Posts filter by Category_出産・育児

コロナ渦で孤立する子育て。オンライン親子サロンって知ってる?

コロナ渦で孤立する子育て。オンライン親子サロンって知ってる?

育児中、たった一人で赤ちゃんと向き合っていると、誰もが一度は不安や孤独を感じると言います。それも、新型コロナ感染症の影響により、外出や人と会うことさえままならない今の状況は、初めての育児で分からないことだらけの新ママ・新パパにとって過酷なものでしょう。今回の記事では、子育て中の孤独に悩む方に向けて、孤独の対処法、オンライン親子サロンの紹介など、有益な情報をお伝えしていきます。 子育てによる孤独感 地域SNS「PIAZZA」が子育て中のパパ・ママ約1000人に実施したWebアンケートの結果によると、「子育て中に孤独や孤立を感じたことはありますか?」という質問に対し、「よく感じる」「ときどき感じる」と答えた女性は約74%、男性は約30%と、多くの新ママが孤独や孤立を感じていることがわかります。 具体的にどのような場面で孤独を感じるかといえば、一番多いのは「子供と二人きりでいるとき」。それに次いで、「近所に相談できる友達がいない」「子育て仲間にうまく入れない」「パートナーが子育てに非協力的」などが続きます。やはり、コミュニケーションをとる相手が子供しかいないことが孤立感を深める要因になっているようです。 孤独感の対処法は? 孤立や孤独を感じたときにはどうすればいいでしょうか。一番の解決法はもちろん、人と話すことです。パートナーや家族、友人など近しい人と世間話をしたり、育児の相談に乗ってもらうことで孤独を解消することができます。そのほか、外に出て買い物をする、美味しいものを食べる、自分の趣味を始めるなど、子育て以外のことに目を向けて気分転換するのも有効です。 しかし、緊急事態宣言が発令されている今、気軽にお出かけしたり、人と会ったりすることが難しくなっています。また、多くの子育て支援施設もコロナの影響によって臨時休館になっており、こうした影響から、誰かに頼る機会が減ったり、自分の時間が無くなったりして、今まで以上に子育て中の孤独感が増したと感じている方が多いようです。 オンライン親子サロンとは? コロナ禍で外出が難しくなっている今、オンラインで参加できる子育て支援サービスが増えています。例えば、全国7000か所に広がっている「地域子育て支援拠点」は最近、ウェブ会議システムを活用した、インターネットでつながる子育て支援ひろばを開始しました。「子育て中の親子が気軽に集い、相互交流や子育ての不安・悩みを相談できる場を提供すること」を目的とした場で、複数人でのビデオ通話を会場として開催されています。 また、子育てに役立つ様々なレッスンをオンラインで受講できるオンライン子育てサロン」も人気です。産後の心と身体をヨガを通して整えて、ベビーマッサージで親子の絆を深める「はじめてのベビーマッサージ&産後ヨガ」、ピアノの生演奏に合わせて身体を動かす「ベビーリトミック」、腰が据わってきた時期からできる運動遊びで楽しむ「育脳運動あそび」など。様々なレッスンを通して、有益な情報を知るだけでなく、ママ友とおしゃべりしたり、リラックスしたりすることができます。...
on March 12, 2021
大切な人が妊娠したらベビーシャワーでお祝いしよう!

大切な人が妊娠したらベビーシャワーでお祝いしよう!

この投稿をInstagramで見る mitsukokatada(@mitsukokatada)がシェアした投稿 //www.instagram.com/embed.js 家族や親友など親しい間柄の人が妊娠するのは、やっぱりとてもめでたいことですよね。新たな命の誕生、そんな最高に幸せな出来事をお祝いするパーティがベビーシャワーです。でも、「ベビーシャワー」について聞いたことはあるけど、具体的にどんなことをやるのか、開催するためにはどんな準備が必要なのかわからない、という方も多いことでしょう。この記事ではベビーシャワーとは一体なんなのか、そしてベビーシャワーを行うために必要なことを紹介します。出産を控えた妊婦さんとこれから生まれてくる赤ちゃんをベビーシャワーで思い切りお祝いしましょう! ベビーシャワーとは? ベビーシャワーはアメリカで発祥したパーティで「妊婦さんとこれから生まれてくる赤ちゃんに、身近な人や親しい間柄の人たちで愛情をたくさんシャワーのようにふり注いでお祝いしましょう」という趣旨で開催されていたものです。最近日本でも行われるようになってきました。パーティの内容は、普通のパーティと同じで、みんなで美味しい料理を食べたり、ゲームやプレゼント交換を楽しんだりします。 ベビーシャワーでは「ダイパーケーキ」を用意しよう ベビーシャワーを行うにあたって、最も重要なアイテムがあります。「ダイパーケーキ」です。「ダイパーケーキ」を日本語にすると「おむつケーキ」で、文字通りおむつで作ったケーキのことです。アメリカでは安産の願いを込めて、ベビーシャワーの時に飾って妊婦さんにプレゼントするものとして広まっています。ダイパーケーキは、そもそもおむつなので、主役の妊婦さんがこれから絶対に使うものなので実用的な上に、見た目も華やかなのでパーティを盛り上げる装飾としてもベビーシャワーには重要な存在です。 この投稿をInstagramで見る mitsukokatada(@mitsukokatada)がシェアした投稿...
on November 20, 2020
「新婚世帯に60万円」は嘘!?結婚したらもらえる助成金まとめ

「新婚世帯に60万円」は嘘!?結婚したらもらえる助成金まとめ

令和2年9月16日に発足した菅内閣は、不妊治療への保険適用や待機児童の解消と合わせて育児環境の改善を掲げており、その一環として、新婚夫婦の生活支援について新しい方針を打ち出しています。これが、「新婚夫婦の新生活を支援する新しい助成金が始まった!」とSNSなどでトレンドに上がっているのですが、この政策については多くの方が誤解しているようです。「結婚したら誰でも60万円もらえるの?」という勘違いの声がちらほら見受けられますが、現状、ほとんどの世帯は支給対象外です。今回の記事では、今話題の「結婚新生活支援事業」の詳細やその他の補助金について、分かりやすく解説していきます。 結婚新生活支援は誰でも受けられるの? まずは内閣府ホームページの「結婚新生活支援事業」の事業概要を見てみましょう。「結婚に伴う新生活のスタートアップにかかるコストを支援する結婚新生活支援事業(新婚世帯を対象に家賃、引っ越し費用等を補助)を支援する」とあります。交付上限額は1世帯当たり30万円、国の補助率は二分の一、その他の条件として二人の年齢が34歳以下であること、世帯年収が480万円未満であることなど。つまり、「地方自治体がそれぞれの地域でこのような新生活支援事業を行うなら、国はそれを半額だけ支援します」というものなんです。 それでは、実際に結婚新生活支援事業を実施している市町村はどれだけあるのでしょうか。内閣府ホームページの「交付決定状況」を確認すればわかる通り、驚くほど少ないです。内閣府の集計によれば、現在事業を実施している自治体は全国281市町村、全体の16%しかありません。支援を受けるためには、まずこの限られた市町村に在住していることが条件になります。ちなみに、東京で実施している自治体は一つもありません。結婚新生活支援事業は「地域における少子化対策の推進を目的として実施」されていることもあり、少子化の進行が比較的緩やかな首都圏、都市部での実施地域はほとんどゼロというのが現状です。 しかし、これではあまりに対象地域、対象世帯が少なすぎて政策の意味を成しているとはいいがたいです。そこで菅内閣が新たに方針を打ち出しているのが、「結婚新生活支援事業の支援額の上限を60万円、国の補助率を三分の二に引き上げ、そのほか年齢条件を39歳以下、世帯年収条件を540万円未満に緩和する」というもの。支援の内容を充実させ、支援対象を拡大することで、財政的に余裕がない自治体などが新たに実施に踏み出してくれることを期待しているわけです。 ただし今のところは「方針を固めた」に過ぎないので、実施する自治体が増えるかどうかはこれからの変化を待つ必要があります。今後どのくらい拡充していくのか、しっかり見守っていきましょう。 そのほかの補助金制度は? 以上、結婚新生活支援事業の詳細について解説していきました。今後どうなるかは分かりませんが、現状ではほとんどの世帯が対象外であることがお分かりいただけたかと思います。しかしながら、「結婚新生活支援事業」のほかにも、特に出産・子育てを計画している夫婦には、自治体によって様々な補助金・助成金が実施されています。 新婚世帯向け家賃補助制度 新生活を行う新婚世帯向けの補助金です。...
on October 16, 2020

BLOGS

TAG

RECENT POST

TOPへ戻る