポットを当て、ポイントを紹介しましょう。

ダーク系のスーツが無難!

二次会では、ダーク系のフォーマルなスーツを着るのが無難です。結婚式の衣装とはガラッと変えたいという人もいますが、格式高いホテルで派手めな衣装を着てしまうのはNGです。どの会場でも大丈夫という無難なものを選びたいなら、ダーク系のスーツがいいでしょう。また、ダーク系のタキシードでも無難な範囲ですので、スーツを避けたい場合はそちらを選んでみてはいかがでしょうか。

会場次第では別の衣装でもアリ!

二次会の会場が、格式高いホテルとは限りません。もし、カジュアルな飲食店を会場に指定するのであれば、衣装もカジュアルな要素が入っていてOKです。おしゃれなジャケットだったり、少し明るめのスーツであったり、ある程度選択肢が広くなってきますね。 場の雰囲気に合わせた衣装を選ぶということは、とても大事な視点ですよ。

工夫ポイントをご紹介!

結婚式と同じ感じの衣装を着るというと変化がありませんので、ちょっとした工夫を加えることもおすすめです。そこで、工夫ポイントについて見ていきましょう。

ネクタイをオシャレなものにする!

タキシードであってもスーツであっても、ネクタイを付けますよね。そのネクタイの色をオシャレなものにすることで、また違った印象をゲストに与えることができます。ブラックやイエローなど、色の種類はたくさんありますので、どれがベストかよく考えてみてはいかがですか? また、色だけでなく、模様も意識するといいでしょう。結婚式で無地のネクタイを着けたのであれば、二次会ではチェックにしてみるなど、少し雰囲気を変えてみるのもアリですね!

チーフをオシャレなものにする!

ネクタイだけでなく、チーフについても意外に目立つ部分です。そのため、チーフの色も工夫してみてはいかがでしょうか。結婚式で控えめな色にしたのであれば、二次会では少し明るめにするのもいいでしょう。 いまいちイメージが湧かない人は、事前に何種類かチーフを選び、試着をする中で決めてみてはいかがですか?

花嫁の衣装によって左右されることも?

場の雰囲気に合った衣装であっても、花嫁の衣装次第では、ゲストから違和感のある目で見られてしまうかもしれません。例えば、新郎がフォーマルな衣装を選び、新婦がカジュアル系の派手めな衣装を選んだ場合、ミスマッチになってしまうんです。 そのため、新婦側がカジュアル系の衣装を選んだのであれば、新郎側もカジュアル系に寄せる必要があるでしょう。もちろん、新婦側がウェディングドレスを着るということであれば、新郎側もタキシードを着用する必要がありますね。この辺りはよく話し合っておくことをおすすめします。

まとめ

この記事では、新郎の衣装選びのポイントについて見てきました。新郎新婦は二次会でも主役ですので、注目度は高いです。そのため、場の雰囲気に合わない衣装を着てしまえば、笑われてしまう可能性もありますね。 大事なことは、会場の雰囲気や新婦の衣装を確認した上で、適切と言える衣装を選ぶことです。ただ、あくまで二次会ですので、多少はチャレンジがあっていいでしょう。ネクタイやチーフにおしゃれ感を出し、カッコよく着こなせるように頑張ってみてはいかがですか?
MarryGiftStoreおすすめ商品
TOPへ戻る