MarryGiftStoreおすすめ商品

引き出物の相場はいくら?失礼にならない金額と上司・友人に送るオススメ引出物

結婚式に来てくれたゲストに渡す、引き出物。 いろいろな品物がありますが、いったいどのくらいの金額のものを用意すればいいのでしょうか。あまりに高いとコストがかかるうえに相手に気を遣わせてしまいますし、あまりに低いとゲストに対して失礼ですよね。 そこで今回は、どんな相手にどのくらいの引き出物を用意すればよいのかを解説していきます。

恩師や上司への引き出物にふさわしい金額とは?

最近では、引き出物の贈り分けが当たり前になりつつあります。ゲストによって引き出物の内容を変え、相手にぴったりのものを選びながらコストも抑えられます。 恩師や上司には、友達よりも少しいいものをあげたいところ。だいたい5000~9000円くらいが相場でしょう。
View this post on Instagram

暮らしの雑貨とギフトの店 COMFY 金沢さん(@comfyplus)がシェアした投稿 -

相手を選ばず渡せるのが、今治のタオル。ふかふかで肌触りがよく、吸水性がばっちりなので機能的に高評価です。「今治」のブランド感もあるので、「いいものをもらった」と思ってもらえそう。
View this post on Instagram

Hiromi ⑅✧♡さん(@coral.shore)がシェアした投稿 -

ティファニーのテーブルアイテムは、引き出物として大活躍。さわやかなティファニーブルーの小物をお家におけば、洗練された雰囲気が作り上げられます。ちょうど5000~9000円くらいの価格帯のものは多いので、要チェックです。 SABONやロクシタンなどの、ちょっとリッチなバスルームアイテムは女子受け最高。化粧水やクリーム、ヘアケアなどいつもよりちょっといいものを使いたいときにぴったりのラインナップ。
View this post on Instagram

PORTERさん(@porter_flagship_store)がシェアした投稿 -

男性にはポーターの小物はいかがでしょうか。レザー製品は高級感があり、キーケースや小銭入れであれば5000円ほどで購入できます。こうした商品は長く使ってもらえるので、自分たちの結婚式をしっかりと記憶に刻んでもらえるかもしれませんね。
View this post on Instagram

里菜🍓さん(@rinapinn1115)がシェアした投稿 -

女性に人気なのが、熊野筆。サッカー女子日本代表が国民栄誉賞でもらったことからも、その優秀さがわかります。5000円以上するブラシを自分で購入することはあまりないので、引き出物としてもらえたらとっても嬉しいはず。
View this post on Instagram

Agatha Paris Officielさん(@agatha_paris_officiel)がシェアした投稿 -

アクセサリーでは、AGATHAなどのカジュアルブランドが見逃せません。イヤリングやネックレスなどをもらうと、女性の気持ちは高まりますよね。ただし年配の女性だと好きなブランドが決まっている可能性もあります。
View this post on Instagram

sportsceneさん(@sportscene_sa)がシェアした投稿 -

アウトドアが好きなゲストにはスポーツ系ブランドの製品がおすすめ。ただしこれは人を選ぶので、個人個人でこまかく贈り分けができる規模でないと難しいでしょう。贈り分けの間違いはお互いが気まずい思いをするので、その点は注意しましょう。
View this post on Instagram

センターさん(@center393939)がシェアした投稿 -

定番のカタログギフトは、ちょうどこのくらいの価格帯の商品がたくさんあります。量はそれほどありませんがおいしい和牛が頼めたり、普段の生活ではなかなか手が出ないブランドの小物が勢揃い。 革製品やアクセサリーなども充実しており、どんな好みの方でも一つは「これいいな」と思えるものが入っているもの。ゲストが多く贈り分けが大変になりそうな場合は、カタログで一括するのが賢いですね。

同僚や友人への引き出物はいくらがベスト?

会社の同僚や学生時代の友人など、一番気兼ねなく呼べる相手は3000~7000円の引き出物がおすすめ。 低価格帯ではありますが、最近ではしっかり探せばこのお値段でも満足のいくものはたくさんあります。
View this post on Instagram

K coffeeさん(@k_coffee2014)がシェアした投稿 -

MarryGiftStoreおすすめ商品
TOPへ戻る