ゲストみんなが楽しめるリアルタイム写真投稿のスライドムービーやフォトコンテスト、ワンクリックエンドロールを作成するサービスMarry.Gift運営です!


結婚式の打ち合わせを進めていると、結婚式が近づく中でワクワク感が高まってくとともに、だんだん見積もり金額が上がってきてしまい当日が近づくごとに憂鬱になってる人もいますよね。

そんな見積もりに悩んでいるところで、さらに追い打ちをかけて悩ませる項目が「写真」です。

写真なんて式場お抱えのカメラマンでなくても友達に頼んで撮ってもらえばいいか、とかカメラが好きな親戚にお願いすれば節約できるわ、なんて思っている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

節約するためにカメラマンではなく、友人などに頼むのもいいのではないかという意見もありますが、それは最後の手段としていただきたいと思っております。

カット数を減らしても、アルバムのランクが下がってもカメラマンを雇うべきというのが私の意見です。

以前ご紹介したように、結婚式の写真は非常に難易度が高いのです。そのため、結婚式の写真をカメラマンにお願いしないで後で後悔した方も非常に多いのが現状です。

結婚式披露宴二次会について、カメラマンと素人の写真と何が違うのか、まとめてみました。

式場専用のカメラマンなら結婚式の進行を妨げずに写真を撮ってくれる

yuka0I9A1561_5_TP_V

素敵な写真を残してほしい。でも結婚式自体の雰囲気を壊されたくない・・・。

誓いのキスをしたあと、「ちょっとまって!写真取れなかったからもう一回!」なんて声がけをされたらムードもぶち壊しです。実際にそんなことを言う人はいないと思いますが(笑)

これは当然の希望だと思います。結婚式場専門のカメラマンの場合、式を進めるディレクターと事前に打ち合わせをしておいてくれるので、撮影に適したタイミングや場所を確保しておいてくれるのです。

これが参列者ですと、当日の進行を理解しておらず、シャッターチャンスやベストポジションを逃してしまう可能性大です。

また張り切って一番良いポジションを確保できたとしても、他の人の妨げになってしまって会場がシラけてしまった、などという失敗になりかねないのです。

式場専用のカメラマンなら進行の中に自然に写真タイムを作ってくれる

たとえばセレモニーの写真。指輪の交換やベールアップの写真は雰囲気があって本当に素敵ですよね。このベストショットを残したいのならば、やはり進行とポジションを熟知している専属カメラマンにお願いしたいところ。

またセレモニー中のみの撮影ですと、1パターンのみのお写真になってしまいます。せっかくの素敵なシーンなのだから、いろんな角度からのお写真も欲しいですよね。そこでリハーサルセレモニーなども上手に使って写真を残していくのです。

当日のリハーサルはかなり限られた時間のなかで行うので、プロの方ではないと手早く良い写真を残すことは難しく、リハーサルを仕切る方とのコミュニケーションがきちんととれていないと自然な写真タイムを作ることはできません。セレモニーの写真はその会場の専属カメラマンにお願いするのが一番いいでしょう。

外国人牧師とカメラマンが簡単な打ち合わせをしている風景をみると、安心感を感じることもできますよ。

プロのカメラマンならリクエストしておけばほしいショットが確実に残る

お金をもらってやっているプロですから、リクエストにこたえるのは当然のこと。

結婚式は一生に一度ですから、両親との2ショット写真や、●●ちゃんとこのポーズをした写真など、わざわざ撮らないと残らない写真をオーダーすることができるは大きな魅力です。

もちろん知人カメラマンさんにお願いして撮ってもらうことはできると思いますが、あくまで素人ですので、撮り忘れちゃったらごめんね。で済んでしまうものです。

そこに大きな後悔が残ってしまうのは言うまでもないでしょう。

結婚式は二度と戻ることのできない時間ですから、後悔の残らないよう万全の準備をしておかなければいけません。

こちらの要望を伝える結婚式写真の指示書については、別ブログで詳しく書いておりますので、是非読んでみてください。

結婚式場専属のカメラマン以外は移動や立ち入りが禁止されているところもある

結婚式場は背の高いグラス、ウェディングケーキ、新婦のドレスなどデリケートなものがたくさん会場に散らばっています。

下手に躓いてウェディングケーキに突っ込んでしまったら取り返しの付かないことになりますよね。それを防ぐためにも挙式中や披露宴中でも一般のゲストの方の行動は見えないところで制限されています。

しかし、式場と契約したカメラマンは自由に動けるため、ベストショットを残せるのです。

そもそも結婚式の写真は非常に難易度が高い

他の記事にも紹介させていただいたので、詳しくは割愛させていただきますが、いくら普段カメラに慣れていて写真が趣味の方でも、結婚式の写真となるとなかなかうまくはいきません。結婚式ではこんな特徴があるので、しっかりと結婚式専門のプロのカメラマンでないとあなたのベストショットを撮るのは難しいでしょう。

  • 暗転・自然光・スポットライトと光量の激しい変化
  • 新郎新婦の想像できない動き
  • 決定的なシーンは一瞬
  • 取り返しがつかない

やっぱりプロのカメラマンにお願いするのがベスト

写真をプロに頼む理由について、ご理解いただけましたか?確かに高価な商品です。でも思い出をかたちに残すことってお金に変えられないものですよね。

友人の方には二次会の幹事をお願いしたり、余興スピーチをお願いしたりと親しい間柄だとなおのこと忙しくさせてしまいますよね。親しい間柄だからこそ、友人の結婚式を楽しみたいと思っているはずなのです。そんなゲストのことも思いやって結婚式のオーダーをしていかないといけませんね。

1.5次会や二次会では写真やカメラマンはどうするべき?

ところで二次会のカメラマンは必要なのでしょうか。答えは内容次第だと思います。今では披露宴顔負けのしっかり進行が組まれた二次会から、ちょっと豪華な飲み会のような形式のものがあります。前者のような形式であればカメラマンを手配することをおすすめします。

二次会は挙式・披露宴よりもお酒がすすみますし、立食形式の方が多いと思いますので、ゲストの皆さんもカメラを出しずらい状況なのです。また、写真を後ほどもらうと自分たち(新郎新婦)とその友人のような写真しか残らず、どんな二次会だったのか思い出すツールをなくすことになってしまいます。せっかく開催したのであれば、思い出に残るように手配しておきたいものの一つです。

そんななか二次会写真をプロに注文するときに確認しておいたほうがよいことがあります。それは写真のデータをもらえるかどうかという確認です。大判の写真(記念写真と言われるもので親族写真などがそれにあたる)についてはデータはお渡しできないものと決まりがありますが、スナップ写真については会場やフォトスタジオによって決まりが異なりますので確認しておくとよいでしょう。

スナップの撮影費用がかさむので、そこからアルバム作成の依頼をするべきか悩む方も多いかと思いますが、データをもらえるようならばそのデータから他社に依頼することもできますし、今は自分たちで作成できるようなソフトもありますので、アルバムまでフルコースで頼まないといけないとは思わないでいいと思います。

参列者がカメラマンになる写真投稿演出

しっかりとした写真を残したい方は、絶対にプロに頼んだほうがいい理由はかなり熱く語らせていただきましたが、しかし二次会までプロのカメラマンに頼んでしまうと予算が・・・という方には、写真投稿演出機能のMarry.Giftがオススメです。

Marry.Giftはゲストが撮った写真を投稿することで、リアルタイムにスクリーンに投影されその場でみんなと共有できます。

一眼レフほどの画質はでませんが、最近のスマホの画質はデジカメにも負けず劣らずの画質で取れるので、ゲストの写真を集めるのもひとつの手だと思います。量より質作戦ですね!投稿された写真はゲストも保存することができますし、後日新郎新婦様にはお写真全データのプレゼントもあります。

披露宴の写真や二次会写真から、昔懐かしい写真まで様々な写真を投稿されるのでかなり盛り上がります。

またエンドロールもボタンワンクリックで作成できちゃうので、演出アイテムとしては最高です!

最後に

通常のお買いものだと、とりあえず買わないで様子を見て本当に必要だったら買い足すというやり方の方が多いかと思いますが、結婚式についてはそういうわけにはいきません。ただ後悔しないようにと、とりあえずで商品を選ぶには商品が高価すぎるのも事実です。

披露宴・1.5次会・二次会など様々なシーンがありますので、上手に使い分けてみてください。一生に一度の高価な買い物こそ、その人の人柄がでたりするのかもしれませんね。

ふたりらしい結婚式がつくれるアイテム通販サイト!

Marry.Gift Store(マリーギフトストア)は「ふたりらしい結婚式が、つくれる。」をコンセプトに、オープニングムービーやプロフィールムービー、似顔絵のウェルカムボードなど新郎新婦様の魅力がたくさん伝わるアイテムをご用意しております。

また、ゲストの皆様も一緒に楽しめる演出サービスのMarry.Gift(マリーギフト)が最大の特徴で、大型モニターにゲストの皆様が投稿した写真が表示されたり、その写真を使ってフォトコンテストをしたり、エンドロールを自動作成できたりします。

ぜひご覧ください!